2011年04月15日

会津藩からの招待状


新選組版 「今日は何の日?」です。


1863(文久3)年4月15日

(新暦に換算すると1863年6月1日です)


この日、壬生の浪士たちの元に
1通の手紙が届きました。


彼らは江戸から京都へやって来た浪士組のうち、
すぐに江戸へ戻らずそのまま壬生に残っていた
芹沢鴨や近藤勇ら、残留組です。


その手紙は京都守護職である会津藩からのものでした。
「藩主・松平肥後守容保が
 壬生浪士たちに会いたいので来るように」
との内容でした。


大藩の藩主が、一介の浪士達に直接会いたいとの仰せ、
しかも隊士全員で来るようにとの話に、
浪士たち一同、胸躍る思いだったでしょう。


明日九つ時(正午)までに 黒谷(会津本陣)へ……



その言葉を繰り返し、
翌日の訪問への期待に、なかなか眠れなかった隊士も
もしかしたら、いたかもしれません。


さて、松平容保に謁見した彼らは
どうなったのでしょうか?
それは、こちらでお確かめ下さいね。

  翌日の話  ⇒  御前稽古、披露の日
(過去記事です)

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る


posted by ルンちゃん at 00:04| Comment(0) | ・新選組「今日は何の日」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。