2006年11月30日

真夏の会津訪問


夏休みを利用して、会津にでかけました。
真冬の会津を訪ねてから数年後のことです。


前回、私達を悩ませた「雪」と
いう邪魔者はどこにもいません。
早速、雪中行軍に失敗した天寧寺へでかけました。


天寧寺の階段を上がり、
雪の中歩いたコースを思い出しながら前進します。
しばらく歩くうち、私は前回とんでもないことを
しでかしていたことに気がつきました。


道だと思っていた所は、実は他人の墓地の敷地内。
雪の為全く墓石が見えなかったのですね。
墓石まではさすがに踏んではいないと思いますが、
「大変失礼なことを致しました!」
と頭をさげつつ通りすぎたのです。


それにしても知らないとは恐ろしいことですね^^;


近藤先生の墓石はすぐ先だと思っていた私達は、
前回断念した坂道の場所から目的地までの
実際の距離を知ることになるのです。


あの時歩いた距離は目的地までせいぜい4分の1の距離。
あのまま前進していても、何時間たっても
目的の場所に着かなかったのでは…^^;


それより進退窮まり遭難してたかも…(大げさ?)
あの時無理して進まなくてよかった
(結構無理してましたが)と、しみじみ思ったのです。


そして目にした近藤先生の墓石!


「やっと来ることができましたぁ!」
と近藤先生に報告したのは、いうまでもありません。


真冬の会津は雪により
行動範囲が決められてしまいましたが、
今回は遠出して十六橋や如来堂まで
行くことができました。


会津戦争の際、壊されかけた十六橋は、
幕末当時の面影はなく、
コンクリートの連なる現代の橋になっていました。


斉藤一さん他新選組隊士が戦死したといわれていた
如来堂は閑散とした様子で、
碑だけが当時ここであったことを告げています。


前回見られなかった滝沢本陣内部や
飯盛山の白虎隊の墓前にも行くことができ、
数年越しの願いが叶いました。


もちろん、お世話になった
お店のお母さんも訪ねましたよ。


ところが、前回とうって変わって
お店は溢れんばかりのお客さま!
お母さんらしき姿を見かけましたが、
声をかけるどころではなく本当に忙しそうで、
ご迷惑になることを考え、またの機会にと
遠くから心の中でお礼を告げたのでした。


真冬の会津は 人の暖かさにふれる旅
真夏の会津は 事実と現実の発見の旅!

それぞれに楽しさがあるのですわーい(嬉しい顔)

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
【関連する記事】
posted by ルンちゃん at 13:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆会津(冬・夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE:
SECRET: 1
PASS: 6c6f4367576851527a31423867474e47495535624845444865484b63506e4a6e2badf94da289ab66cc12cea3067a6672ad88a54800d6a0f17df2d325b54f5518
はじめまして!!
最近ここのブログを始めたのりたまで〜す^∀^
よろです〜\(>∀<)/
ルンさんにズバリぃぃます!!
ぁたし!会津人で〜す♪
ゥソじゃなぃですよ!!こんなカミングアウトしていいのか分からないけどw
なので新撰組のことでなにか聞きたいことがあったら
ぁたしのブログでドン×?カキコしちゃってくださぁ〜ぃw
あ・・・知らなかったらゴメンナサィ。。。
Posted by ???? at 2006年12月01日 19:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック