2016年10月16日

幕末通の度合いは?

この前読んだ本は、
教科書には載っていないという歴史のお話でした。
自分の知らないことが、どのくらいあるのか、
ちょっと興味を持って読んでみましたよ。



教科書には載っていない!
幕末の大誤解 [ 熊谷充晃 ]


まずは目次を見てみましょう。
大きくわけると、こんな感じです。


第一章 あの英雄たちの意外な素顔
第二章 歴史を変えた大事件の舞台裏
第三章 こんなに凄かった! 江戸幕府
第四章 仰天! 幕末の裏エピソード
第五章 維新史に埋もれた偉人たち


幕末のお話なので、新選組も載っていましたよ。
新選組のお話は9話目と12話目と
36話目に載っています。


9話目のお話は、「意外に進んでいた新選組」
というもので、新選組のよく知られている話が
載っていました。


12話目は「池田屋事件は維新を遅らせた?」
という話です。池田屋事件に関しては、
維新が遅れたとか、逆に早まったとか
いろいろないわれ方をしていますよね。


この本では、大胆にも池田屋事件は
維新史にはたいした影響は与えなかった
という見解でありました。


新選組ファンのルンちゃんとしては、
池田屋事件はやはり新選組の見せ場ですし、
彼らには大いに活躍して欲しいので、
時代も左右したといわせたいところなんですが、
本当のところはどうなんでしょうね〜。


36話目は「数奇な人生を歩んだ斎藤一」です。
斎藤さんについては近年、
いろいろなことがわかってきましたよね。


新選組を調べていると、
彼ばかりが数奇な人生ともいえない気もしますが、
ここでは代表として斎藤さんが登場していると思って、
読んでみるといいです。


他にも幕末の話が全40話載っているので、
いろいろ楽しめます。


「第一章 あの英雄たちの意外な素顔」には、
9つのお話があって、坂本龍馬スパイ説とか、
へタレの勝海舟とか、大村益次郎が死んだ理由とか、
載っています。


「第二章 歴史を変えた大事件の舞台裏」には
先の池田屋事件の話や、桜田門外の変、
生麦事件の話などの大きな事件の話が載っています。


個人的に好きなのは、
「第三章 こんなに凄かった! 江戸幕府」
幕府側にいた人物を取り上げて書かれています。
幕府方にだって有能な人物はいっぱいいたのだ。
そんな人たちについてかかれている項目が
この第三章なんです。


第四章 仰天! 幕末の裏エピソード」
「裏」という字がつくくらいなので、ルンちゃんも
知らない話がいっぱいありました。
中にはひどい話もあり、ちょっと考えさせられましたね


気を取り直して
「第四章 維新史に埋もれた偉人達」は、
再び幕府側の人々、ブリュネや新島八重、
小栗忠順らが登場しています。斎藤一さんが
登場するのも、こちらの項目です。


面白かったのは、
米国でアイドルになったという
日本人の少年のお話。
どれだけ有名になったのか、
もっと詳しく知りたかったですね。


幕府側の話はほとんどが知っている話でしたが、
薩長側の話では知らない部分もあり楽しめました。


あなたも、どうぞ教科書には載っていない
この本の中のお話を読んでみて、
自分がどのくらい幕末通なのかを
確認してみて下さいね。



教科書には載っていない!
幕末の大誤解 [ 熊谷充晃 ]

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 22:48| Comment(2) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しています。

米国でアイドルになった「プリンス・トミー」こと立石斧次郎について、もっとも解りやすく詳しいのは、みなもと太郎著
『風雲児たち 幕末編』22巻〜23巻
ではないかと考えます。
どこかでお目にする機会があれば、ご一読ください。

Posted by しんぼり@歳月堂 at 2016年10月23日 23:03
しんぼり@歳月堂さん、いつもありがとうございます。

「プリンス・トミー」こと立石斧次郎さん、
意外と本など出ているようですね。
(私が知らなかったというだけでしょうが…)
これを機会に調べてみたいと思います。

「風雲児たち」も全部は読んでいないので、
機会を見つけて読んでみたいと思います。
情報ありがとうございました。
Posted by ルンちゃん at 2016年10月26日 11:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: