2017年08月05日

本田家のこと

2017年8月3日の
読売新聞の多摩版を読んでいたら、
「本田家住宅」のことが書かれていました。


「本田家住宅」とは、国立市にある
国登録有形文化財に指定されている
旧名主屋敷のことです。


新選組が好きな方なら、
土方歳三さんの親戚の家で、
歳三さん自ら書を習いに来ていた場所
ということでご存じでしょうね。


その屋敷の門である「薬医門」と「主屋」が、
今回、国立市に寄贈されるという記事でした。


「本田家」には、
先代の奥様がご健在だった頃に、
何度かお邪魔させて
いただいたことがあります


ですから、新聞に載っていた写真を見て、
とても懐かしく感じました。


本田家の主屋はとても重厚な感じで、
二階には歴史を感じる場所があります。
まだ暖炉の名残もあって、
とてもいい場所でした。


「ここで歳三さんが○○したのでは?」
なんて想像することができて、
とてもいい空間だったのです。


ただ、中に入るとよくわかるのですが、
家がだいぶ傾いていて、このままでは
今後の保管が難しいのではと
実感しました。


今回の寄贈にあたっては、
主屋の柱の傾いだ部分などを
改修した上で、保存するそうですよ。


しかも公開もするとのことで、
今年の東京文化財ウィークである
10月28日〜11月5日に
行われるようです。


私もあの本田家がどうなったか
とても気になるところなので、
絶対に訪問するつもりです。


あなたも、興味があったら
行ってみて下さいね。
もしかしたら、あなたも
土方歳三さんを感じることが
できるかもしれませんよ

⇒ 読売新聞の記事はこちら

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
posted by ルンちゃん at 11:47| Comment(0) | 新選組インフォメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: