2018年12月17日

新選組のお酒で年末年始

最近、いろいろあって
なかなか更新できずにいます。
でもお話したいことはいっぱいあるんですよね。
そんな話のひとつが、本日のお話です。


今年は、戊辰150年ということで、
各地でいろいろなイベントがあったようですね。
でも私は家庭の事情で、泊りの旅ができず、
そのようなことには縁遠くなっていました。


そんな私をかわいそうだと
だれかが思ってくれたのでしょうか。
私の前に、ステキな限定商品が現れたのです💕


それは何かといえば、
JR東日本総合サービス(株)さんらが企画した
戊辰百五十年記念のお酒なんですよ^^


福島県耶麻群磐梯町の榮川酒造さんで作られた
「近藤勇実昌宜」と「土方歳三義豊」
そして「斎藤一」の3種類のお酒です💕


記事が載っていた「維新再考」さんのページへ飛びます
→ 維新再考


近藤さんのと土方さんのは、
写真も載せられていて、それぞれに
ご子孫のコメントも付いています。


斎藤さんのには写真もコメントも
ありませんが、あさぎ色にダンダラ模様が
ステキです。上に升も付いていてなかなか
いいですよ。


こちらは先日、立川で行っていた
「東北物産展」でみつけたのです。
お酒売り場の前面に、ドーンと置かれていました。


上記の三種類があったのですが、
迷わず3つとも買ってきましたよ!


これで年末とお正月を過ごすつもり。
今年は良くないこともいろいろあったけど、
これで、いい年越しができそうです。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 21:40| Comment(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする