2014年08月21日

江戸風と京風の違い


「新板大江戸名物双六」の30コマ目に登場するのが、
堀江町 錦団扇(にしきうちわ)」です。


堀江町は、現在の
東京都日本橋小舟町(こぶなちょう)にあたる場所です。
東堀留川に隣接していたので、地方からの品物を
船を利用して仕入れるのに便利な場所でした。
それでいろいろな業者が集まってきたのです。


同じ理由からか団扇問屋も軒を連ねていました。
江戸後期には「団扇河岸」とも呼ばれていたようです。


「新板大江戸名物双六」に登場する錦団扇は、
天保の頃に流行していた歌舞伎を題材にした錦絵を
団扇の絵柄にしたものですよ。


当時の歌舞伎役者の錦絵は
今でいえばブロマイドみたいなものでした。
それで女性が競って買い求めたようで、
錦団扇もすごい人気となったようですよ。
いつの時代も、アイドル人気はすごいようですね


当時の団扇の需要は女性だけじゃなく、
武家社会でも注文があったとかで、
あまりの需要の多さに、下級武士なども
団扇作りの内職をしていたそうですよ。


江戸時代、盛況だった団扇河岸ですが、
明治になると歌舞伎人気の下降とともに
製造数も減っていったそうです。また
大正12年の関東大震災の折には、火災によって
ほとんどの問屋が焼けてしまいました。


そのため、東京からの船便が便利で、
竹林も豊富な船形町(現・館山市船形)に
問屋が移住してしまったそうなんです。
でも移住先で団扇産業が盛んになり、
それは日本三大うちわのひとつ
「房州うちわ」として今も続いています。


それじゃあ、堀江町の団扇はどうなったかといえば、
問屋街はなくなってしまいましたけど、
今でも小舟町で営業している団扇屋さんが
あったんですよね。
それが「伊場仙」なんですよ。


「伊場仙」の創業はとても古く、1590(天正18)年です。
なんでも三河国岡崎城下で土木工事をしていた創業者が、
徳川家康の江戸入りの際に、
家康に付き従ってきたのが最初
と云われているそうですよ。


創業当時は和紙や竹を扱っていたのが、やがて
団扇を製造するようになりました。
関東大震災では、他の問屋と同じように
店は焼失してしまいましたが、その3日後に
渋谷の自宅で営業を始めたというから、スゴイですね。


明治期にはカレンダー等も作られていたようですが、
現在は団扇と扇子専門の製造販売店として、
今に至ります。


そんな「伊場仙」に行ってみましたよ
老舗というので、お堅い昔風のお店をイメージしていましたが、
周辺と同じようなビルでした。お店はその1階です。

団扇の老舗 伊場仙
団扇の老舗 伊場仙 posted by (C)ルンちゃん

伊場仙ののれん
伊場仙ののれん posted by (C)ルンちゃん


入ってみると、団扇や扇子が沢山飾られています。
花柄模様や、渋い感じの物の中に、
ドラえもん柄の団扇もあるのが面白いですね。


店内には「江戸風」の団扇と、
「京風」の団扇が置かれていました。
「どこが違うのだろう」と気になったので
店員さんにお聞きしてみましたよ。


「江戸風」は、持ち手(柄)の部分と絵の部分は
1本の竹からできています。持ち手の部分はそのままで、
絵の部分は竹を裂いて広げてあるんですね。
いっぽう「京風」は持ち手の部分と絵の部分は別々に作って、
後から二つを取り付けるそうです。


なるほど、
云われて改めて団扇を見てみれば、
その通りまったく違いますね。


沢山の団扇の中から、お気に入りを1つ選んで購入。
大きいサイズの団扇を選んだので、
一振りだけで涼しい風が沢山運ばれてきます。
なかなかステキなのが手に入りましたよ。


お気に入りの団扇
お気に入りの団扇 posted by (C)ルンちゃん

ちなみにこのとき選んだのは、
錦団扇じゃありません^^;
錦団扇は歌舞伎を題材にした錦絵などが
絵柄になったものなんです。


数年前はもう作られていないような話でしたが、
伊場仙で現存する唯一の版木画を元に、
今は浮世絵江戸団扇絵(錦絵・大和型)として
復刻しています。しかも
インターネットで注文もできるようになったんです。
便利になりましたよね〜

伊場仙 
東京都中央区日本橋小舟町4番1号

伊場仙の団扇が見たいなら…
ホームページに飛びます ⇒ 伊場仙ホームページ


伊場仙の文字が
伊場仙の文字が posted by (C)ルンちゃん
伊場仙製って入ってます^^

※『新板大江戸名物双六』の絵は
  国立国会図書館デジタルコレクションで見られます。
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1310566


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 00:48| Comment(0) | ・新板大江戸名物双六 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: