2012年06月06日

壬生を歩く


京都史跡めぐり 3日目 〜その2〜

京都史跡めぐりも今回が最終回。 
まずは3日目コースのおさらいです。
ちなみに前回はこちら ⇒ 京都史跡めぐり3日目〜その1〜


※赤文字が今回の記事部分
西本願寺 − 島原/輪違屋・角屋 −
 
壬生/壬生寺・前川邸・八木邸 − 光縁寺  


島原を後にして、壬生へと歩きます。
この道は新選組隊士たちも、幾度も歩いた道ですよね。
私も京都に来るとよく歩きます。


江戸時代は
「壬生から島原の明かりが見えた」というほど、
なにもない所だったようですけど、
今は建物が立ち並びすぎて
とても島原が見える状態ではありませんね〜。
でも歩いてみると距離は意外と近いんですよね。


程なく壬生へ到着。
この壬生に来るのも8年ぶりですよ。
あの時は大河ドラマ「新選組!」の放送の真っ最中で、
通りには人が満ち溢れていましたね。あれは凄かった!

壬生界隈
壬生界隈 posted by (C)ルンちゃん
現在はこんな感じです。
あの頃とはえらい違い^^;



さすがに今はそこまで人はいませんけど、
それでも人は多かったですね。
数十年も前の壬生は、
人もまばらで静かなものでしたけどね。


最初に訪れたのは壬生寺です。
沖田総司が子供達と遊んでいたというお寺ですね。
ここには、芹沢鴨や平山五郎、河合耆三郎他 
数名の隊士の墓があります。


埋葬当時は壬生共同墓地に墓はありましたが、
その後、寺の方に移し
昭和になって「壬生塚」と呼ぶようになりました。

近藤勇像
近藤勇像 posted by (C)ルンちゃん
壬生塚にある近藤勇の像。
最初に訪れた学生時代の頃から変わらないな〜^^



以前は無料で入れましたが、現在は有料。
入口で入場料を払うという形態になってから、
もうずいぶん年月が経ちましたね。


基本的には変わっていないのでしょうが、
来る度に風景が変わっているのが、この壬生寺ですね。
幼稚園ができたり、本堂の様子が変わったり。
今回は敷地内にデイホームがありましたよ。
次回の訪問では何ができているでしょう?

壬生寺
壬生寺 posted by (C)ルンちゃん


壬生寺にはここだけの新選組グッズがあります。
友人のおみやげ用に
「あぶらとり紙―土方」を購入しました。
表紙に近藤・土方・沖田の各々の
イラストがついているんですよ。


自分用にも「沖田」を購入。
イラストが「沖田総司の写真」といわれ出回っている
あの顔にそっくりだったので(笑)


八木邸訪問の前に『旧前川邸』へ。
ご存知、新選組屯所跡です。


こちらは玄関先を開放していて、
そこで新選組グッズを販売していますよ。
以前来たときより売り場が広くなっていて、
グッズも増えていたのでビックリしましたね。
ここでは、土方歳三の写真付のボールペンを購入。

旧前川邸
旧前川邸 posted by (C)ルンちゃん


旧前川邸(現在は田野様宅)では3月に
山南忌という山南敬助の法要を行っています。
この時には一部、建物内も見学ができるそうです。
私も法要に参加したいと思っているのですが、
いまだ叶わずにいます。
いつの日か、機会があるといいのですけどね…


そして『八木邸』
近藤らが壬生浪士隊としてやって来たとき、
最初に宿泊していた所。そして芹沢鴨の最期の地。


新選組屯所だった八木邸は、
今は室内見学もできますが、
覗いてみたら見学者がいっぱいで入れませんでした。


しばらく待つことにして、入口の椅子に座って一休み。
こういう時間もいいものです。

八木邸
八木邸 posted by (C)ルンちゃん


勝手知ったる八木さんちに入り(8年前に見学したから^^)
一通り室内見学します。
室内の間取りも当時のままなのでしょうが、
私はお庭の方が好きですね。


古い井戸と苔むした庭。
今にも板戸から新選組隊士が入ってきそうな
どこか懐かしい空間です。


見学の後は屯所跡隣にある、八木さんの和菓子店
鶴屋鶴寿庵で「屯所餅」とお抹茶を頂きました。
「屯所餅」は壬生菜が入っていて美味しいですよ。
もちろんお土産に買いました。
こちらでは新選組グッズも購入できます。


壬生から『光縁寺』へ。
この道は昔とあまり変わりませんね。
この、のんびりした雰囲気が好きです。
壬生からゆっくり歩いても5分くらいの道を
Kちゃんと新選組の話をしながら歩きます。
まもなく「光縁寺」に到着。

光縁寺
光縁寺 posted by (C)ルンちゃん


光縁寺の家紋と、
山南敬助の家紋が同じだったことが縁で、
新選組隊士たちを埋葬することになった 
といわれるお寺ですね。
山南さんも私達のように、
あの道を歩いてみたのでしょうね。


私も学生時代から幾度となく訪れている場所で、
来るたびに本堂に上がらせていただき、
新選組への想いに時間を費やす思い出の場所です。
新選組好きがここへくれば、
同じような経験があるのではないでしょうか。
もちろん、Kちゃんも同様でしたね。


ここには山南敬助や、
松原忠司・田内知ら隊士の合同墓があります。
それから「沖田氏縁者」の女性のお墓。
山南さんのお墓は、以前は表面がひび割れて
崩壊寸前の痛々しい様子でしたが、
現在は修復されて、
なんとか文字がみえるようになっています。


壬生界隈を見て歩いて、史跡めぐりは完了。
そして次なる目的地は「近清」さん。
以前、このブログでも紹介した
「新選組が食べたお漬物」を売っているお店です。
お店は「中京区西洞院蛸薬師下ル」にあるので結構歩きますが、
碁盤の目の町なので初めてでも大丈夫。
迷わずに到着です。

新選組が食べたお漬物
新選組が食べたお漬物 posted by (C)ルンちゃん


「近清」さんは江戸時代、
西本願寺に漬物を納品していたそうで、
その関係で新選組にも漬物を運んでいたそうなんです。


今回も、以前お取り寄せした
「しば漬け」と「沢庵」他を購入。
ここの「沢庵」は甘くなく、
しばらく置くと酸味が増す漬物です。


土方さん好みの「沢庵」じゃないかもしれませんけど、
これをお茶漬けにすると美味しい。
職場のお土産にもしたけど、
もっと買ってくればよかったな〜。


その後、木屋町辺りを歩き、
1日目に行きそびれた「しる幸」で
ランチしようと行ってみる事に。
ところが既にランチタイムは終わり、
「準備中」の看板が掛かっていました。


本日の史跡訪問地は少なかったのですが、
1箇所ごとにすごく時間をかけて見たので、
間に合わなかったのです。
またしても食べそびれてしまった〜。
う〜ん、残念!!


この無念さは次回の京都訪問に持ち越しですよ。
けっきょく近くの別のお店でゆっくり食事をとった後、
京都駅に戻りました。


こうして3日間の京都訪問が終了しました。
(いや〜、まとめるのにかなり時間がかかってしまった)
いっしょに行ったKちゃん、
2日目に同行いただいたSさん、
お疲れ様でしたぁ(業務連絡)


今回の旅は、
初めて訪ねた場所もかなりあったので満足しています。
でも、行きたいと思って行かれなかった場所もまだあるので、
是非また訪ねたいですね。


いつもなら、その土地に行って数日過ごせば、
とりあえず満足して、しばらくは
その地に行きたいという気持は収まるものなんです。


でも、今回は帰宅したその日からすぐ、
「また京都に行きたい!!」という気持が湧いています。
その気持は1ヶ月以上経った今でも変わりませんね。


だからルンちゃんとしては、京都へ再び行くことも
遠からずあるように思えます。
ふふ…いつになるでしょう。


その時はまた、いろいろと計画して
楽しい時間を過ごしたいですね。
もちろんブログにも記事アップしますので、
どうぞまたの機会をお楽しみに…^^

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 00:26| Comment(0) | ☆京都(2012) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: