2016年10月02日

井上源三郎資料館


多摩の史跡案内  〜その15〜

            井上源三郎資料館(源三郎生家)



新選組六番隊組長だった 井上源三郎の生家です。
平成16年1月10日に資料館として公開されました。


誠が目印!
誠が目印! posted by (C)ルンちゃん
この土蔵が目印!


土方歳三や源三郎の手紙や、
泰助(源三郎のおい)松五郎(兄)らの書状、
近藤勇が松五郎に贈ったという刀
「大和守源秀国」等が展示されています。


井上家の遠祖は井上掃部頭といい
室町時代初期には,駿河国に
住んでいたようです。


今川氏に仕えていたところ
桶狭間で主人は信長に討たれ、
後に甲斐の武田氏に仕えていると
またしても信長に滅ぼされ、
武蔵国日野本郷に移住し、
今の地に定住したといわれています。


井上家の三男だった源三郎は
家督は継ぐこともなく、
他家への養子にいくこともなく
日々農作業と剣術修行に
明け暮れていたことと思われます。


それが1863(文久3)年2月の
浪士隊上洛に、日野の人々と応募し、
人生を一変させたのは
みなさんご存知の通りです。


昭和になって、日野に在住していた
郷土史家の谷春雄氏(故人)が、
地元の新選組話に興味を持ち、
一番最初に調べ始めたのが、
こちらの井上家です。


昭和38年、当時存命の
井上家のお婆さん(泰助の息子の嫁)から、
泰助が叔父の源三郎の首を持って逃げ、
途中あまりの首の重さに、
どこかの寺の門前の田んぼに埋めた
という話も、その時に聞いたものです。
注…近年になって、その場所が判明しました


その後、井上家の土蔵を調べたところ、
歳三や源三郎の書状等、
新選組の関連史料が多数出てきました。


その土蔵が改装されて
資料館となっていったのです。


司馬遼太郎の
「新選組血風録」や「燃えよ剣」では
腕の未熟な風采の上がらない人物として
描かれていましたが、
実際の源三郎は剣の達人なんですよ^^


その証拠に「井上源三郎資料館」には
彼の免許皆伝書が残されています。
資料館に行ったときには
是非確認して欲しいですね!


井上源三郎資料館
住  所:東京都日野市日野本町4−11−12
開館時間:10:00〜16:30
開館日 :毎月第1・第3日曜日
     団体の場合は臨時開館も行うそうですので、
     問い合わせてみてください

※開館日、時間は変更する場合もあると思いますので、
 おでかけの際は確認くださいね。

源三郎さん宅へ
源三郎さん宅へ posted by (C)ルンちゃん

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 22:06| Comment(0) | ・多摩の史跡案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: