2015年05月14日

歳三忌 2015


平成27年5月9日(土)は
「歳三忌」がありました。


いつもなら土曜日は仕事で行かれないのですが、
今回はお休みが貰えたので、参加しましたよ。
午前11時から日野の石田寺にて、
土方歳三さんの法要です。


11時過ぎにお寺を訪れてみると、
すでに沢山の人が並んでいましたね。
歳三さんの墓前からお堂の前、そこから
北向き地蔵前で折れて、数メートル。


友人Kちゃんと最後尾につきましたが、
話をしていたせいか、あまり待った感覚もなく、
歳三さんへのお焼香もスムーズに
済ますことができました。


お寺では友人・知人との
久しぶりの再会を喜び合います。
といっても、中には先月の
「勇忌」であったばかりの方もいますけど。


近い再会ではありますが、
会えるとやっぱりうれしいですよね


1時半からは高幡不動尊の信徒会館で
講演会がありましたよ。
今回の講師は、井上源三郎さんのご子孫である
井上雅雄氏のお話でした。


井上雅雄氏は井上源三郎資料館の館長さんです。
新選組が好きなら誰もがご存知ですが、
講演会の講師をされるのは初めてとのことでした。


講演会のタイトルは 
子孫が語る井上源三郎


ということで、
ご子孫ならではのお話もあって、
面白かったです。


内容は、源三郎の兄・松五郎のことや、
昔あった母屋の様子。
それから沖田総司のことなど。


話は多摩時代のことが中心でしたが、
聞いているうちに彼らの様子が
目に浮かんでくるようで、
なんとなくほのぼのしてくるのでした。


他には、井上源三郎首級の埋葬地、
欣浄寺のこともありましたよ。その地は以前
私も、Kちゃんや作家のSさんと一緒に
訪れたことがあったので、話を聞きながら
当時の様子を思い浮かべていました。

ちなみに、その時の過去記事はこちらです。
⇒ 井上源三郎首級の埋葬地へ


講演会は1時間ほどで終わりました。
この日は日野市の「新選組まつり」もあったので、
コンテスト審査員である雅雄氏は、
その会場へと向かわれたんですね。
またの機会にお話をお聞きしたいです。


講演会の後は、いつものように
ご子孫や、研究者さん作家さんのご紹介です。
今回は榎本武揚や古屋作左衛門のご子孫らが
久しぶりに参加されていましたよ。


そして抽選会では、食品系の品物が目立ち、
友人たちも「土方サイダー」や「誠もなか」を、
そして私は「歳三チョコ」を手に入れました。


こうして今年の歳三忌も無事終わり、
今度は親しい友人たちと話をしようと、
二次会の会場へと向かったのでした


ところで歳三忌は、今年でちょうど40回。
つまり、もう40年も続いている法要なんですよね。
私が最初に歳三忌に参加したのは、何年のことだったかな?


昔は法要も講演会も、
石田寺で開かれていたんですよ。
お堂も現在ある建物ではなく、すごく古いものでした。
(でも好きだった


今回が40回目だということは、
講演会の終わりの頃に知りましたよ。
でも偶然にも石田寺にいる時、
妙に昔の歳三忌のことが思い出されて
お堂での講演会を懐かしく感じていたのです


当時の歳三忌のことを知っているのは、
今はもう主催者さんや研究者さんや、
ほんの一握りのファンぐらいかもしれませんね。
でもそんな思い出も積み重ねて、
また41回目の歳三忌も参加できたらいいな
と思っています

toshikinen
今年の参加記念品は、歳三シルエット^^


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
ラベル:新選組
posted by ルンちゃん at 00:42| Comment(2) | ・「歳三忌」レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歳三忌、お疲れ様でした。
お休みがとれて、よろしかったですね。
石田寺やその周辺も年々変わっていきますけど、これからもずっと歳さんを身近に感じさせてくれる土地であってほしいと願っています。
新刊ご購読ありがとうございました。
またお目にかかる折には、どうぞよろしくお願いします。
Posted by 篠原@歳月堂 at 2015年05月16日 04:25
篠原@歳月堂さん、歳三忌お疲れ様でした(^0^)
お会いできて良かったです。
また新刊も拝読させていただきました。
「なるほど〜」と思う所がいろいろあって面白かったです。
また何か気になるものがあったら
活字にして発表していただければと思います。

日野市内もいろいろと変わった所があります。
でも「ここは?」と思う所には必ずといっていいほど、
過去に面白い話があり、興味は尽きません。
石田寺の周辺も、かつては田んぼばかりでしたが、
だいぶ様子が変わってしまいました。
それでも探せば名残りの場所はあるので、
それだけでも消えずにいてくれたらと願うばかりです。
Posted by ルンちゃん at 2015年05月16日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: