2009年06月10日

井上松五郎送別の宴


新選組版「今日は何の日」です。


1863(文久3)年3月。
徳川家茂が、
将軍としては230年ぶりに上洛した際のこと。
源三郎の兄、井上松五郎
八王子千人同心
のひとりとして
将軍警護のため、その一行に同行していました。


将軍らは在京中、
攘夷問題で朝廷と交渉を続けていましたが
なかなか進行せず、6月になってやっと
江戸帰還の運びとなり、船で江戸へ戻るため
6月9日、大阪へと下ります。


11日。家茂は乗船し無事江戸へと出立しました。


八王子千人同心たちは、将軍の船を見送った後、
東海道を江戸へと戻ることになります。
その前日のこと。


井上松五郎の帰郷に際し、
大阪で送別の宴がありました。


在京中に松五郎は、
新選組内で起こったトラブルについて、
土方歳三
井上源三郎らに幾度となく
相談を持ちかけられているんですね。
(傲慢になった近藤のこととかね…^^;)



そんな相談役とも言うべき松五郎に
お世話になったお礼も兼ねて、
近藤と芹沢から酒一升が
餞別として贈られたようです。


それを受けて夕方から、
浪士取締りの件で大阪に下っていた隊士らと
土方、佐伯が合流し送別の宴となりました。
(参加メンバーは一説による)



それは1863(文久3)年6月10日のことです。


懇意にしていた近藤・土方らはもちろんのこと、
芹沢や平山ら、芹沢派も交えての宴会です。
よほど松五郎さん、近藤派のみならず
新選組の内々のことまで
相談されていたようですね。


この日、芹沢鴨は特に問題を起こすこともなく、
松五郎は彼らと思う存分、
別れを惜しむことができました。


そして翌日、
井上松五郎は他の千人同心たちと共に、
江戸の帰路についたのです。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 10:35| Comment(2) | ・新選組「今日は何の日」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 703168517a796e6f315342474672425267514f685238664778496f586c64537778e494b2d60e2a482d46cac1f0906c0c76d6bffeefe5c37e2155e67f60fc736d
今日は、そんな日でもあったんですね。
井上さん、送別の宴の時とても楽しかったんでしょうね。
今日は、幕臣取り立ての日でしたね。
Posted by 勇春 at 2009年06月10日 21:41
TITLE: 郷里の人
SECRET: 0
PASS: 64506a3851334a4e35613565496148774a6d67554a65754d38726b675464366878f215f4abbd68a5ca955ec0aec293add5b596396f2c9f0c3c070aa4c4373352
勇春さん こんばんは。

松五郎さん在京中には、何度か宴を開いているようです。
やはり頼りになる方だったのですね。
それに、同郷の人とのつながりは、今思う以上に強かったんでしょうね。
ちょっぴり羨ましいです。
Posted by ルンちゃん at 2009年06月11日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: