2008年04月25日

近藤勇の命日によせて


今日は近藤勇の命日です。
亡くなってからちょうど140年の節目です。


下総流山で「大久保大和」の名で
新政府軍に投降した近藤は、
結局その正体を知られてしまい、
再び土方に会うこともなく
1868(慶応4)年4月25日に
板橋で処刑されました。


その話はみなさんの知るところですよね。


最期の日までの間は、途中預かりが変わるものの
最終的には旗本岡田家の預かりとなり
残り少ないわずかな時を、
近藤は静かに過ごすのです。


近藤勇の太刀取りをした人物
(つまり斬首を執行した者)として、
最近、横倉喜三次(きそうじ)の名前を
よく聞くようになりました。


ちょうど大河ドラマ「新選組!」放映の年に、
喜三次のご子孫の家から
近藤と喜三次にまつわる手紙が
見つかったことから
その名前が知られるようになったように
思われます。(新聞にも載りました)


その横倉喜三次は
近藤が預けられていた岡田家の家来で
神道無念流の免許皆伝者であり、
他に小野派一刀流・槍術・柔術等の
武術に秀でた方でした。


その腕を見込まれての
近藤の太刀取りだったのでしょう。


岡田家に近藤が預けられている間、
何度か近藤にも会っていたようで、
命令が下ったときにも
近藤の元へ出向いています。


武術の心得のあるものどうし、
ある意味心通じるものがあり、
近藤も安心して
わが身を任せられたのではないか
と推察できます。


喜三次の方でも近藤の人柄に触れ、
近藤を一人の幕臣として
一目置いていたようにも感じます。


実は喜三次は近藤の太刀取りをした褒美に
いくらかの金子を貰っているのですが、
その金子を全額(五両三分)
自宅のある岐阜県揖斐川町に送り、
妻に近藤勇の法要を行わせているのです。
(実際には近藤ともう一人の為のもの)


岡田家の菩提寺の松林寺や
横倉家の菩提寺の大興寺の僧侶ら
6人により執り行われた
ということですから、さぞかし
立派な法会だったと思われます。


勇の最期に立ち会った程の
わずかの縁の人物が
こうした法要を行ったことは
意外な気がしますが、
個人的には嬉しい出来事に思います。


でもこの話はあまり知られていなくて
ご存知ない方も多いかもしれませんね。
(もっとたくさんの方に知ってもらいたいです^^)


140年の昔も、そして今も
亡き魂への思いはひとつです。
近藤先生の御霊が安らかであることを
願うばかりです。     合掌

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 14:56| Comment(8) | TrackBack(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: いつのまに・・・
SECRET: 0
PASS: 4c5957386c74366479416357353663766d4c3041795a5a504f5664704146477ab05a0dc038524fcf77f1537f29768a2bb141f19e1aae8d914a1bb1466d2240bc
140年の今日、近藤さんがなくなられたんですね・・。そうやって考えると悲しいです・・。私はあまり近藤さんは好きなほうではないのですが、近藤さんなくて新撰組はないですからね。
安らかにお眠りになっていることを只願うだけですね。
Posted by みんと at 2008年04月25日 20:47
TITLE: 最後の
SECRET: 0
PASS: 4f4e56466a4276323147467a45714233784c6237757a5a554849335a427279484175ea9310ea2c107c0cb0d09f66c3f1f79447d99af3ae514dd9a802f11cae84
近藤さんは最後の武士ですね。
真の武士だったと思います。
なぜ頭部が見つからないのか。
新政府の工作が見える気もしますが、今は静かにご冥福を祈りたいですね。
いつか謎はとかれるでしょうし。
あ、あと私の武運も見守ってください!近藤さん!!(笑)
Posted by 味のり at 2008年04月25日 22:08
TITLE: 近藤がいなければ。
SECRET: 0
PASS: 414b4e594e777476623139677353317264616a685074536933793074355a65578efb3608b27b07256f5a4bc29aa53c906712382719d6753f559aaa087ab3fade
新選組という強い集団は存在しなかったと思います。
彼が土方と流山で決別した後、土方や仲間たちの事をどれだけ思っていたか、心の中が痛いほど良く分かりますね。本当に悲痛な気持ちになりますね。
Posted by 土方副長 at 2008年04月25日 23:01
TITLE: ギリ、間に合いました〜
SECRET: 0
PASS: 6a62746878393951365047334c6263335a6b70476e355158714353546c576137ee173cf19de7cf72258c46f3a1a7cdcd1a2397637f7a45dd1cfa2233ed55ad21
コメントありがとうございました〜。

今日はご命日という事で、私のブログにも近藤さんの事を書かせていただき、ルンちゃんさんにご挨拶しなければ・・・と思っていたのですが、なんだかんだやってる間にこんな時間に・・・

日付が変わる前に、コメントさせていただく事ができ、ホッと一息・・・

近藤さんの最期のお話は、書籍などでは、いたくあっさりと書かれている事が多く、今日のお話も初めて知りました。

その落ち着いた最期にますます惚れますね・・。
Posted by indoor-mama at 2008年04月25日 23:48
TITLE: 新選組
SECRET: 0
PASS: 7a6b4d556170636a78794c54447961744f56587a4363794853454d79395278741d9494f5b14743e8810d04f3555129d2e36733ff7776c06e231a0daa4bf61d57
みんとさん こんばんは。

そうですね。
やはり、新選組と近藤勇は切り離せませんよね。
もちろん土方も必要ですし、沖田も…
それぞれあっての新選組だと思います。
Posted by ルンちゃん at 2008年04月27日 21:09
TITLE: 行方
SECRET: 0
PASS: 7459776d4b65364d5262797a4b6e6341716e336d747a6f61536f62574e554f75f3b899b435ceac453cb20d9d62cbc01537f91ec3a173ca8ddaac410d5c133229
味のりさん こんばんは。

勇の首級についてはいろいろな話がありますよね。
横倉喜三次伝にも別の話があって
ちょっと気になっています。
詳細がわからないので調べてみたいと思っています。
Posted by ルンちゃん at 2008年04月27日 21:12
TITLE: 思い
SECRET: 0
PASS: 7765563047686d7952336e334c527a7a4a414f44307246566849616672335877dbbef2864b41aadd2e5e5d7bed50a8a64a8f68423dafff89d8715db33a14cef3
副長さん こんばんは。

近藤の正体がバレたとき、供の二人も殺されるはずだったのですが、
近藤の助命の願いで放免になったという話があります。
その話を聞くだけでも近藤の仲間への思いがわかりますよね。

ちなみにその供の二人が、野村利三郎と相馬主計でした。
Posted by ルンちゃん at 2008年04月27日 21:19
TITLE: ありがとうございます
SECRET: 0
PASS: 30505476574e4a586d7235377636336a4b423636684d443432585039346d75459d2e9281c49e0f0c940c8faf0694bf07eb2b9e0a9f107fe92339925db3a66ff1
indoor-mamaさん 
コメントありがとうございます。
近藤先生の事を記事にして頂けてとても嬉しいです^^

そうなんです。
最期の部分はあまり知られていなくて、
まだ謎の部分も多いですね。
こうした人とのふれあいについては、
これからも折に触れご紹介していきたいと思っています。
Posted by ルンちゃん at 2008年04月27日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック