2016年10月05日

若宮八幡神社

多摩の史跡案内  〜その12〜

              若宮八幡神社

延宝4年創建ともいわれ、
『武蔵風土記』にもその名が載る
由緒ある古社です。


祭神は仁徳天皇。
八幡神社祭神の応神天皇の皇子にあたり、
それゆえ若宮八幡の名の由来があります。


この地域に住み着いた者達が
この里を鎮め、豊かな実りを願いうため、
仁政の事績を行った仁徳天皇を
この地に祀りました。


若宮八幡神社は、
上石原の鎮守様なのです。


近藤勇はこの上石原の出身でしたので、
信仰篤い昔のことですから、きっと
幾たびもこの地を訪れたことと思います。


1868(慶応4)年、甲陽鎮撫隊として
江戸から甲府に向かった近藤勇たちは、
甲州街道を行軍しました。


その際、近藤は長棒引戸の駕籠、
土方は洋装で馬に乗り、
その行列はさながら
大名行列のようだったそうです。


近藤にしてみれば、故郷に錦を飾った
嬉しい行軍だったと察せられます。


その行列が
上石原村にさしかかったとき、
近藤は乗り物から降り、
若宮八幡神社の方角に向かって
拝礼したといわれています。
(一説には若宮八幡神社まで
      参拝に行ったとも)


昔の若宮八幡神社は
広い敷地を有していたそうですが、
今は縮小され、その聖域のみ
木々がうっそうと茂っています。


周辺と隔離された
不思議な雰囲気を
味わうことができます。


周辺はとても静かです。
住所は下石原ですが、
上石原の鎮守様です^^


若宮八幡神社
調布市下石原3−5−1
西調布駅より徒歩10分

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 00:15| Comment(0) | ・多摩の史跡案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: