2009年08月24日

風の如く火の如く


夏休みのこと。
まとまった時間があったので、
我が家の「新選組コミック本」を
整理してみました。


コミックの入ったBOXは、
チョッと手に届きにくいところに
あるのですけど、奥のほうから
いろいろ出してみたんですよね。


整理しながら、つい読んでしまうので、
かたづけるのに時間も
かかってしまいましたが、
お蔭様でスペースが空いて、
別な本を入れることが出来ました。


その時、沢山の本の中から
忘れていたお気に入りの物語も
出てきたんですよね。


じつはこの本、
もう絶版になっていて、たぶん今は
中古でしか手に入らないと思います。


でも、私のお気に入りコミックの
「ベスト10」の中にも入る作品ですので、
今日はこの本について、
お話させて頂くことにしました。
それが、こちらですよ〜。



風の如く火の如く 全7巻
鷹司:原作/島崎譲:画/講談社コミック



原作者と作画家さんは別の方ですけど、
真っ先に絵の魅力に惚れましたね〜。
とくに主人公が、美形でとてもりりしいですよ。
かつ、躍動感ある姿なんですね。


そして物語が面白い!


新選組については、
史実とはだいぶかけ離れて描かれています。
今まで見たこともないような
暴れっぷりなんですが
どこか憎めない連中なんですね。
そこがまた楽しいです。


なんて書くと、
さも新選組のお話のように
感じることでしょうね。
でも物語の主人公は、じつは
新選組メンバーではありません^^;


架空の人物、鷹ノ羽 真九郎(たかのは しんくろう)なんですよ。


鷹ノ羽 真九郎は公儀の「影目付」です。
影目付とは、徳川幕府が開かれてから幕府のために
隠密裏に事を成し遂げる者たちのこと。
彼はその一族の17代目に当たります。


公儀の表沙汰に出来ない仕事を
裏でかたづける、いわば暗殺者なんですね。
歴史上のある出来事も、実は彼の仕業…
ということになっています。


そんな彼なので、
18歳だというのに剣の腕前はかなり強いです。
ただし、無口で暗い青年ですけどね^^;


それでこの真九郎と沖田総司が双子だった
という設定なんですよ。(だから同じ顔^^;)
でも理由あって、二人は別々に暮らし、
総司は試衛館で、
近藤勇や土方歳三に育てられるのです。


その後、試衛館のメンバーは上洛しますが、
総司は京都で、真九郎が兄だと知ります。
同じ血を引く真九郎が、自分と同様に
幕府側の人間と知って、総司は喜びます。


でも真九郎の方は、
勝海舟や坂本龍馬と出会うようになり、
自我に目覚め、次第に革命家として
生きる道を選ぶのです。


総司はそれを裏切りと感じ、兄に恨みを抱きます。
そして、二人は戦うわけですね。


総司が真九郎と兄弟ということで、
新選組の出番も必然的に多いですよ。


でも土方らが長州に行ったり、箱館では
近藤や沖田らが登場したりするので、
読んでいて驚くかもしれませんね^^;


それから、真九郎や総司の恋などもあります。
真九郎は革命家として生きるにしたがい、
感情を表面に出すようになり、情熱的な
かつ魅力的な人間へと成長していきます。
そこが見所でもあるんですね。


でもね、この物語で
何よりもインパクトの強いキャラクターは、
土方さんでも総司でも、
真九郎でもありませんでしたよ^^;


敵方は物語の中でも
滅多に褒めない私なんですけど、
この物語だけは別。
こんなステキなキャラクターは、
見たことがありません。


そう思ったのが、高杉晋作です。


ここに登場する高杉さんは、
チビで愛らしいキャラクターで、
誰よりも破天荒で、誰よりも行動派で、
そして誰よりも仲間思いなのです。


しかもこの高杉さんは、ある秘密を持っています。
(わかるかな〜?)



もちろん最期は、史実通り
労咳(結核)で亡くなるのですが、
その最期がすごく感動的です。
たぶんこの高杉さんなら、きっとあなたも
気に入って頂けると思いますよ〜。


他にも面白いキャラクターが
次々と登場しますが〈龍馬とか^^;)
とにかく創作部分が満載なので、
その先の展開が全くよめず、
ハラハラドキドキするのが、
この物語の最大の魅力といえるでしょう。


全7巻ですけど、
テンポがいいので一気に読めますよ〜。
古本屋さんでみつけたら、
どうぞ新しい幕末ワールドに触れてみて下さいね。


風の如く火の如く 全7巻
鷹司:原作/島崎譲:画/講談社コミック

これですよ〜、中古ならまだ手に入ります^^


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 11:09| Comment(0) | 新選組のコミック本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: