2018年01月14日

武蔵五日市七福神 その1

2018年の年が明けました。
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


さて、年始めは恒例の
「七福神めぐり」のお話です。
今年行ってきたのは
武蔵五日市の七福神ですよ。


武蔵五日市は個人的には、いつも行く
日帰り温泉がいくつかある所ですし、
以前は仕事でも来ていた場所なので、
全く知らない場所ではありません。


でもいつも車で立ち寄る場所なので、
歩きになると勝手が違いますね。
どこが違うかは後でお伝えするとして、
まずはコースの紹介からいたしましょう


大悲願寺(大黒天) − 正光寺(弁財天) −

下町地蔵堂(恵比寿天) − 番地地蔵堂(毘沙門天) − 

玉林寺(福禄寿) − 光厳寺(布袋尊) − 

得雲院(寿老人)



今回は、2回に分けて記事アップしますね。
それでは、まいりましょう♪


「武蔵五日市七福神」は
平成22年から始まったという
比較的新しい七福神ですよ。


御開帳は1月1日から1月3日まで。
時間は9:00〜16:00までです。
でも御朱印は1月末日までは受けられるようですよ。
但し、七福神のお姿が拝見できるのは三が日なので、
行くならやはり1日から3日までの方がいいですね。


三が日はJR線「武蔵五日市」の駅を出ると
すぐ左側に特設テントがあり、そこで
公式記念色紙を販売しています。


七福神の御朱印は、
この色紙以外は受付けないそうなので、
まずはこちらで色紙を購入しましょう。
色紙と一緒に貰える、コースの案内を手に出発!


駅からですと左方面にある
「大悲願寺」へと進みます。
案内用紙に載っている「モデルコース」ですと
「正光寺」が最初になっていますが、
私は距離が遠い方の「大悲願寺」へ
向かいました。


金色山大悲願寺(大黒天)
あきる野市横沢134番地
こちらのお寺は山門がとても立派です。
真言宗豊山派の寺院で、ご本尊は
大日如来様です。


大悲願寺の山門
大悲願寺の山門 posted by (C)ルンちゃん

こちらが大悲願寺です
こちらが大悲願寺です posted by (C)ルンちゃん


1191(建久2)年創建、
平山季重開基といわれているお寺です。
あれ? 平山季重様って
日野市平山の領主だった方ですよね。
有名な屋島の戦いや、壇ノ浦の戦いで
活躍された方ですね。


その平山季重様が
醍醐寺三宝院の僧を招いて開山したのが
こちらのお寺だそうです。
正式名称は「金色山吉祥院大悲願寺」


どこもかしこも立派ですが、
特に私が興味をもったのは、長屋門です。
この長屋門を見ていると、その昔
日野の佐藤彦五郎さん宅にあったという
長屋門を思い浮かべてしまいます。


大悲願寺の長屋門
大悲願寺の長屋門 posted by (C)ルンちゃん


大悲願寺の長屋門は今でも教室として
使用しているそうです。その中側を
外から拝見しながら、佐藤家の長屋門を
利用した道場を思い浮かべてみるのでした。


「門内に道場があった」というのが
昔は想像できなかったのですが、その後
長屋門は以外に広くて、倉庫や部屋など
いろいろな用途に使っていることを知ったのです。


ずっと見ていたい場所ですが、
先が長いので、もと来た道を戻ります。
五日市街道まで戻った所に、次の
「正光寺」がありました。


正光寺にて
正光寺にて posted by (C)ルンちゃん


金玉山根元院正光寺(弁財天)
あきる野市舘谷84番地 
こちらのお寺は嘉元3(1305)年に
遊行二祖他阿真教上人が巡化の際に
開祖されたと伝えられているお寺です。


この地域では唯一の
浄土宗の流れをくむ時宗のお寺で、
元は八王子市川口町にある
河口山法蓮寺の末寺でしたが、
今は総本山清浄光寺に属するそうです。


ご本尊は阿弥陀如来様。
その横には観音菩薩、勢至菩薩様が
いらっしゃいます。


正光寺の弁財天
正光寺の弁財天 posted by (C)ルンちゃん


弁財天は本堂とは別の、
お堂の中にいらっしゃいました。
こちらではお参りの際、
ゆず湯をご馳走になりました。
冷えた体にゆず湯がありがたいです


正光寺を出て、駅の方まで戻ります。
駅を超えて、今度は西側方面に向かいます。


この日は朝から風が強い日でした。
JR線「武蔵五日市」駅に着いたときは、
それでも風がなかったので
ラッキーと思っていましたが、
再び風が強くなってきました。


恵比寿屋さんというお店の隣には、
露店も出ていましたが、そのテントが風で
飛ばされそうになっていましたよ。


下町地蔵堂(恵比寿天)
あきる野市五日市64番地
下町地蔵堂のテントも風の影響で
なんだか危うくなっていました。
この後どうなるのでしょう?大変そうです。


下町地蔵堂は五日市の
メイン通りにある地蔵堂のひとつで、
子育て地蔵が祭られています。
地蔵堂というと、私はとても可愛らしい
小さなお堂を思い浮かべるのですが、
こちらのお堂は立派で見上げるほどですよ。


下町地蔵堂の恵比寿天
下町地蔵堂の恵比寿天 posted by (C)ルンちゃん


そちらに七福神の
恵比寿様もいらっしゃいます。
その隣にテントがあり、そちらで
御朱印がいただけます。
どうぞ風に気を付けて。


下町地蔵堂のある通りを
そのまま西へ進めば番地地蔵堂です。


番地地蔵堂(毘沙門天)
あきる野市五日市885番地

こちらのお堂も立派です。
こちらは延命地蔵が祀られていますよ。


番地地蔵堂の毘沙門天
番地地蔵堂の毘沙門天 posted by (C)ルンちゃん


七福神は毘沙門天がいらっしゃいます。
こちらの番地地蔵堂も先ほどの下町地蔵堂も
次のお寺の玉林寺の境外建造物だそうです。


実は以前(昭和の初め頃)に、
こちらのお地蔵様を玉林寺境内に
移したこともあったようなんです。


すると疫病が流行し、
あわてて今の場所に安置しなおした
という経緯があるそうです。
お地蔵様は今でも、町の方々の
信仰の対象になっているのでした。


次回につづきます。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 00:59| Comment(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: