2016年12月05日

江戸の面白い商売がわかる本


本当に江戸の浪人は傘張りの内職をしていたのか?
山田順子著


上記の「本当に…」は私の言葉ではなく、
本のタイトルなんですよ。長いですよね〜


この本は、時代考証をされている著者が、
その立場を通してみた江戸時代の
職業紹介の本なのです。


時代劇で見る職業の代表的なものは、
クマさん、ハッつぁんが登場する大工さんや、
魚などを行商する人たち、浪人ならば
傘張りなどがありますよね。


でも、実際には他にも
沢山の職業があったのです。


ただ、お茶の間に見せるには、
どうしても「絵柄(見栄え)」の問題や
予算の関係で、描けない場合も
多々あるようなんですよね。


そんな、時代劇で出てこない職業も含めて
「江戸時代にはこんなものがあったんですよ」
と紹介しているのが、こちらの本なのです。


実際問題、浪人は傘張りだけ
していたわけではありません。
他にもやろうと思えば
いろいろできたようですし、
それに傘張りに適していた人達も
いたようです。 


また今、私たちの世界でもいろいろなものが
リサイクルされるようになりましたよね。
でも実は江戸時代には、もっとリサイクルが
充実していたのです。


え〜っ?!
こんなものもリサイクルされていたの?
というようなものも登場していて
面白いですよ。


お話は大きく7章に分けられています。
第一章 江戸時代でも公務員は憧れの職業?
第二章 粋で、いなせな生活が見える!?
    庶民のお仕事
第三章 時代劇では描けない、その職業の裏の裏
第四章 一攫千金を狙って!
    知恵を絞ったアイデア系お仕事
第五章 周囲から尊敬を集める「先生」
    と呼ばれる職業
第六章 江戸百万人の腹を満たす、フード産業
第七章 江戸の庶民を魅了した、
    ファッションリーダー的職業



現代の不景気な、「平成」という時代、
江戸時代の職業を知ることで、
もしかしたら不景気さから抜け出せる
新しい発見ができるかもしれません。


もちろん発見がなくても、
読むだけでも面白いので、
機会があったら、読んでみて下さいね


あっ、それからこの本、何気に
清河八郎や、山南敬介などの名前も
登場していますよ。


清河さんに至っては、二度登場しますが、
最初の部分は、なぜか商人として
登場しています。
(たぶん間違いだと思うのですが…)


そんな部分を確かめてみるのも
新選組好きには面白いかもです

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                               
posted by ルンちゃん at 12:38| Comment(0) | 新選組の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: