2017年10月29日

つるつる温泉


東京都日の出町には、
「つるつる温泉」という温泉があります。


つるつる温泉の看板
つるつる温泉の看板 posted by (C)ルンちゃん


フルネームだと
「生涯青春の湯 つるつる温泉」といいます
ネーミングが面白いですよね。


こちらの温泉は、JR線「武蔵五日市」駅から、
山の方へ向かった場所にあります。
駅からですと車で15分位でしょうか。
登山をしてきた方なども、
多く入りに来る温泉です。


JR線「武蔵五日市」駅からなら、
専用の路線バスも出ているんですよ。
それがこちらの「青春号」です。

つるつる温泉名物
つるつる温泉名物 posted by (C)ルンちゃん

つるつる温泉のバス
つるつる温泉のバス posted by (C)ルンちゃん

ねっ! かっこいいでしょ。
特注品なんだそうですよ。


そしてこちらの温泉は、アルカリ性単純温泉。
無色透明で、クセのないお湯です。


「和風風呂」通称・美人の湯と
「洋風風呂」通称・生涯青春の湯があって、
奇数日と偶数日で男女の利用が変わります。


私が行くときは偶然にも、
いつも洋風風呂の時です。
ですから露天風呂はひのき風呂を
使わせてもらっています。


ただ、ひのき風呂も気持いいですけど、
和風風呂にある露天岩風呂にも
入ってみたいと思っています。


この「つるつる温泉」の好きなところは
もうひとつ、お食事処にオリジナル料理が
多い点です


一番のおススメは、
「秋川牛の朴葉味噌焼き定食」です。
地元の牛を使い、素朴ながら
しっかりした味わいの一品です。

朴葉みそ焼は限定品
朴葉みそ焼は限定品 posted by (C)ルンちゃん


朴葉味噌とお肉とが絡まって
とても美味しいですよ
でも数量限定なので、早めに注文しないと
食べられないことも多いです。


初めてこちらを訪れた時には、
それを知らなかったので、
食べようと思ったときには
既に売り切れでした。(すごく残念でした) 


ですから2回目以降は、
「食べたい!」と思った時には、
お風呂に入るよりまず食事にして、
充分朴葉味噌を味わった後に、
のんびりお風呂に入るようにしています


他にも「赤いキツネ」ならぬ
「赤いうどん」がありますよ
見た感じは辛そうなんですけど、
赤い正体は実はタップリ入った
トマトなんです。


赤いソバ
赤いソバ posted by (C)ルンちゃん


トマトもこちら日の出町の名産だそうで、
夏の季節には、美味しいトマトの単品も
味わえますよ。


他にも、まだ食べたことはありませんが、
釜飯もあります。五目釜飯・山菜釜飯・あさり釜飯
とありますが、注文した皆さんが美味しそうに
召し上がっているので、私もぜひ
食べたいと思っています。


お食事処は2箇所あって、ひとつは和室の
足も投げ出せてくつろげる所。
もうひとつは「パノラマ食堂」といって、
ぐるりと外が見渡せる洋室の
とてもステキな空間です。


お気に入りの店内
お気に入りの店内 posted by (C)ルンちゃん


お風呂からあがった後は、
こちらの「パノラマ食堂」で、
アップルパイ&アイスなどを
いただくのが、私のお気に入りです。


アップルパイ&アイス
アップルパイ&アイス posted by (C)ルンちゃん


なんて、食べてばかりのルンちゃんですが、
それは遠出した感がたっぷりの場所なので、
とてもくつろいでしまうからなんですよね。
それでついつい食も進んでしまうのです。


まあ、百聞は一見にしかず。
機会があってこちらにお立ち寄りの際は、
どうぞ存分にくつろいでみて下さいね


生涯青春の湯 つるつる温泉
⇒  つるつる温泉HP
東京都西多摩郡日の出町大久野4718

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                 
posted by ルンちゃん at 21:39| Comment(0) | 日帰り温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: