2015年03月14日

斉藤一、パンを食す


樹なつみ先生といえば、古いところでは
「マルチェロ物語」「朱鷺色三角」などの
ファッションや学園ものを手掛けた
漫画家さんです。


新しいところですと「花咲ける青少年」などの
世界各国を舞台にした、スケールの
とっても大きなお話を得意とする方で、
私ももう昔から大好きな漫画家さん
なんですよね


その、樹なつみ先生の最新コミックが
3月5日に発売されたのですが、
なんとその舞台が明治時代、
しかも主役が斉藤一なんですよ。


タイトルは 一の食卓(1) [ 樹なつみ ]
    ※「はじめのしょくたく」と読みます



なつみ先生の描くキャラクター達は
いつも魅力的です。そして
男性陣のビジュアルの良さも定番!


ですから、
読む前から期待はしていたのですが、
読んでみたら、やはり期待通りに
面白かったです


さてお話ですが、斉藤一たち
会津に残った新選組隊士らが
如来堂から脱出するところから始まります。


みな討ち死に覚悟の中で、
ひとり斎藤(=山口)だけは
この場から脱出することを考え
みんなを導き、建物から飛び出します。


そして舞台は変わり、明治へ。
なんと彼はそこで、フランス人の経営する
パン屋で下男として働くのです。
どうです?このギャップ。


とはいっても、お話はコメディではなく、
彼(明治なので藤田五郎)は理由あって
そこにいるのです。時には新選組時代の
腕も披露して、カッコよさ満載です。


また、この物語でもう一つ面白いのは、
明治という、新しい物が海外からいろいろ
入って来る時代、もう一人の主役の少女、
パン屋で働く西塔明(さいとうはる)を通して、
いろいろなお料理のレシピが
紹介されるところです。


住み込みの藤田五郎(=斎藤一)も、
それらをしっかり食べていますよ


史実の斉藤一も、きっと
明治になって新しい食べ物をいろいろ
食べたのだろうな〜と、なんとなく
想像してしまいます。


ですから、彼がパンを食べる場面は、
妙に印象が深かったですよ。


五郎を雇ったパン屋の主人
フェリックスさんも、なかなかの美形ですが、
本物の侍(=五郎)を見て鼻血を出すような
チョッと変わった面白い人なので、
9月に出る2巻も楽しみです。


しかも2巻では、
死んだはずのあの人も登場ですよ。
もし待ち切れないなら、
連載中の雑誌『メロディ』を見なくちゃね。

メロディ4月号は斎藤が表紙です^^


というわけで、『一の食卓』
まだご存じなければ、
本屋さんで確認してみて下さいね

 
一の食卓(1) [ 樹なつみ ] 

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 00:41| Comment(0) | 新選組のコミック本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: