2018年01月18日

武蔵五日市七福神 その2


はい、今回も武蔵五日市の七福神
のお話です


コースはこちら。

大悲願寺(大黒天) − 正光寺(弁財天) −

下町地蔵堂(恵比寿天) − 番地地蔵堂(毘沙門天) − 

玉林寺(福禄寿) − 光厳寺(布袋尊) − 

得雲院(寿老人)



本日は玉林寺のお話からです。
前回もお話した通り、
「武蔵五日市七福神」は
平成22年から始まったという
比較的新しい七福神ですよ。


御開帳は1月1日から1月3日まで。
時間は9:00〜16:00までです。
私が行ったのは、1月3日。
この日まで、七福神のお姿が
拝見できます。


鳳凰山玉林寺(福禄寿)
あきる野市五日市926番地

川の近くの玉林寺は入口に
仁王様が建っていました。


玉林寺の仁王様
玉林寺の仁王様 posted by (C)ルンちゃん


そこだけ見ると新しいお寺にも見えますが、
実は古くからあるお寺だそうです。
貞和3年(1347)明畢斉禅師により
開山されました。


玉林寺の福禄寿
玉林寺の福禄寿 posted by (C)ルンちゃん


ご本尊は釈迦牟如来様。
脇には加葉・阿難様方が
いらっしゃいます。


こちらでは甘酒のお振る舞いもありました。
これがまた冷えた体にありがたいです。

玉林寺のお振る舞い
玉林寺のお振る舞い posted by (C)ルンちゃん


さて、玉林寺のお寺までは比較的
駅の周辺なので、すぐ行かれました。
ですが、あとの二つが意外と遠いのです


特に最後の得雲院は、私もよく行く
日帰り温泉「瀬音の湯」の近くなので、
その遠さはわかっているつもりです。


車ならすぐなんですけどね。。。
歩きですと駅から1時間くらいは
ゆうにかかります。もちろん
残りの二つも歩いて行くつもりなので、
覚悟しないといけません。
あまり考えすぎずに、
なんとかがんばろう…っと


光厳寺(布袋尊)
あきる野市戸倉328番地
やっと着きました。なんだろうこの遠さ
光厳寺は高台にあっていい所なんですけどね。


玉林寺ですと、とても遠く感じます。
高台にあるからというのも
その理由なのでしょう。


光厳寺は1334(建武元)年に
足利尊氏が建立したお寺で、南北朝第一代の
光厳天皇の名前が由来のお寺だそうですよ。


光厳寺の布袋様
光厳寺の布袋様 posted by (C)ルンちゃん


しかも光厳寺は、知る人ぞ知る
山桜の名所だそうです
樹齢400年のその桜は、
東京都内の三大巨樹の桜にも数えられ、
都の天然記念物になっています。


光厳寺の山門
光厳寺の山門 posted by (C)ルンちゃん


もちろん、あきる野市の
観光名所のひとつでもありますね。
こちらに来たのは初めてですが、
次回は是非とも桜の季節に
立ち寄りたいです


こちらでも「お茶をどうぞ」の
お振る舞いがあり、
しっかりいただいて体を温めました。
ありがとうございました。


いよいよ最後のお寺の得雲院です。
得雲院までもかなり距離がありました。
特に光厳寺から桧原街道に出てからの道は、
片側を山に閉ざされていて、
歩くにはチョッと心細くなる道です


それでも、まだ日が高いので、
がんばって歩を進めます。
三股に分かれる道(十里木)に至ると
少しホッとしますね。徳雲院までは
あと少し。


得雲院(寿老人)
あきる野市乙津511番地

やっと着きました
途中、七福神めぐりをしている人たちと
あまり会うことがなかったので、
チョッと不安になりましたが、
ここまで来たら沢山の人がいましたよ。

得雲院のお堂
得雲院のお堂 posted by (C)ルンちゃん


得雲院の寿老人
得雲院の寿老人 posted by (C)ルンちゃん


得雲院は、
駅からは結構離れています。
そのかわりといえるのか、
梅の花とホタルの乱舞するお寺として
有名な所だそうですよ。


この近くの日帰り温泉には
よく来ていたルンちゃんですが、
このお寺のことは全く知りませんでした。


ホタルがいることも
知りませんでしたね。
確かに綺麗な川の近くですし、
温泉近くの山で、野生のサルも
目撃されているので、ホタルが見られる場所
というのもうなずけます。


今度来た時はホタルも見てみたいですね


こうしてお参りをして、
ご朱印をいただいて終了です
あっそうそう。こちらの得雲院さんでは
七福神めぐりの記念に
ボールペンもいただきました。

得雲院にて
得雲院にて posted by (C)ルンちゃん


また、こちらではお茶をごちそうになり、
たき火で体を温めて少しのんびりと
過ごしましたよ。目標を達成して、
とてもよい1日になりました
ありがとうございました。


そうして帰路についたわけですが、
さすがに再び1時間歩いて
駅まで戻るのはイヤでした。
ですから「瀬音の湯」まで行って、
バスで五日市駅まで戻りましたよ。


本当は温泉に入ってから帰りたかったのですが、
バスの時間が1時間に1本くらいしかないし、
用事もあって時間がなかったので断念。
温泉へはまた、時間があったときに
車で来ることにして、今回はこれでおしまいです。


「武蔵五日市七福神」は初めてでしたが、
いつもと違い、チョッと行き辛かった所も
ありました。


なんだろうな〜。
最初はよかったのですが、後半が
要所要所に目印が少なくて、
本当にここを歩けば行けるのかと、
不安になることが多かったです。


できればもう少し案内看板等、
「のぼり」でもなんでもいいので
要所となる曲がり角などに目印を
増やして欲しいと思います。


それぞれの場所はお振る舞いなどもあって
よかったので、もう少し歩く人に親切な
七福神めぐりをお願い致します。


さて、お正月の七福神めぐりは
終了しましたが、今年はもう1つ、
七福神めぐりが控えています。
またその時には、記事アップしますので、
またご覧になってみて下さいね♪


立派な色紙
立派な色紙 posted by (C)ルンちゃん


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 00:31| Comment(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする