2010年06月16日

お龍さんゆかりの横須賀へ

この前の日曜日(6/13)に横須賀へ行ってきました。
いつもの趣味のウォーキングなんですけど、
行ってみたいと常々思っていた場所が見学地だったので、
とても楽しみにしていました。


今回の訪問先は、お龍さんゆかりの場所ですよ。
おりしも大河ドラマ「龍馬伝」では2〜3話くらい前から
お龍さんが登場していて、
なんとなく親しみも湧いてくるようです。


さて、横須賀にあるお龍さんゆかりの場所のひとつは、
「横須賀中央駅」を10分ほど歩いたところにある
『お龍さん終焉の地』
です。

お龍さんの終焉の地
お龍さんの終焉の地 posted by (C)ルンちゃん


坂本龍馬が亡くなった後、お龍さんは
土佐の龍馬の実家でしばらく暮らしますが、
居心地が悪かったようで、ほどなくその地を離れ、
京都〜大阪〜東京〜神奈川と移り住みます。


そして明治8年に再婚するのですが、
晩年に住んでいたのが、
この米が浜(当時の深田村)だったとか。
現在は「おりょう会館」という
メモリアルホール(葬儀場)になっていて、
入口正面にお龍さんの像が建てられています。

お龍さんの終焉の地は今…
お龍さんの終焉の地は今… posted by (C)ルンちゃん
             お龍さん像
               お龍さん像 posted by (C)ルンちゃん
               晩年の写真に似ていますね



周りには当時を偲ぶものはなく、
「おりょう」という文字がなければ、
この場所もわかりませんよね^^;


しかもここへ来るまでは、「おりょう会館」が
メモリアルホールだとは思いませんでしたので、
チョッとびっくりしました。


その「おりょう会館」から2駅くらい歩いたところに
『お龍さんの墓』
のある信楽寺(しんぎょうじ)があります。

信楽寺の山門
信楽寺の山門 posted by (C)ルンちゃん


門前にお龍さんの写真入り案内看板がありますよ。
お龍さんと伝わる例の美人の写真です。
本堂には龍馬とお龍さんの像などもあり、
想像していたのと少し違った雰囲気でしたね。
(賑やかなイメージ)


信楽寺の龍馬&おりょう像
信楽寺の龍馬&おりょう像 posted by (C)ルンちゃん


そして本堂から、お墓の方へ…

信楽寺のお龍さんの墓
信楽寺のお龍さんの墓 posted by (C)ルンちゃん


お龍さんの墓碑には
「贈正四位阪本龍馬之妻龍子之墓」と刻まれています。
(「阪」の字が違うけど)

西村松兵衛という人と再婚し、再婚後には
「西村ツル」と名乗っていたはずですけど
墓石には「龍馬の妻」と刻まれています。


龍馬とお龍さんが夫婦として過ごしたのは、
2年にも満たない歳月。
しかも龍馬は奔走の身、1箇所に留まることはなく…
日本で最初の新婚旅行といわれる、薩摩での傷治療が唯一、
ふたりでのんびり過ごした時間でしたよね。


つかの間でも一生のうちでは「龍馬の妻」としての想いは強く、
そんなお龍さんの心情も汲んで周囲の人が建てたので、
「龍馬の妻」としての墓碑もありなんでしょうね。
(ちなみに裏面には実妹が建立したと刻まれ、
台座には「賛助人西村松平(松兵衛)」の名前もある)



この二つが、今回立ち寄ったお龍さんゆかりの場所でした。

お龍さんののぼり
お龍さんののぼり posted by (C)ルンちゃん


横須賀市は浦賀も含めて、
幕末時代の史跡がたくさんあります。
私自身、まだまだ未踏の街なので、
行く度に発見があって面白いです。


次回の記事もそんな発見のレポートになりますので、
よかったら読んで下さいね〜わーい(嬉しい顔)

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 10:35| Comment(0) | 大人の遠足^^ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: