2017年07月22日

富士山を眺めながら

今回は少し遠出をして、
山中湖近くの温泉に行ってみました


山中湖温泉 紅富士の湯
紅富士の湯入口
紅富士の湯入口 posted by (C)ルンちゃん


この温泉は、
私の大好きな温泉のなかの
ひとつなんです。
どんなところがいいかというと、
まずは眺めでしょうか。


銭湯に行くと、浴槽の壁の部分に
「富士山」の絵が描かれていることが多いですよね。
こちらの景色は、絵じゃなくて
正真正銘の本物の「富士山」なのです。


その富士山が、
内湯からも外湯からも見られるのです。
特に内湯からの富士山の眺めは、
間に隔てるものが何もなく(窓はあるけど)
富士山を独り占めした気分になれるので、
とても気持がいいのです


こちらの温泉の成分は、
水素イオン濃度が10.3PHの
高アルカリ性単純温泉です。
入った感じは、サッパリしていて
透明なお湯ですよ。


建物の入口に、
源泉を触れることができる場所があるのですが、
そちらで触って匂いを嗅いでみると、
微かに硫黄の匂いがします。でも、
湯船に浸っているときには、
ほとんどその匂いには気付きません。


内湯は大浴場と、泡のお風呂。
そしてミストサウナと普通のサウナ。
露天風呂はぬる目の「檜の湯」と
少し熱めの「石の湯」がありますよ。


湯の中の石の上に座って、
半身浴を楽しみながら、富士山を見るのは、
とても贅沢な味わいです。これが入るたびに
いい気分にしてくれるのです。


そしてお風呂に入った後の食事も、
とてもいいですよ。「カニの雑炊」や、
本格的に焼いた海老の焼き物。
その他、メニューは豊富です。


なんですが、ついつい美味しい物に
目がくらんで、さっさと口に運んでしまうので、
写真を撮らずにいてしまうことが多いのです。


そんな理由から、
今回の美味しそうな料理の写真は
ありません。


あっ、でも、かろうじて撮ったのが、
こちらの写真。
玉子かけごはん
玉子かけごはん posted by (C)ルンちゃん


毎回食べてしまう「卵かけご飯」なのです。
この日も、べつに美味しいものを食べたのに、
最後にはこれを注文していました。


お味噌汁や香の物もついて、しかも
イカの塩辛じゃなくて、魚の内臓を使った
「酒盗」もついてくるのが、なんとも
通な感じなんですよね


こんな風に、
お湯も、お食事も満足させてくれる
「紅富士の湯」ではありますが、実は
まだまだ未体験なものがあるのです


実はこちらでは、12月から2月の
土・日・祝日の日の出の直前に、
冠雪した富士が太陽に赤く染まる
「紅富士」が見られるのです。
これはさすがに、まだ未体験なんですよね。


また11月20日前後の15時20分頃には、
ダイヤモンド富士も、見ることができるのです。
(1月20日前後の15時40分頃も)
でもこちらも、まだ見たことはありません。


こんな風に、いろいろ体験ができる温泉が、
この山中湖温泉 紅富士の湯なのです。
ステキな経験ができるかもしれない
こちらの温泉に、また来てみたいです!


おまけの写真
山中湖の富士山
山中湖の富士山 posted by (C)ルンちゃん
紅富士の湯の写真が少ないので、
こちらも載せて見ました。

⇒ 山中湖温泉 紅富士の湯 HP
山梨県南都留郡山中湖村山中865−776

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
posted by ルンちゃん at 00:38| Comment(0) | 日帰り温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: