2016年12月23日

「剣客集団のその後」展を見てきました


今、日野市の「新選組のふるさと歴史館」で
巡回特別展をやっていますよ〜


巡回特別展
「剣客集団のその後 〜新選組・新徴組の変容と終焉〜」
  平成28年11月23日(水・祝)〜平成29年2月5日(日)


平成24年に、
日野市の「新選組のふるさと歴史館」と
鶴岡市の「郷土資料館」が行った巡回特別展、
「新徴組〜江戸か ら庄内へ、剣客集団の軌跡〜」


今回の展示は、
そのとき展示した新選組と新徴組の
「その後」を追って、彼らの実像を
明らかにしようとするものだそうですよ。


1.新選組と新徴組
2.新選組 〜近藤勇の死から箱館戦争まで〜
3.新選組 〜隊士たちのその後〜
4.新徴組 〜庄内戦争〜
5.新徴組 〜隊士たちのその後〜



私もしっかり見学してきましたよ


新選組と新徴組、どちらも
将軍家茂様の上洛の前に
京都の不穏な状況から将軍家を守るべく
上洛した浪士組から誕生したのですよね。


でもやはり私が気になるのは
新選組のほうでしょう。
今回の資料の中には、
私が見たかった史料がありました。


それは、横倉甚五郎さんの史料です。
彼が描いた近藤と土方の絵や、
甚五郎さんの辞世の句など、
横倉家所蔵の品々を見ることができたのです。


横倉甚五郎さんは八王子の出身で、
天然理心流をやっていました。
元治元年(1865年)の近藤勇の
隊士募集に応じて新選組に入隊したんですね。


油小路事件にも出動していますし、
戊辰戦争も戦い、鳥羽・伏見〜甲州勝沼
〜会津戦争と転戦、そして仙台で
榎本武揚艦隊と合流し、蝦夷地も渡っています。


ところが、明治2年の箱館戦争で降伏。
籠っていた弁天台場で謹慎を言い渡されましたが、
なぜか、元京都見廻組今井信郎などと共に
坂本龍馬、伊東甲子太郎暗殺の嫌疑をかけられて、
東京の糾問所に送検されて取り調べを受けるのです。


そして、明治3年(1870年)8月15日に
獄中にて死亡してしまったのでした。
享年37。


弁天台場降伏時に詠まれたという
辞世の句が、今回展示されていましたよ。
それがこちらです。
「義のために つくせしことも 水の泡
        打ちよす波に 消えて流るゝ」



他にも隊士たちの資料がありましたが、
私にとっては横倉甚五郎さんの史料が
見られたことが、一番の収穫でした。


来年の2月5日まで行われているので、
あなたももし興味があったら
行ってみて下さいネ


今回の展示図録が、
1,000円で売っていましたが、
もちろん購入して家で何度も読んでいます

新選組のふるさと歴史館

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 23:23| Comment(0) | 新選組のふるさと歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

江戸の面白い商売がわかる本


本当に江戸の浪人は傘張りの内職をしていたのか?
山田順子著


上記の「本当に…」は私の言葉ではなく、
本のタイトルなんですよ。長いですよね〜


この本は、時代考証をされている著者が、
その立場を通してみた江戸時代の
職業紹介の本なのです。


時代劇で見る職業の代表的なものは、
クマさん、ハッつぁんが登場する大工さんや、
魚などを行商する人たち、浪人ならば
傘張りなどがありますよね。


でも、実際には他にも
沢山の職業があったのです。


ただ、お茶の間に見せるには、
どうしても「絵柄(見栄え)」の問題や
予算の関係で、描けない場合も
多々あるようなんですよね。


そんな、時代劇で出てこない職業も含めて
「江戸時代にはこんなものがあったんですよ」
と紹介しているのが、こちらの本なのです。


実際問題、浪人は傘張りだけ
していたわけではありません。
他にもやろうと思えば
いろいろできたようですし、
それに傘張りに適していた人達も
いたようです。 


また今、私たちの世界でもいろいろなものが
リサイクルされるようになりましたよね。
でも実は江戸時代には、もっとリサイクルが
充実していたのです。


え〜っ?!
こんなものもリサイクルされていたの?
というようなものも登場していて
面白いですよ。


お話は大きく7章に分けられています。
第一章 江戸時代でも公務員は憧れの職業?
第二章 粋で、いなせな生活が見える!?
    庶民のお仕事
第三章 時代劇では描けない、その職業の裏の裏
第四章 一攫千金を狙って!
    知恵を絞ったアイデア系お仕事
第五章 周囲から尊敬を集める「先生」
    と呼ばれる職業
第六章 江戸百万人の腹を満たす、フード産業
第七章 江戸の庶民を魅了した、
    ファッションリーダー的職業



現代の不景気な、「平成」という時代、
江戸時代の職業を知ることで、
もしかしたら不景気さから抜け出せる
新しい発見ができるかもしれません。


もちろん発見がなくても、
読むだけでも面白いので、
機会があったら、読んでみて下さいね


あっ、それからこの本、何気に
清河八郎や、山南敬介などの名前も
登場していますよ。


清河さんに至っては、二度登場しますが、
最初の部分は、なぜか商人として
登場しています。
(たぶん間違いだと思うのですが…)


そんな部分を確かめてみるのも
新選組好きには面白いかもです

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                               
posted by ルンちゃん at 12:38| Comment(0) | 新選組の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする