2018年02月01日

足利学校と特別展示のお知らせ

先日、栃木県足利市にある
足利学校に行ってきました。


学校の文字のある門
学校の文字のある門 posted by (C)ルンちゃん


足利学校とは「日本最古の学校」といわれる
国の指定史跡であり、「日本遺産」にも
認定されている史跡です。


ちなみに「日本遺産」とは、日本の歴史や
文化に大きな影響を残しているものを
ストーリーとして活用することを目的に
文化庁が認めた制度だそうです。


近世の日本を支えた学校の代表として、
旧弘道館(茨城県水戸市)、
旧閑谷学校(岡山県備前市)、
咸宜園跡(大分県日田市)と共に
近世の教育遺産として評価されました。


そして今、世界遺産の認定に向けて
準備中だそうですよ。


方丈
方丈 posted by (C)ルンちゃん


教科書にも登場する「足利学校」ですが、
その創建については、奈良時代とも
平安時代とも鎌倉時代ともいわれ、
実のところ、はっきりしたことは
わかっていません。


明らかなところですと、
室町時代に関東管領だった上杉憲実公が
学則や痒主(今でいう学長)を定めて、
本を寄進したという記録は残っています。


そこに僧侶や武将の子弟などが集まって、
儒学を中心に勉強していたようです。


不断梅
不断梅 posted by (C)ルンちゃん


足利学校で学んだ人は、それは
沢山の方々がいらっしゃったそうです。
例えば、徳川家にも深く関わっていた
天海上人も4年間くらいこちらにいたそうです。


幕末・明治の頃にこちらを訪れた人では
吉田松陰や高杉晋作がいます。
松陰先生は会津の日新館にも
足を運んでいますから、
こちらに来たのも、うなずけますよね。


明治5年に、足利学校は
その役割を終えましたが、
それ以降も大隈重信や徳富蘇峰、
渋沢栄一、黒田清輝、井上馨など、
歴史書に登場する人物たちが多数
こちらを訪れています。


さて現在の足利学校は、
約5000坪の敷地の中に
江戸時代からあった入徳門、学校門、
杏壇門、孔子廟などがあります。その他に、
平成2(1990)年に復元した、
方丈、庫裡、書院、衆寮などもありますよ。


方丈からの庭の様子
方丈からの庭の様子 posted by (C)ルンちゃん


方丈のお屋敷の縁側に座って
お庭を眺めていると、
小春日和の陽射しが気持ちよくて、
ずっとそこに座っていたい気分になりますよ。


ここで、ずーっと読書をしていたら、
どんなに気持良いでしょうね。


方丈の様子
方丈の様子 posted by (C)ルンちゃん


ちなみに、足利学校は
「自学自習の場」だったそうで、
「卒業式」みたいなものはなかったそうです。
自分自身で納得したら卒業、
みたいな感じですね。


それは現代の「生涯学習」の教えにも似て、
それに共感している私としては、
「足利学校」を訪問見学できたことに
とても満足できました。


中庸の説明
中庸の説明 posted by (C)ルンちゃん


宥座之器(ゆうざのき)
上の写真が宥座之器というものです。
孔子が「満ちて覆(くつがえ)らないものはない」
ということを、この器で実験して弟子たちに
教えたというものです。


宥座之器は、中身が空っぽの時には
器は傾いているのです。でも程ほどに
中に水を入れると傾きは解消されます。
また、それ以上に入れると
水はひっくり返ってしまうという器です。


これは「中庸」の教えだそうです。
「中庸」は、簡単に言ってしまえば
どちらにも偏らずという意味です。
「程よい」といった方がいいでしょうか。


あっ、そうそう。
足利学校では、この2月に江戸時代の刀工、
加州清光(かしゅうきよみつ)、
大和守安定(やまとのかみやすさだ)、
源景国(みなもとのかげくに)
の作による刀を特別展示するそうです


加州清光と大和守安定は、
新選組の沖田総司が持っていた刀
とかいわれていますよね。


大和守安定は他にも、
前回ご紹介した伊庭八郎や、
新選組の大石鍬次郎も
持っていたといわれる刀です。


その加州清光と大和守安定と、源景国が
持ち主さんのご好意で展示されるそうです。
もちろん沖田総司本人の刀ではありませんが、
同じ刀鍛冶の打った刀剣ですので、
とても興味はありますよね


この展示のニュースを知ったのが
足利学校に行く前のことでしたので、
「やった〜、一緒にこれも見られる!」
と喜んだのも つかの間。


展示は2月とのことがわかり、
とてもがっかりしたのでした。
足利学校で心残りだったのが、唯一
この刀の見学ができなかったことです。
ああ、2月もまた足利に行こうかな〜。


あなたも、もし見てみたいと思ったなら、
足利学校まで足を運んでみて下さいね


刀剣の特別展示期間 
平成30年2月2日〜25日



足利市の節分行事の「鎧(よろい)年越」に
あわせて開かれる、観光イベント「足利冬物語」の
連携事業だそうです。


この企画にちなんで、周辺のお店では
いろいろと盛り上げるようなことも
行うようですよ。
そちらもチェックしてみて下さいね。

⇒ 足利学校HP

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 23:40| Comment(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: