2017年07月27日

「士魂 Remenber」を観ました


先日の日曜日(つまり2017年7月23日)に、
友人のKちゃんといっしょに、
新選組の舞台を観てきましたよ〜


以前、新選組の舞台を観たのは、
2009年2月に行われた勝野洋さんの
『新撰組情話 京都・雨月の恋』以来ですから、
8年ぶりっていうことですね。


あれからそんなに経つんだ、早いな〜
という思いと、それまで新選組舞台に
巡り合えなかったのか、という
驚きの気持ちもあります。


ですから、久しぶりの新選組舞台を、
それはそれは、すごく楽しみに
していたのですよね


さて、今回の舞台は
「士魂 Remenber」
日時:2017.7/20〜23
場所:新宿シアターサンモール



新選組友の会主催の「近藤勇忌」や
「土方歳三忌」にも来て下さった
俳優の萬 雅之さんが出演される舞台です。


歴史上の人物を演じる方で、
その人物ゆかりの地を訪問したり、
お墓まいりにいらっしゃったりする方は
少なくありません。


もちろん新選組の芝居でも同様です。
今まで土方歳三のお墓参りに訪れた
俳優さんは多数いらっしゃいましたね。


でも萬さんのように、
「新選組友の会」主催の各忌を
訪れてくださった方は、
初めてではないでしょうか?
ですからその分、すごく親近感が持てましたし、
舞台にも興味を持ちました


さて、舞台当日。
主な出演者は下記のとおりです。


小野田誠司(沖田総司) 萬 雅之
近藤勇         土屋 貴司
山南敬助        東 武志
永倉新八        石田 大樹
原田佐之助       慈五郎
斎藤一         高橋 祥尚
芹沢鴨         月登
新見錦         大町 浩之
山崎亟         帆之亟
お梅          立石 由衣
明里          こばやしあきこ
小野田香苗       二木 智耶子
小野田翔太       今宮 空之輔
土方歳三        野口 尋生
他、多数の皆さんです。


ちなみに萬雅之さんは、
大河ドラマにも出演されていて、
「龍馬伝」では戸川信次郎役、
昨年の「真田丸」では、
前田利長役を演じていらっしゃいましたよ。


こちらの舞台では、
沖田総司を演じていらっしゃいます。


土方歳三役の野口尋生さんは、
アデランスのCMに出演されていました。
そのせいでしょうか。お土産で
シャンプー&リンスの試供品を
いただきました(笑)


その野口尋生さんは殺陣・士魂流水の会を
主宰されていらっしゃるので、
今回のお芝居も殺陣シーンが満載でしたよ。


空間を上手く使っていて、縦横無尽に
人々が、刀がゆきかっていました。
その様子を、前から三列目という
超眺めの良い場所で見ることができたので、
ホント、舞台と一体化できた感じで
よかったですよ


それに、沖田総司の三段突き等、
笑えるシーンも満載でしたしね…
(三段突きで笑えるって? でも、それはヒミツ


二時間半(途中休憩あり)の舞台でしたが、
全く飽きることなく、とても楽しい時間を
過ごすことができたのです。


開催期間は4日間ほどで、私達が行ったのは
最終日でしたが、もっと長期で演じて欲しいとの
ファンからのお話もあるそうですよ。
でも、体力的に難しい……とか(?)


確かに舞台を観ている方は
エアコンで涼しい(寒いくらい)ですが、
演じ手の皆さんは汗まみれでしたからね。
舞台が近かったので、飛び散る汗も
しっかり確認できましたもの。


あれは、半端じゃないですね。
体力たっぷり使いそう。


まあ、連日やれとは言いませんけど、
またの機会に再び演じていただければ、
また見に行きたいとも、思っています


お芝居が終わった後は、出口ちかくで、
俳優さん達のお見送りを受けて…


萬雅之さんはもちろん、
土方歳三姿の野口尋生さんと
ツーショットの写真を撮らせて頂きました。
とてもいい記念です。楽しい一日を
過ごさせていただき、ありがとうございました。


ああ、やはりお芝居は楽しいですね。
またの機会に、こういう方法で
新選組を楽しみたいです

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
ラベル:舞台 新選組
posted by ルンちゃん at 00:36| Comment(0) | 舞台の新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

富士山を眺めながら

今回は少し遠出をして、
山中湖近くの温泉に行ってみました


山中湖温泉 紅富士の湯
紅富士の湯入口
紅富士の湯入口 posted by (C)ルンちゃん


この温泉は、
私の大好きな温泉のなかの
ひとつなんです。
どんなところがいいかというと、
まずは眺めでしょうか。


銭湯に行くと、浴槽の壁の部分に
「富士山」の絵が描かれていることが多いですよね。
こちらの景色は、絵じゃなくて
正真正銘の本物の「富士山」なのです。


その富士山が、
内湯からも外湯からも見られるのです。
特に内湯からの富士山の眺めは、
間に隔てるものが何もなく(窓はあるけど)
富士山を独り占めした気分になれるので、
とても気持がいいのです


こちらの温泉の成分は、
水素イオン濃度が10.3PHの
高アルカリ性単純温泉です。
入った感じは、サッパリしていて
透明なお湯ですよ。


建物の入口に、
源泉を触れることができる場所があるのですが、
そちらで触って匂いを嗅いでみると、
微かに硫黄の匂いがします。でも、
湯船に浸っているときには、
ほとんどその匂いには気付きません。


内湯は大浴場と、泡のお風呂。
そしてミストサウナと普通のサウナ。
露天風呂はぬる目の「檜の湯」と
少し熱めの「石の湯」がありますよ。


湯の中の石の上に座って、
半身浴を楽しみながら、富士山を見るのは、
とても贅沢な味わいです。これが入るたびに
いい気分にしてくれるのです。


そしてお風呂に入った後の食事も、
とてもいいですよ。「カニの雑炊」や、
本格的に焼いた海老の焼き物。
その他、メニューは豊富です。


なんですが、ついつい美味しい物に
目がくらんで、さっさと口に運んでしまうので、
写真を撮らずにいてしまうことが多いのです。


そんな理由から、
今回の美味しそうな料理の写真は
ありません。


あっ、でも、かろうじて撮ったのが、
こちらの写真。
玉子かけごはん
玉子かけごはん posted by (C)ルンちゃん


毎回食べてしまう「卵かけご飯」なのです。
この日も、べつに美味しいものを食べたのに、
最後にはこれを注文していました。


お味噌汁や香の物もついて、しかも
イカの塩辛じゃなくて、魚の内臓を使った
「酒盗」もついてくるのが、なんとも
通な感じなんですよね


こんな風に、
お湯も、お食事も満足させてくれる
「紅富士の湯」ではありますが、実は
まだまだ未体験なものがあるのです


実はこちらでは、12月から2月の
土・日・祝日の日の出の直前に、
冠雪した富士が太陽に赤く染まる
「紅富士」が見られるのです。
これはさすがに、まだ未体験なんですよね。


また11月20日前後の15時20分頃には、
ダイヤモンド富士も、見ることができるのです。
(1月20日前後の15時40分頃も)
でもこちらも、まだ見たことはありません。


こんな風に、いろいろ体験ができる温泉が、
この山中湖温泉 紅富士の湯なのです。
ステキな経験ができるかもしれない
こちらの温泉に、また来てみたいです!


おまけの写真
山中湖の富士山
山中湖の富士山 posted by (C)ルンちゃん
紅富士の湯の写真が少ないので、
こちらも載せて見ました。

⇒ 山中湖温泉 紅富士の湯 HP
山梨県南都留郡山中湖村山中865−776

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
posted by ルンちゃん at 00:38| Comment(0) | 日帰り温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

今年でなくなる温泉


先日訪れた温泉は、
おふろの王様 相模原店です。


「おふろの王様」は、
東京建物リゾート株式会社が運営する
関東地方にあるスーパー銭湯です。
「銭湯」といっても、ただのお風呂屋さんではなく、
中には天然温泉を利用した施設もあるんですよね


以前行ったことのある「多摩百草店」には、
天然温泉はありませんでした。
でも、こちらの相模原店は天然温泉なんですよ♪


相模原のおふろの王様
相模原のおふろの王様 posted by (C)ルンちゃん

相模原店の入口
相模原店の入口 posted by (C)ルンちゃん


おふろの王様 相模原店は、
都心ではよく見かける茶色のお湯なんです。
しかも色は、かなり濃い色なんですよね。
それは土方歳三さんが、
北海道の箱館で入ったであろう
赤湯を連想させるような湯色です。


とは言っても、土方さんが入った赤湯は
鉄分による赤い色のお湯でした。
でも、こちらの温泉は
都心の温泉と同じような成分なら、
太古の木々による茶色(赤色)なんですよね。


それでも以前、函館で
赤湯に入ったことのあるルンちゃんには、
妙になつかしい感じのする温泉でした。
それで、かなり長い時間、
お湯に浸かっていたのでありました


また、こちらの温泉は
お風呂も思っていた以上に
種類が豊富なんですよ。


内湯には「至福の湯」や「流泡の湯」
と呼ばれる泡のお風呂があります。
それから「なごみの湯」と呼ばれる大風呂。
そしてぬるめのお風呂などもあります。


また露天風呂は、
炭酸水素イオンを含んだ「重曹泉」で、
源泉かけ流しの「ここち湯」や、
「足つぼの湯」と呼ばれる歩き湯の他にも、
一人で入れる「壺湯」や「ぬくもりの湯」など、
いろいろな温泉が楽しめますよ。


お食事処のメニューも豊富で、
写真のようなチャーハンやカレー、
私の好きな「川エビの素揚げ」や「デザート」など、
いろんな種類が味わえるのです


川エビ〜、チャーハンなど
川エビ〜、チャーハンなど posted by (C)ルンちゃん

マンゴー入り
マンゴー入り posted by (C)ルンちゃん


こんな風に、とても楽しい
おふろの王様 相模原店だったのですが、
なんとこちら、2017年12月31日で
閉店となるみたいなんです


えっ?! なぜ?
こんないいお湯なのにもったいない。
お客さんだって、けっこう入っているように
みえるのに…どうして?


と思ったら、こちら
定期借地権が満了になるそうで。
そうかこの土地、借り物だったのね。
それにしても、温泉まで掘ったのに
もったいな〜い。


と、勝手に思ってしまった
ルンちゃんなのでした。
残念ですね。今年中に機会があったら、
また訪れたいです。


 ⇒ ゆめみ処 おふろの王様 相模原店 HP
神奈川県相模原市南区大野台3−20−19
TEL 042−730−2680

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
posted by ルンちゃん at 00:36| Comment(0) | 日帰り温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする