2019年04月23日

宝塚にあの武士が…

少し前のニュースですけど、
また宝塚歌劇団で、新選組を題材とする
ミュージカルが登場するようですよ。


またというのは、今までにも何度か
宝塚歌劇団で、新選組を題材とする
ミュージカルがあったからです。


例えば「星影の人」は、
沖田総司を主人公とした
祇園芸妓の玉勇との恋物語でした。


当時は「ポストベルばら」の扱いで、
どんな舞台になるのか、注目の的でしたよ。


また「誠の群像 -新選組流亡記-」は、
土方歳三が主人公の、司馬遼太郎氏の
「燃えよ剣」と「新選組血風録」を
題材としたお話でしたね。


そんな宝塚歌劇団が、
次回の舞台として選んだのが
「壬生義士伝」なのです。そうです。
あの吉村貫一郎が主役の物語ですよ。


「壬生義士伝」は今までに
テレビや映画で映像化されていますよね。


例えばドラマでは、2002年に渡辺謙さんが
吉村貫一郎役を演じていました。そして
映画では2003年に中井貴一さんが
吉村寛一郎を演じていて、どちらも
とても印象が強かったのを覚えています。


それが今度は舞台化されるというわけです。
しかも女性が吉村を演じるという…


前作の2つの「壬生義士伝」が、
とても男性的な物語だったので、
それがどのようになるのか、
見ものであると同時に、
チョッと不安でもありますね。


まあ、そうはいうものの、
たしか最初の「星影の人」上演の時も、
主役の汀夏子さんは、いろいろと
言われていました。でも見事に
汀総司を演じきったのですからね。


今度の舞台も、
素晴らしい新選組の舞台になるよう
期待したいです。


さすがに宝塚までは行かれませんけど、
7月26日から9月1日の間に行われる
東京宝塚劇場での舞台には、行きたいものだ
と思っている、ルンちゃんなのでした。

⇒ 「壬生義士伝」舞台の記事はこちら


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 21:57| Comment(0) | 舞台の新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする