2018年07月14日

最近読んだ新選組が登場する物語


新選組の隊士たちが登場する
お話をご紹介しますね。


月華の神剣 壬生狼慕情 (角川文庫) [ 牧 秀彦 ]


このお話の主人公は新選組ではありません。
日光東照宮の近くにある村の社の
宮司の息子・信吾という青年です


まずは目次から
序 章 常勝の御太刀
第一章 大将志願
第二章 本庄異変
第三章 信吾未熟なり
第四章 朱に交わりて
終 章 池田屋の朝


その村は、日光東照宮の近くにあるというものの、
脇道をかなり歩かないとたどりつけないため、
よそ者はめったに入ってこない場所でした。


しかし近年、その場所に
武士の姿を見ることが多くなったのです。


じつは、その社には「常勝の御太刀」という
伝説の刀があるらしい、との噂がありました。


「常勝の御太刀」とは、
その刀を持つことで天下を制することができる、
あるいはそれに等しい誉れを得ることができる
という刀です。


今までにも源義経や足利尊氏、
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などが
手にしたと云われているものでした。


その刀を手に入れて、
天下を我が物にしようとする侍たちが
この地にやってきたのです。


「常勝の御太刀」を隠しておくだけなら、
神主もいちいち、侍達に
会うこともありませんでした。


しかし、徳川の天下が危ういことを感じ、
新たに、この刀を託す人物を探していたため、
侍達に会うのもやむなしと、
思っていたのでした。


そんな時、事件が勃発します。信吾の留守中に、
ある人物に命令された男たちが、
この社にやってきます。


そして、刀が手に入らないとみると
神主を殺し、社に火をつけたのです。


男達が去った後、帰ってきた信吾に
瀕死の父が告げます。御太刀を託す者を探せと。
その為にまずは京へ行けと、そう言って
息を引き取ります。


そうして、父の遺言の通り、
京を目指す信吾でしたが、
その途中、江戸で近藤や土方に出会うのです
しばし試衛館に厄介になる信吾。


実は近藤勇達、試衛館の面々は
この春、京都に行くといいます。
将軍様の警護に行くのですが、
信吾もその一行に加わればいいと
近藤達に誘われるのです。


その一行の首謀者清河八郎を
信吾は知っていました。
御太刀を持っていることを知っている清河、
他にも御太刀を狙う者が次々と現れます。


信吾は御太刀を守り通せるのか?
京に着いた信吾を待ち受ける者は?


今のところ続編は出ていないようですが、
まだまだ続く気配の物語です。

月華の神剣 壬生狼慕情 (角川文庫) [ 牧 秀彦 ]


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 17:18| Comment(2) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

総司忌に行ってきました


平成30年7月1日、
今年も総司忌に参加しました
この日、既に東京地方は梅雨も明け、
暑い日差しの中でのお参りでした。


沖田総司さんの命日は5月30日ですよね。
でもそれは旧暦でのことですから、その日を
新暦で換算すると7月19日になるのです。


ですから、この暑い日差しの方が
当時に似ているのかもしれません。
そう思いながら墓参に行きますが、
多少は風があるものの、やはり
暑いものは暑い


墓所へと向かっていくと、今年も早い時間から
大勢の人が並んでいました。


10時近くに沖田家の方とお坊様がみえて、
墓参開始です。今年の総司さんのお墓には、
沖田家の皆様が飾られたお花が多数あり、
とても美しい総司さんのお墓です。


いつもですと、一般の方々のお花は
持ち込み禁止なのです。でも今年は
檀家さんご自身のお花ですので、
しっかり飾られています。


総司さんも、ご子孫のお参りを
とても嬉しく思っていることでしょう。


さて、ご子孫のお参りの後は、
一般の方々の墓参です。
今年も沢山の方が
総司さんのお参りに来ましたよ。


順々に墓所の中に入り、
総司さんの墓前に手を合わせて
行く皆さん。外国の方の墓参もあり、
新選組の知名度が感じられますね。


終了時間まで、墓参の方が
途切れることはありませんでしたが、
後半はいつもよりは
のんびりした感じだったかな。


そして今年も無事、
総司さんの墓参は終了しました


墓参の後は、
昨年も訪れたお店で昼食です。
櫻田神社と同じ並びにある
「KNOCK 六本木」
イタリアンのお店です。


昨年いただいたトマトのスパゲティが
また食べたくて、今年も4人で訪れてみました。
私とBちゃんはトマトのスパゲティ、
KちゃんとSさんはランチを注文です。


トマトがたっぷり
トマトがたっぷり posted by (C)ルンちゃん


トマトがタップリでやはり美味しいです♪
他にもいろいろなメニューがあるので、
総司忌以外の時にも、
立ち寄ってみたいところですね


さて、食事に満足した後は、
タクシーで講演会場の
「國學院大學院友会館」へ向かいます。


2時から始まった講演会。
まずは沖田家のご子孫の方々のご紹介。
総司さんのお姉さん(おミツさん)の
ご子孫の方とお会いできるのが嬉しいですね。


釣洋一先生の講演会では、
今回も総司さんの命日にまつわる
暦のお話をお聞かせいただきました。
そして沖田家のことなども。。。。


知らなかった話なども
お聞かせていただいて、とてもよかったです。
研究はまだまだ続くとのことで、
これからも新しいことを
お聞きできそうで楽しみです。


そして研究者の方々のお話と大抽選会と、
恒例の行事で締めとなりました。
今回の抽選会は、当たらなかった人もいましたが、
私は一応当たったので、よかったかな。


そして今年も懇親会へ向かいました。
渋谷のとあるお店で行いましたが、
座った場所の壁に、古地図が飾ってありました。


それが麻布周辺の古地図で、
午前中に訪れた総司さんのお寺が
載っていたのです。なんという偶然!!


なんというめぐりあわせ♪
なんというめぐりあわせ♪ posted by (C)ルンちゃん
ほら、ここですよ。(印はルンちゃんが記入)


それを見て、私達が気を良くしたのは
いうまでもありません。古地図1枚で
盛り上がれる私達って、やはり特別でしょうか
(あえて変人とかは言わないけど。。。)


そんな風に、過去の人や物と現代の人と、
大いに交信できた、楽しい一日でした。


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 14:16| Comment(0) | ・「総司忌」レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする