2017年02月12日

鬼がいっぱい

最近、書店で見かけた本です。
タイトルに惹かれて読んでみました


総司の夢 [ 小松 エメル ]
講談社


2016年9月に出版された書下ろし作品です。
著者の小松エメル氏には、他にも
「夢の燈影(ほかげ) 新選組無名録」
という新選組を題材にした
作品がありますよ。


さてこちら「総司の夢」というお話は、
武州の試衛館時代の頃から始まります。
近藤勇の講武所の件がご破算になった頃に、
伊庭八郎が浪士組の話を持ってきます。


そして試衛館連中は、皆と協議の末
京都へと旅立つのです。
まあ、この辺りはよく見かける
新選組のお話なんですけどね。


このお話には、鬼が3人
(4人というべきか)登場します。
1人はよく「鬼」と言われる
あの人ですけどね


もう1人(とあと一人)も、
まあありかなとは思います。


でも最後のあの人は
意外な感じで、ですから反対に
その辺りの話の持っていきかたが
面白かったです


ただ、いろいろな場面で
鬼が登場するので、
それが誰を指しているのかが、
わかり難いところがあって、
チョッと読むのに苦労しました。


その辺りは、もう少し
わかりやすく描いて
欲しかったと思ったところです。


この本の主人公はもちろん沖田総司です。
この総司は、自身が「最強の剣士」
になることを願ってやみません。
ですから総司が最強と思う
芹沢鴨との対決には、人一倍
固執しています。


なにしろ、芹沢がいなくなった後でも、
忘れられずにいるのですから。


そして鴨と似ていると、
総司が勝手に思っている
大石鍬次郎にも執拗に
勝負を挑みます。


そんな総司に関わってくるのが、
石井亥之助(いのすけ)という少年です。
芹沢鴨を仇と狙っている彼ですが、
自分の腕では彼に太刀打ちできないことを
充分承知しています。


そしてもう一人、
総司と関わってくるのが
志乃という女医なんです。


「沖田総司と医師の娘」
「総司と女医」の設定は
よくあるパターンなのですが、
こちらはもう少し複雑な設定なので、
その辺りも面白い部分ではあります。


後半よりこの2人の正体がわかり、
話が面白くなっていくのです。


ちなみにこの本のタイトルである
「沖田総司の夢」ですが、
どこが夢なのかな〜と思い
読んでいたところ、
「夢や希望」の方ではなく、
寝る時に見る夢の方みたいです。


総司は、それまでは寝ても全く
夢を見なかったのだそうです。
しかし京に来て、いろいろな人と接し、
いろいろなことを思うようになって
夢を見るようになったのだとか。


最後に見た総司の夢は
どんなだったのでしょう?
その辺りも最後まで読んでみると
わかるので、機会があったら、
読んでみて下さいネ


総司の夢 [ 小松 エメル ]

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 23:06| Comment(0) | 新選組の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする