2017年08月13日

「大菩薩峠」20巻を読み終えた


以前にお伝えしていた
中里介山の大菩薩峠(全20巻)を
読み終えました


大菩薩峠/中里介山著
富士見書房



途中で飽きるということは
ありませんでした。でも、
じっくり読みたかったのと、途中で
別の本と平行して読んでいたもので、
意外と時間がかかってしまいました。


それでも、想像していたよりも
ずっと面白かったですよ。


「大菩薩峠」は中里介山が、
1913(大正2)年から
1941(昭和16)年という
長い歳月の間に書いた
大衆小説の魁ともいえる物語本です。


お話は安政5年の
青梅街道から始まります。主人公は
机龍之助(つくえりゅうのすけ)。


龍之助は、この物語のタイトルでもある
「大菩薩峠」のふもとにある沢井道場の
跡取り息子です。「音無しの構え」という
独自の技を使う剣の達人でもありました。


それだけなら「かっこいい♪」
って思うところなんですが、この御仁
大菩薩峠の頂上で、なんと罪のない
年老いた巡礼を一人、
斬り捨ててしまうのです


そして、机龍之助はもちろん、
殺された老巡礼の孫娘・お松や
その孫娘を助けた怪盗七兵衛、
それらの人々の行方を描いて始まるのが
「大菩薩峠」なのでした。


机龍之助はその後、
御岳神社の奉納試合で
宇津木文之丞という男と
試合をします。


文之丞には内縁の妻お浜がいましたが、
お浜は試合の前に龍之助に、
文之丞の妹だとウソをついて会い、
「この試合で負けて欲しい」と
龍之助に頼みます。


しかし、彼は聞き入れるどころか、
お浜を手篭めにしてしまうのです。


そして試合では、宇津木文之丞が
龍之助の刀に破れ、命を失います。
龍之助はお浜を連れて江戸へ向かいます。


その龍之助を、今度は
文之丞の弟の兵馬が、兄の仇と
龍之助をつけ狙うのでした。


龍之助は宇津木兵馬から
果し合いの書状を受け取るも、
それを無視して京都へと旅立ちます。
それより前、お浜を自分の刀で
斬り殺してしまう龍之助。


こうして龍之介は、次々と殺人を
冒していくのです。
もう最終話までには幾人殺したのか
わからないほどです。


ちなみに「大菩薩峠」
全20巻(42項目)は
下記の通りとなっていますよ。


第 一巻(甲源一刀流の巻)
第 二巻(龍神の巻)
第 三巻(女子と小人の巻)
第 四巻(如法闇夜の巻)
第 五巻(道庵と鰡八の巻)
第 六巻(小名路の巻)
第 七巻(無明の巻)
第 八巻(他生の巻)
第 九巻(流転の巻)
第 十巻(めいろの巻)
第十一巻(鈴慕の巻)
第十二巻(畜生谷の巻) 
第十三巻(勿来の巻)なこその巻
第十四巻(不破の関の巻)
第十五巻(白雲の巻)
第十六巻(胆吹の巻)
第十七巻(恐山の巻)
第十八巻(農奴の巻)
第十九巻(京の夢おう坂の夢の巻)
第二十巻(椰子林の巻)



この物語に、
じつは新選組も何度か登場します。
その中でも色濃く登場するのが、
その第一巻の中の3項目。
「壬生と島原の巻」ですよ。


ここでは龍之助は、芹沢鴨と
昔からの知り合いなんですよね。
京都で龍之助は、その芹沢鴨を訪ねます。
そして芹沢に頼まれて近藤勇を
暗殺することになるのですが…


龍之助と新選組との関わりは、
その項が一番濃いのですが、
その後も新選組の隊士たちは、
各場面で登場します。


思いもしないところで
土方歳三や沖田総司らが登場していますし、
後半では油小路の事件も描かれていて、
目が離せません。


そんな風に新選組が登場するので、
飽きもせずに、最後まで
楽しく読めたわけですけど。


でも全体的には、
机龍之助が出会った人物や、
宇津木兵馬が出会った人物などが
どんどん増えていくのです。


登場するそれぞれの人物の行動を
細かく書き上げているので、
場面がいくつも変わって読むのが大変です。


それで、お話も
主人公の机龍之助だけの話では
なくなっていきます。


しかも、こんなに登場人物が出てきて、
いろいろな場面が多数出てきて、
お話はどうなってしまうのかしら?
と思ったところで、
物語は終わってしまうのです。


実はこの「大菩薩峠」は「未完」なのです。
著者が腸チフスに罹り他界してしまったので、
登場人物たちは、旅の途中のまま、
永久に旅したままなのです。


そんなお話ではありますが、
著者が多摩地方の方であり、
史跡なども残っているので、私の中では、
とても記憶に残る作品でもあり、
著者さんでもあるのです。


さて、「大菩薩峠」全20巻は
読み終えてしまいましたが、まだ、
高尾山にあったという介山先生の
居住跡も確認していません。


また、物語に登場する
大菩薩峠にも登っていませんので
(介山先生ゆかりの碑などがあるらしい)
まだしばらく、私の大菩薩峠熱というか、
介山熱は冷めそうにありません^^;


そんなわけで、
また上記のどちらかを訪ねたときに
お話しようと思います

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
posted by ルンちゃん at 22:12| Comment(0) | 中里介山の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: