2017年12月18日

沖田総司になった理由

チョッと前に読んだ小説ですが、
タイトルだけだと新選組本とは
わかりませんでしたね。


でも2巻目の表紙を見て、
新選組本だよねってわかりましたよ。


「ただの少年は、
 いかにして沖田総司になったのか」


1巻の帯にある
その言葉が妙に気になって、
購入することにしました

月下におくる(上) (下) 
沖田総司青春録 (講談社文庫) [ 堀川 アサコ ]



この小説は、著者が
20代終わりの頃に書いた長編小説を、
大幅に改稿したものだそうです。


全2巻ですが、
1巻 己を模索する〈少年編〉
2巻 運命を生きる〈青春編〉

に分けられています。


1巻は、総司の9才頃からのお話で、
父が死んだことで、生活に困った母が
宗次郎(総司の幼名)に商家へ奉公に行くか、
剣術道場の内弟子に行くかを迫るところから
始まります。


結局、剣術道場に行くことを決意する
宗次郎ですが、それが
有名で立派な道場ではなく、
近藤勇のいる天然理心流の道場でした。


それでも、藤吉と奈江という
二人の遊び仲間もでき、
おおむね幸せに暮らすことができた
宗次郎でしたが。


宗次郎が12才の時に、大事件が発生します。
美少年の子供たちが次々
変死体で発見されたのです。


また、近くの旗本の家に嫁いだ
娘も同じように殺されました。
その事件により、宗次郎は
藤吉や奈江と別れることに
なるのです。


1巻では、そんな少年時代の話と、
壬生浪士組として京都で過ごす
総司の様子が描かれていますよ。


2巻では、芹沢暗殺の話。
そして、少年時代のイヤな記憶を
再び思い出させるような出来事も、
総司に襲い掛かります。


また、土方歳三に命令されて
自分の苦手とする探索の仕事も
行っていきます。


その仕事の中で関わっていく
佐伯亦三郎と浅野藤太郎という
2人の隊士。


2巻では、その2人と総司との関わりが
大きく描かれます。


また、島原の初雪や、
るゐという少女も
総司に関わる人達です。


この小説は、坂本龍馬暗殺の
チョッと前までで終わっています。


最後の部分は、総司自身の
少年時代を思い起こさせるような、
不思議な感覚に襲われる総司がいます。


前半は総司の少年時代のお話で、
創作部分たっぷりで面白く読めました。
後半は少し物足りなさも感じましたけど、
今までとは違った総司がいて、
それはそれで楽しめたと思います。


チョッと長めではありますが、
文庫本になっていますので、
通勤・通学の合間に読めますよ


どうぞ機会があったら、
読んでみて下さいネ。


月下におくる(上) 沖田総司青春録
(講談社文庫) [ 堀川 アサコ ]



月下におくる(下) 沖田総司青春録
(講談社文庫) [ 堀川 アサコ ]

posted by ルンちゃん at 00:04| Comment(0) | 新選組の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: