2012年06月12日

池田屋潜入レポ


永年営業していたパチンコ店が閉店し、
「今度はなにが出来るのやら」と思っていたビル跡に、
「池田屋(居酒屋)」ができると知った時には、
驚きと興味と期待とが、心の中で
入り交じっていましたね。


「営業したらすぐに行ってみよう」と思いつつも
なにぶん京都(=遠方)のことなので、そうもできず、
やっとその機会にめぐりあえた、先日の京都旅行♪
あの『池田屋』に行くことができましたよ


池田屋は、まずまずの印象でしたので
「潜入レポート」をお伝えすることにしました。
題して


「池田屋潜入レポ 〜御用改めであ〜る!〜」



それでは いってみましょう!

注…このレポートは、歴史書に載る「池田屋」の
    潜入レポートではございません。
    あくまでも京都三条の居酒屋「ななの舞」の
    潜入レポですので、その点ご了承願います



さて、われら3人(女性)が潜入したのは、
夜も深まる10時すぎ…


じゃなくて、夕方6時の頃でしたよ。
4月下旬のことだったので、
すでに周辺は暗かったですけどね。


この『池田屋』はけっこう人気があるらしく、
予約しておかないと入れないこともあるのだそうです。
利用客の年齢も、若い歴史好きばかりが集まるのかな〜
と思ったらそうでもなく、けっこう年配の人にも
好かれているらしいですよ。

池田屋!!
池田屋!! posted by (C)ルンちゃん


池田屋前に来て、
見上げてみれば大きな「池田屋」の文字。
なんか本物の「池田屋」みたいで、
ワクワク・ドキドキと
気持が湧いてくるのがわかります。


入口ののれんは、もう池田屋そのまま。
そのドアに手をかけ、「よ〜し行くぞと!!」と、
妙に意気込んだ自分がいましたよ。

御用改めに参る
御用改めに参る posted by (C)ルンちゃん


御用改めであ〜るっ!



御用改めであ〜る!
御用改めであ〜る! posted by (C)ルンちゃん


と、心の中で叫び
(声は出さない、恥ずかしいから^^;)
2階へずいずいと上がろうとしたら、
「地下へどうぞ」と階下へ案内されました。
うわ〜ぁ、ここって地下もあるんですね。


抜け道へと続く道か?
なんて思ったら、
なんのことはない普通のテーブル席。
でもここはローリングカーテンで仕切られ、
個室へと変わるらしい。


席に座って、まずは飲み物注文です。
メニューを見たら
「薄桜鬼」のキャラクター達が付いていました。
なんでも「薄桜鬼」とコラボしているとのことでした。
彼らにちなんだカクテルとかあるらしいです。


例えば「歳三の怒り」とか「総司の意地悪」とか、
ネーミングが面白いです。

メニューを参考までに ⇒ 「薄桜鬼×はなの舞 コラボカクテル」
              はなの舞HPに飛びます


全部試してみたかったけど、
まずは「歳三の怒り」から。
こちらはカシスの入ったカクテルですよ。
連れ二人もそれぞれに好きなものを注文。


お料理もよくあるものから、
京都ならではのものまで、いろいろありましたね。
「おっ、メニューにこんなものまである。
           これ注文していい?」

と注文したのが、こちらです。

京の宴♪
京の宴♪ posted by (C)ルンちゃん


「はも」と「万願寺ししとう」ですよ〜。
もう「はも」が出回る時期なんですね。
まさかここで食べられるとは
思っていなかったので、
うれしいです。幸せ〜。


「万願寺ししとう」は、その大きさにビックリ!
こんな大きいししとうを見たのは初めてです。
1本が、お皿の端から端まであるんですよ。
土方さんのふるさと日野・万願寺を
連想させるようなネーミングも
馴染みいいですね〜。


美味しいものを食べながら、
池田屋で新選組談義に花を咲かせる3人。
でも時の過ぎるのはアッという間です。


もうすぐ2時間が経とうとする頃、
店員さんから「そろそろお時間です」の声が…


「近藤さんたちの池田屋での捕り物が終わったのか」
と思ったら、これ実は「お開き」の合図なんですね〜。
池田屋は人気のお店なので、時間制になっているのです。
2時間経つとお会計になってしまうのでした。


しかたがないので、席を立ち、
ついでにさっきの2階へ上がってみます。

御用改めであ〜る!
御用改めであ〜る! posted by (C)ルンちゃん


階段は3階まで続いていて、
映画「蒲田行進曲」に出てくる
巨大な階段に似ていて、とにかく長い!


途中2階へつながる場所があって、
そこから2階のテーブルへと至る道は、
右が坂本龍馬の絵、左が新選組の絵が
大きくありました。


その場所がちょうど、
休憩できるようなスペースにもなっていて、
大河ドラマ「新選組!」の
ビデオも流していましたよ。

注…それらの場所の写真も撮ってきたのですが、
  あなたが行くときの楽しみがなくなるので、
  アップするのはやめておきますね。
  どうぞその目で見て来て下さいね〜^^
 


そこでしばし休んでから、
池田屋の外に出る3人。
こうして池田屋への潜入は、
無事終わりました〜。


今回、Kちゃんと私は初めての池田屋でしたが、
思っていた以上に楽しむことができましたよ。
お料理も美味しかったし。


今回は3階のテーブル席までは
足をのばせませんでしたので、
次回来たときは、3階でのお食事を
楽しみたいですね〜。
って、もう行く気満々じゃん!


どうも、お粗末さまでした〜

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 00:52| Comment(2) | ☆京都(2012) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: お役目ご苦労様です
SECRET: 0
PASS: 4e7032444f377a78397a55564d77544e5448385870586b55777477565262326d4fefe9f43f0e2fa8b3743a071bc72da34102a2a5dd00afac71c0a2dcd9abc1c0
京都の池田屋、料理の味良く、メニューが楽しく、居心地の良いところですね。
それで…、
試しにチェーン店のはなの舞・本郷三丁目店にも行ってみました。ここは新選組の出発点・伝通院に近い為、新選組全国デビューの池田屋には及ばなくても、味と居心地を結構楽しんでいます。
もしかするとチムニーグループの“お偉い様”は歴史ファンなのでは?と想像する昨今です。
Posted by 允@遊撃隊 at 2012年06月13日 22:36
TITLE: ここも御用改め
SECRET: 0
PASS: 624f52686b71676a575642484e736f567639384b70624d734a686a53446d6d55647b3817d698ab9116ef8de4aad9541117b2cf72586efa30f5b472c10138cb42
允@遊撃隊さん、こんばんは^^

「本郷三丁目店」も居心地が良かったですか。
実は最近、八王子南口に「はなの舞」ができたのです。
毎夜、帰宅の際にその前を通るのですが、
「マグロの解体ショー」とか書いてあって、気になって気になって…

そこは新選組とは全く関係ありませんが、
そのうち御用改めに行ってみたいと思っています。
Posted by ルンちゃん at 2012年06月15日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: