2017年06月02日

奥多摩温泉もえぎの湯

最近の私の「マイブーム」は温泉です
といっても、遠くには行けないので、
家から比較的近場の日帰り温泉に、
入りに行くのが、楽しみになっています。


「日帰り温泉」って増えましたよね。
私の会社の近くにもできたし、高尾山にもある。
調べてみたら、本当に多くてビックリです。


そんな日帰り温泉。
いろいろ行くうちに、どこがどこだか
わからなくなってきたので、
私なりにまとめてみることにしました。


備忘録ではありますが、
もしあなたが日帰り温泉に行く時には、
参考にしてもらえると嬉しいです


さて、今回は奥多摩にある
もえぎの湯」に行ってみました。
JR奥多摩駅から、徒歩で10分位の所にありますよ。


ここは、日本最古の地層といわれる
古生層から湧き出ているという
奥多摩温泉の源泉100%の温泉だそうです。
泉質はメタほう酸・ふっ素の湯。


山の中なので、登山の帰りに訪れる人も
多いようです。それから近くの
奥多摩湖(小河内ダム)に遊びに来た
帰りに寄る人もいるみたいです。


車でいくつかのトンネルを超えて、
青梅方面からですと
新氷川トンネルを出てすぐ、
左側の側道にある温泉です。


もえぎの湯の看板
もえぎの湯の看板 posted by (C)ルンちゃん


側道をしばらく行くと、足湯の場所へ。
駐車場は、その足湯の手前にありますよ。
収容車数40台くらい。


足湯もあります
足湯もあります posted by (C)ルンちゃん


足湯だけだと足湯は有料になりますが、
もえぎの湯(体を洗うほう)を利用すると
無料になるようです。


もえぎの湯
もえぎの湯 posted by (C)ルンちゃん


こちらが浴室のある所。
場合によっては割引もあるので、
しっかり確認しておきましょう。
ちなみに私はJAF会員なので、会員証の提示で
100円割引になりました


お風呂は上流風呂と下流風呂というのがあって、
男湯と女湯は月替わりになっています。
上流風呂と下流風呂は若干の違いがあります。


例えば上流風呂は、
内風呂から露天風呂へ至る道は
階段を下りていくとか。
その途中に、洗い場が3つあるとか。
(内湯の方にメインの洗い場がある)


露天風呂の景色は、木々に覆われています。
森林浴のできる感じですね。
もう一方の露天風呂は川の様子も見られました。


そしてお風呂を上がった後も楽しいです。
それはお食事です。42畳という
広めのお座敷とテーブル席がありますよ。


川魚の定食
川魚の定食 posted by (C)ルンちゃん


川魚が名物なので、
イワナのお刺身などが食べられます。
写真は焼き物です。これもまた美味しい。


おススメは本ワサビのたっぷり盛ってある
根っ辛そば
こちらに来たのは2度目でしたが、
実はこのお蕎麦が食べたくて、
再度来たのでした


わさびが効いてます
わさびが効いてます posted by (C)ルンちゃん
私が食べたのは蕎麦ですが、うどんもあります。


でも、ご注意を。
人気メニューなので、なくなるのが早いです。
川魚料理も早く売り切れてしまいます。


私が2度目に行った時も、
お目当てのものはすべていただけましたが、
川魚のお刺身も私が最後でしたし、
後で見たら、根っ辛そばも売り切れていました。


岩魚のお刺身
岩魚のお刺身 posted by (C)ルンちゃん


私はいつでも快適に過ごせていますが、
時間や季節によっては、人が多くて
お風呂も洗い場が満席だったり、お料理も
売り切れていたりすることがあって、
不満な思いをする人もあるようです。


満足して帰りたいなら、
早い時間からの利用がベストですよ。

⇒ もえぎの湯HP


というわけで、最初のご紹介は
もえぎの湯でしたが、まだまだ他にも
行ってきましたので、また紹介しますね。
よかったらまた、見て下さいネ

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
【関連する記事】
posted by ルンちゃん at 00:04| Comment(0) | 日帰り温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: