2009年11月12日

西の地蔵

多摩の史跡案内 〜その31〜

      西の地蔵 〜日野宿〜


日野宿、東の地蔵よりおよそ1?余り、
宿場の西のはずれに
「西の地蔵」
と呼ばれる地蔵堂があります。


ちょうどJR線日野駅前にある甲州街道から、
井上源三郎の墓のある宝泉寺の前を通り、
日野坂が始まろうとする坂下です。


その坂下の由来から、坂下地蔵とも呼ばれています。


坂下地蔵堂の入口には、
元文2(1737)年に建立されたという
大きなお地蔵様2体と、
小ぶりなお地蔵様6体が並んでいます。
赤い帽子と前掛けが鮮やかです。


西の地蔵
西の地蔵 posted by (C)ルンちゃん


またお堂の中には青銅で造られた
地蔵菩薩坐像が安置されています。
正徳3(1713)年、江戸小舟町の井田八左衛門が
近郊の祈願者232人の協力を得て
作ったといわれています。


お堂は江戸時代にあったものは、
明治の末の火事で焼けてしまいました。
今のお堂は昭和7年に建て替えられ、
近隣の自治体のご婦人達が守り続けています。


西の地蔵 お堂
西の地蔵 お堂 posted by (C)ルンちゃん


昔は、この坂下地蔵から日野坂を上がって
八王子や甲州方面へと進みました。
ここから先はしばらく人気も少なく、
幕末当時は追いはぎも出たとか。


でも今はJR線の線路で遮断され、
通ることはできません。
わずかにこのお地蔵様のいるお堂の周辺だけが、
当時を偲ばせる空間となっています。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 10:45| Comment(0) | ・多摩の史跡案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: