2016年07月26日

知りたいことがいろいろと


先日読んだ本は、
とても参考になりましたが、反面
知りたいことが沢山でてきて、
これから大変そうです。


私が読んだのは、
2016年1月に出版された本ですよ。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
新選組と刀 [ 伊東成郎 ]/河出書房新社


こちらの本はタイトルの通り、
新選組の刀にまつわるお話なんです。
お話は大きく分けると
次の四つの項目に分かれています。


第一章 近藤・土方の刀
第二章 幹部隊士と刀剣
第三章 剣さまざま
第四章 撃剣その後


「第一章 近藤・土方の刀」は、
近藤勇と土方歳三の刀についてのお話です。


近藤勇といえば、やはり虎徹の話ですよね。
あまりに有名な近藤の虎徹ですが、
彼の所有していた虎徹は、生家にはありません。
いったいどこに行ってしまったのでしょう?


そんな近藤の虎徹についてが
こちらの本に書かれていますよ。
この本では、江戸品川で手放したらしい
虎徹についての話などが載っています。


土方歳三の刀については、
現在、1振りは生家にありますよね。


でも、あのように
本人が手にした刀があるのは、
新選組では土方歳三くらいだそうです。
そういわれてみれば、
他の人の刀のゆくえは知らないですよね。


「第二章 幹部隊士と刀剣」は
沖田総司の菊一文字のことや、
山南敬助の赤心沖光のこと。
斎藤一の刀のことや、
原田左之助の鞘のことなどの
新選組の幹部の刀について書かれています。


「第三章 剣さまざま」では、タイトルの通り、
剣についての様々なことが書かれています。


例えば、文久三年初夏に
黒谷金戒光明寺で開かれた上覧稽古の様子や、
池田屋出動隊士の佩刀のことについて。また、
新選組のご用達研師についてなども書かれます。


ここで私が興味を持ったのは、
「人斬りの心得」という項目です。


といっても、その項目自体に
興味を持ったわけではありません。
そこに私が今、興味を持っている
「大菩薩峠」の小説を描いた
中里介山のことが書かれていたからでした。


「大菩薩峠」を描くにあたっての
取材ノートというのがあったらしいのです。
確かに物語を読んでいると、
気になる部分が幾つか出てきたのですが、
取材ノートの存在に「なるほど」と
思い当たる部分がありましたね。


「第四章 撃剣その後」は、
新選組に斬られた人々のことや、
新選組内の撃剣師範たちのことなどが
書かれています。


鍔についての新選組のこだわりや、
斎藤一の妻である時尾さんの情報など、
伊東成郎氏の発見は毎度のことながら、
よくぞいろいろと探し出して下さいました
という感じです。


ここで紹介されているお話は、
本文にもあるように、そのすべてが
事実というわけではありません。
確証のある部分と、ない部分の
両方が載せられています。


これからの研究の余地はいろいろあるようですが、
過去にこのような話があったということが、
面白い部分でもありますね。


私自身もこの本を読んで、
中里介山のことをもっと調べようと思ったように、
この本を読むことで、自分の興味が
膨らんでいくことと思います。


どうぞ機会があったら、あなたも
この「新選組と刀」を読んでみて下さいね

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
新選組と刀 [ 伊東成郎 ]/河出書房新社


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 00:07| Comment(0) | 新選組の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: