2016年04月17日

2016年 勇忌


平成28年4月10日(日)に
第13回 近藤勇忌がありました。


今年もそんな時期が来たんですね。
直前になって、友人のKちゃんと連絡を取りあい、
今年も行ってきましたよ。


例年ですとほとんど散っている桜の花が、
今年はまだだいぶ残っていて、電車の窓から
優しい風景が見られます。


流山鉄道「平和台」駅で友人のSさんも合流し、
3人で楽しくランチをした後に、法要のある
長流寺へと向かいました


午後1時30分から本堂で法要の始まりです。
ご住職の読経が続く中、近藤勇の縁の方々から
焼香を行っていきます。


でも、今年は少し違っていました。
よほど時間がなかったのでしょうか、
読経が始まるとともに、ご子孫の挨拶も行われ、
せきたてられるように一般参加者も
焼香に向かったんですね。


そして2時には、法要終了。
例年も進行は早かったですが、
今年は特に落ち着かない感じが残りました^^;


会場を変えて、2時30分からは
流山福祉会館で講演会です。


最初に郡先生の詩吟です。
こちらは勇忌恒例の催しですね。
近藤勇の漢詩(後半部)を
朗々と謳いあげます。


その後は、河端照孝氏による講演会です。
テーマは「近藤勇の佩刀と首級の埋葬地」


内容は、伝近藤勇の佩刀といわれる
刀についての詳細と、
近藤勇の首にまつわる伝承についてです。


とても興味のあるテーマであり、
また実際の刀を見ながらのお話なので、
大変、有意義な時間でありました。


今回のお話は「新選組友の会」会誌
VOL.150にも詳細が写真入りで
載っていますので、手元に会誌を
お持ちでしたら、ご覧下さいね。


その後は、恒例の抽選会でしたが、
ご子孫や作家さんらの紹介コーナーはなく、
少しだけいつもと違う「第13回 勇忌」でした。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 23:13| Comment(0) | ・「勇忌」レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: