2017年04月14日

勇忌に行ってきました

平成29年4月9日(日)
流山で行われた「第14回 近藤勇忌」に
行ってきました


今年の勇忌は、
桜もまだ満開の時季で、
とても清々しい感じです。


ただし、雨の中での
法要でしたけれどね。
雨で寒かったせいか、例年よりも
人も少なかったような気もします。


法要は午後1時30分より
行われました。
場所は千葉県流山市。
流山電鉄線の平和台駅から
歩いて10分位にある
「長流寺」というお寺です。


毎年、この「長流寺」で
近藤勇忌は行われます。
第1回目はとても寒かったのを
覚えています。


雨と寒さのせいで、道すがら
第1回目の時のことを
思い出してしまったのでしょうね。
それでも、今回の方がよほど暖かい
ですけどね。


今年もいつものように、
Kちゃんと一緒に流山に行きました。
法事の前の昼食は、昨年と同じ
近くのファミリーレストランで。


去年ご一緒したSさんは
用事があるとかで、今年は一緒に
食事はできないと思いきや、
用事が早く済んだそうで、
偶然にもファミレスで合流。
良かったです


法事の時間が来るまで
3人でゆっくりお食事をして。
そして時間になり、長流寺へ。


長流寺では例年ですと、本堂の前で
しばし立ち話となるのですが、
今年は雨の為すぐに本堂へ入ります。


流山の方としばしご挨拶。
近藤勇や佐藤彦五郎のご子孫の方々も
いらっしゃいました。


法要は午後1時30分から開始され、
ご子孫の方々、流山の市長さんらの
ご焼香の後、一般の私たちの焼香と
進んでいきました。


法要が終わると、すぐに場所を
講演会場に移します。
場所は流山市福祉会館。
長流寺から徒歩3分程の所です。


講演会は午後2時30分から始まりました。
今回の講師は、元出版社の方で
司馬遼太郎氏が燃えよ剣を書かれていた
当時のご担当の方です。
(あえて名前は書きませんが)


ご担当者ならではの、
当時の司馬先生の様子や
司馬先生に関する周りの評価など
いろいろお話されていました。


途中、講演会場にいる人からの
質問なども受けながら、
あっという間に時間は
過ぎていきました。


その後は本の執筆者の方々の紹介、
そして、抽選会へと続きます。


今年はなんと、
珍しくも本が当たった!
(いつも小物ばかり
 当たっているのですけどね)


Kちゃんも本が当たったのですが、
既に持っている本とのことで、
それで私の当たった本と交換しました。
(私はどちらも持っていなかったので)


というわけで、今年の勇忌参加も
無事終了し、来月の歳三忌での
再会を約束し、会場を後にしました。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る


posted by ルンちゃん at 00:35| Comment(1) | ・「勇忌」レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてご連絡させて頂きました。
私、株式会社スプリックスの島貫と申します。
突然のご連絡で大変失礼致します。

ルンちゃん様のブログを拝読させいていただきました。近藤勇の法要に一般の方も参列できるのに驚きました。様々なジャンルから新撰組について書かれていて興味深く読み入ってしまいました。

弊社では、学校の先生方向けに授業準備のための無料情報サイト 「フォレスタネット」を運営しております。
この度、貴ブログに投稿されている記事の数々を拝見し、 是非私共にお力をお貸し頂けないかと思いご連絡致しました。

「フォレスタネット」は全国の先生方が実践等を共有し合うことで 先生方の授業準備をご支援するサイトです。
総数10万点以上の教材や実践例等の情報を掲載させて頂いております。
他にも、授業内で使える小噺、小ネタも掲載しております。

しかし、全国の先生をご支援する為に より多くの情報を揃えていきたいと思っております。
つきましては、貴ブログにございます記事について、 是非フォレスタネットへ掲載させて頂けませんでしょうか。
掲載作業の一切は全て我々の方で進めさせて頂き、管理人様のお手間はとらせません。
また、記事を掲載する際の名義は管理人様の名義のまま掲載させて頂きます。
歴史の授業は暗記科目と呼ばれたり、教科書通りの授業進行になりがちだといわれます。
そんな中、歴史の人物にスポットを当てたり、教科書だけでは知り得ない場面を 取り上げる事で、歴史に思いをはせる子ども達が多くなっていくはずです。

ご不明な点も多々あるかと存じますので、何なりとご質問頂ければと存じます。
この度は突然の不躾なお願いとなり、大変申し訳ございません。
ご検討の程、何卒宜しくお願い申し上げます。
ご連絡いただける際は下記のメールアドレスまでお願い致します。
r.shimanuki@sprix.jp
Posted by shimanuki at 2018年09月03日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。