2017年08月02日

いやしの湯


道志の道(山道)から山中湖方面に行く時も、
また甲州街道方面にでかけた時も、
少し遠出をした帰りに立ち寄るのに
ちょうどいい温泉です


初めて来たときは、
山をどこまでも下っていくので、
どこまで行くのかな〜って思ったものですが、
その温泉は川の近くにありました。


いやしの湯の入り口
いやしの湯の入り口 posted by (C)ルンちゃん
日曜日には、近所の農家さんの野菜なども
販売していますよ。



温泉施設にあったチラシによれば、
この「いやしの湯」は
日本で極めて「稀(まれ)」な
源泉なんだそうです。


なにが稀なのでしょう?


日本列島の下にある4つの大陸プレートが、
重なり合って隆起し「丹沢山地」を核にしている、
約500万年前の地下深くの石英石英閃緑岩の裂け目に沿って、
長い年月をかけてできた天然温泉だそう。
(詳しくはいやしの湯 HPをご覧ください)


硫酸塩素系の低張性アルカリ性温泉で、
9.22PH。特に匂いもなく、
さらりとしている温泉です


内湯には、ひのき風呂・岩風呂・
源泉風呂があります。
源泉風呂はぬるいので
のんびりと入るのが気持ちいいですよ。


そして露天風呂は、ひのき風呂。
それから岩風呂。


大まかに分けると
「ひのき風呂」のある方と、
「岩風呂」のある方に分かれますが、
1週間ごとに男湯と女湯とが入れ替わるので、
何度か行くと両方楽しめるというわけですね


この日はひのき風呂のほうに入りましたが、
丁度良いタイミングで、露天風呂では
誰もいない貸切(のような)状態になって、
ひとりでのんびりと、ひのき風呂を
満喫することができました。


ただ、洗い場はそんなに多くはないので、
込んでいると並ぶこともあるのかもしれません。
この日は並ぶことはありませんでしたが。


並ぶといえば、お風呂を出た後の更衣室の
ドライヤーは4つ位しかないので、これは
並びました。できればもう少し
ドライヤーを増やすとか考えて欲しいですね


お食事はいろいろ楽しめますよ。
この日はすごくお腹がすいていたので、
真っ先にカレーライスを注文してしまいました。


※前回の温泉紹介の際、
 食べ物の写真が少なかったので、
 今回はたっぷりお見せします


カレーライス
カレーライス posted by (C)ルンちゃん


焼きなす
焼きなす posted by (C)ルンちゃん


ミョウガです
ミョウガです posted by (C)ルンちゃん


こちらは私の好物のゴボウの揚げ物。
ゴボウ本来の臭みもなく、また程よい口当たりです。


ゴボウの揚げ物
ゴボウの揚げ物 posted by (C)ルンちゃん

油揚げ
油揚げ posted by (C)ルンちゃん

中身はチーズ
中身はチーズ posted by (C)ルンちゃん


気になったのは、このチーズ揚げ。
周りは粒々になっていて、中は温かいチーズでした。


こちらの温泉の近く(というか、お隣り)には、
宿泊施設(コテージなど)や、
テニスコート、それから「やまびこホール」
と呼ばれる音楽ホールもあるんですよ。


家族連れの他にも、学校や職場の
クラブの集まりなどにも
利用できる感じの所ですよ。
クラブ活動の後に、
のんびり温泉もいいですね〜


いやしの湯
神奈川県相模原市緑区青根844
TEL 042−787−2288

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
posted by ルンちゃん at 00:09| Comment(0) | 日帰り温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: