2013年09月11日

会津戦争の傷跡

会津旅行 3日目(その3)


次に向かったのは御薬園です。
これが、この旅最後の見学地ですよ。


御薬園には、個人的にチョッと思い入れがあります。
じつは御薬園は、私が生まれて初めて会津を訪れた時に、
立ち寄ろうとした場所でした。


でも訪問したのが真冬の大雪の時で、
もちろん雪のために園は開いておらず、
入ることができなかったのです。


その後も会津に訪れる機会はありながらも、
訪問を逃してしまい
今まで来ることができずにいました。


ですから思い入れもひとしおで、
今回はできることなら訪問したいと思っていたのです。
それが念願叶い、訪れることができたんですよね。


そんな御薬園は、室町時代にこの地に霊泉が湧き出し、
そこに別荘を建てたのが始まりといわれています。
ただし、しばらくは戦乱のために
そのままにされていたようです。


会津藩の藩祖・保科正之の時代になって、
霊地を見直し、庭園を整備、
そして保養所として用いるようになりました。


「御薬園」の名の由来は、
会津藩主・2代保科正経が貧民を疫病から救い、
病気の予防や治療などを施したいと考え、
この地に薬草を栽培したのが始まりといわれています。


3代松平正容(まさかた)の時、朝鮮人参の栽培に成功し、
作付けを広く奨励したことから、
「御薬園」と呼ばれるようになったそうです。


約400種類の薬草が植えられているそうですが、
もちろん、こちらもありましたよ。

御薬園といえば…
御薬園といえば… posted by (C)ルンちゃん

これが朝鮮人参です。オタネニンジンともいいますね。
今回初めて実の部分を見ましたけど、葉も実も
「ニンジン」とはだいぶ違いますよね。


それもそのはず、野菜のニンジンはせり科の植物ですけど、
朝鮮人参は、ウコギ科の多年草だそうですよ。
ですから全く別の種類です。


といっても、薬として使用する根を見ても、
たぶん私には判別できないでしょうけどね〜。


この御薬園は、会津戦争の際には、
西軍の病傷者の治療所になっていたそうです。
そのせいか、こんなものまでありました。

御薬園の刀傷
御薬園の刀傷 posted by (C)ルンちゃん


御茶屋御殿にある刀傷です。
「戦争時の刀傷」とだけあり誰がやったとは
ありませんけど、きっと西軍がつけたものですよね。


「刀傷」といえば、京都の角屋にある
「新選組がつけた刀傷」が有名ですよね。
あんなことするのは新選組くらいにしか思われていませんが、
西軍だってやっていたというわけですよ。

御茶屋御殿
御茶屋御殿 posted by (C)ルンちゃん


刀傷は、こちら御茶屋御殿の中にありますよ。
この御殿内では、冷たいお抹茶と
手作り胡麻羊羹がいただけますよ(有料)。
お庭の池を見ながらいただくお茶は美味しかったですね。


お茶をいただいた後には、こちらを見学しました。

御薬園にて
御薬園にて posted by (C)ルンちゃん


こちらは、楽寿亭です。
江戸時代中期の数奇屋風建築で、
細い柱と藁葺き屋根が特徴です。こちらは
大河ドラマ「八重の桜」にも登場しましたよね。
覚えていますか?わーい(嬉しい顔)


たしか、容保様が足元の紅葉を拾い、
照姫様に手渡しするシーンでしたよね。
ここを訪れたとき、そのシーンが思い浮かんできて、
なんとなく、ほのぼのした気分を味わいましたよ。


でもじつはこちらにも、刀傷があるんですよね!

これも刀傷
これも刀傷 posted by (C)ルンちゃん


前写真の場所からですと裏にあたりますが、
こんなにくっきりと残っています。
明治になって、一時期容保様と家族らが、
こちらに住まわれたこともあったそうです。
そのとき、これらの刀傷を見てどう思われたでしょうね?


他に重陽閣と呼ばれる建物も、敷地内にあります。
そちらでも、お茶がいただけるようですが、
今回は外観だけ見学し、次回訪問のお楽しみとしました。


園のおみやげ売り場では、
20種類以上の薬草茶が置かれていて、
そのうち3〜4種類のお茶が試飲出来るようになっています。
この日は冷たいお茶が置かれていて、サッパリした飲み応えは
熱い体にとても心地よかったですわーい(嬉しい顔)


このお店で、朝鮮人参を購入しました。
中身はもちろん会津産。これをお茶や
てんぷら(かき揚)にしていただくそうです。


昔はとても高価なものだったといわれますよね。
朝鮮人参ていうと「病気になって寝たきりの、おっかさん
(又は、おとっつあん)にせめて飲ませてあげたい(涙)」
なんていうドラマのシーンが思い出されるのは、
時代劇の見過ぎでしょうか、やっぱり。


こうして、2013年夏の会津旅行が終了しましたが、
今回は本当に暑かったです。
この旅行を思い出そうとすると、
炎天下でじっとしていた感覚が蘇ってきますからね。


でも「絶対見るぞ!」と思っていたものが見られたので
それなりに満足しています。
まだまだ見たいものは沢山あるので、また
機会を見つけて訪問したいと思います。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 01:04| Comment(0) | ☆会津(2013) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: