2017年09月21日

介山先生と高尾山

以前ご紹介した
新選組も登場する長編小説「大菩薩峠


その著者である中里介山は、一時
高尾山に住んでいたことがありました。
先日、その足跡を追って、
高尾山へ登ってみましたよ。


とは言っても、じつは
高尾山へは毎月来ているのです
健康促進がてら、高尾山へ登っているんですけどね。
(まあ、家や職場から近いというのもありますが)


でも中里介山の住んでいたらしいポイントは、
よくわかっていなかったんですよ。


それでいろいろ調べてみたところ、
たぶんここだろうという場所がわかったので、
行ってみることにしたのです。


その場所は、ふもとの
ケーブルカー乗り場のある清滝駅の、
左側にある6号路へと至る道を進みます。


でも6号路は登らずに、
6号路入口の所で分かれているもうひとつの
右側の道を進みます。


そこにちょうど、
「妙音橋」という橋が見えますが、
じつはこの橋は、中里介山由来の橋だそうです。
(名前を介山が付けたとか)


妙音橋1
妙音橋1 posted by (C)ルンちゃん


妙音橋2
妙音橋2 posted by (C)ルンちゃん


その橋を渡ると、そこには病院があって、
その道は本当は病院の私有地らしいのですが、
通ってもいいそうなので、そのまま
病院の前の道を突き進んでいきます。


その先はチョッと広場になっていて、
そこで道がなくなります。


「あっ、行き止まり」
と、一瞬思うのですが、よく見ると突き当たりに
階段があって、それを上がると
そのまま山への道になるのです。


実は、中里介山の石碑は、
この階段を上った所にあったのでした


いつもよくわからなくて、
引き返していた場所だったんです。
でも今回は、もうここしかないな
と思って進んでみたところ、
思った以上に近い場所に碑はありました。


その碑がこちらです

介山の石碑
介山の石碑 posted by (C)ルンちゃん


歩道から少し離れた場所にあるので、
興味のない人には素通りされる所です。
私が来たときも、数名の人が通りましたが、
誰も気にしていませんでした。


こんな場所にあります
こんな場所にあります posted by (C)ルンちゃん
実際には、こんな感じに見えます


介山が、この高尾山から去ったのは、
ケーブルカーの建設工事がうるさかったから
と聞いていましたので、もっとケーブルカーに
近い場所だと思っていたんですけどね。


そんなこともあって、なかなか
見つけられなかったんです…^^;


まあ確かに、山を切り崩すといった工事だったので、
この辺りでもうるさかったのかもしれません。
工事の車だって入ってきたでしょうから、
のんびり過ごしたかった介山にしてみれば、
迷惑な話だったでしょうね。


現在、碑がある場所は草が茫々で、
ここに人が住んでいた庵があったなんて
想像ができません。


山の中という場所が場所だけに、
人がいなくなればすぐに
山本来の姿に戻るのでしょう。


高尾山で介山を感じることができるのは
さっきの「妙音橋」の橋の名前と
この碑だけのようです。


それでも、介山のことを知りたいと思う人には、
何もないよりは、これだけでもあれば
いいのかもしれません。


高尾山の介山関連の場所は、
こちらでしたが、実はこの近くにもう一つ、
介山ゆかりの場所があるそうなので、
また訪ねた時には、記事アップしますね

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
【関連する記事】
posted by ルンちゃん at 00:46| Comment(0) | 中里介山の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする