2018年06月06日

御岳山の大菩薩峠記念碑


青梅にある御岳山に
中里介山ゆかりの記念碑があるというので
現地に行ってきましたよ。


御岳山のどこかに記念碑があるのは
数年前から知っていました。でも、
それがどこにあるのかはわからなかったし、
御岳山に行く機会もなくて、
今までそのままにしていました。


でも今回、
有名な碑だから行けばわかるだろう
なんて考えて、御岳山に行ってみることに
したのです


御岳山を訪れたのは3回目です。
もしかしたら、子供の頃に
もっと行っているかもしれません。
でも記憶にあるのは、そのくらいですね。


その記憶も、だいぶ前のことですから、
山頂の様子くらいしか覚えていません


当時は介山先生のことなどは
まったく存じ上げなかったので、
碑など見た記憶もなく…
今回、介山先生の碑を探せといっても、
皆目見当もつきませんね^^;


あっ、そうそう。
なぜ介山先生の碑が、
この御岳山にあるのでしょうか?
まずそれをお伝えしなければいけませんね。


あなたが、小説「大菩薩峠」を読んでいたなら
ご承知ですよね。「大菩薩峠」の小説の中に
御岳山のことが書かれているからです。


小説の主人公である机龍之介は
御岳神社の奉納試合に参加するのです。
そこで、お浜という女性の内縁の夫である
宇津木文之丞と試合をし、彼を
殺してしまうのです。


それが、きっかけで龍之介は
生まれた地を去り、江戸へと住処を移すのでした。
(まあ、それだけが理由でもないのですけどね)


そんな小説の舞台、御岳山のふもとに到着。
ここから歩きで頂上まで登ることもできますが、
本日の目的は登山ではないので、
ケーブルカーで上ります。


target="_blank""ケーブルカーに乗って"
ケーブルカーに乗って posted by (C)ルンちゃん
楽ちんケーブルカーからのふもとの眺め


こちらのケーブルカーは、高尾山と同じ
京王電鉄です。高尾山のケーブルカーも
近年、乗物が綺麗になりましたが、
御岳山のケーブルカーも、とても綺麗でした


滝本駅から御岳山駅まで約6分の乗車です。
御岳山駅からは、山頂の御岳神社をめざして歩きます。
といっても神社までは、なだらかな坂道を歩くだけ。
途中には宿坊やお店の並ぶ道を通ります。


神代欅
神代欅 posted by (C)ルンちゃん
樹齢千年といわれるケヤキの木
小鳥さんたちも、多数訪れます



神代欅の看板
神代欅の看板 posted by (C)ルンちゃん


お店の並ぶ道は、なんとなく江ノ島で歩く
「稚児ヶ縁」への道にも似ていますね〜。
そんな所もあって、とても懐かしく感じる場所でした。


そうこうしているうちに神社に到着。
神社にお参りして、周辺のお社をめぐって
いろいろな碑も確認。でも、それらしい
介山先生の碑はありませんでした。


御岳神社の狛犬
御岳神社の狛犬 posted by (C)ルンちゃん
こちらは犬にも関係があるところだそうで、
立派な狛犬が多数あります



しかたなく、もと来た道を戻ります。
途中にも碑がたくさんありましたが、
この辺りかな〜と思う所を探してみましたが
それでも見当たらず


まずい、探せないかも…


神社の鳥居
神社の鳥居 posted by (C)ルンちゃん


「…そうだ! ネットで探してみよう!」と
思いったって確認したところ「随身門」
という門の近くにあることがわかりました。
よかった。門を目当てに探してみます。


随身門
随身門 posted by (C)ルンちゃん


あった! 発見!!
「中里介山作
小説大菩薩峠記念碑」



中里介山の記念碑
中里介山の記念碑 posted by (C)ルンちゃん
見つけた〜! 介山先生〜!!


お目当ての介山先生の碑は
「随身門」の横にある広場みたいな所に
ありました。


碑には
「ここ武州御嶽は名作發祥の地として
永遠に國民の魂と共にあり」の言葉と
白井喬二撰文
正宗得三郎書
の文字が刻まれていました。


※白井氏は小説「新撰組」も書いている
時代小説の草分け的存在の人です。
正宗氏は洋画家。


記念碑のアップ
記念碑のアップ posted by (C)ルンちゃん


その横には碑の説明板もあるのですが、
そちらは劣化していてまったく読めませんでした。
でもお目当ての碑が見つかったので、
それはよしと致しましょう。


しかも「随身門」では、
予期しなかった個人的に嬉しい物も発見して、
本日の大収穫に、とても満足したのです
やったね!!


介山先生の碑
介山先生の碑 posted by (C)ルンちゃん
一番奥に見えているのが、
介山先生の碑です



ちなみに御岳山には、「龍之介」や
「お浜」の名前で呼ばれる木があるらしいです。
今回は「碑」が目当てだったので、木の方は
また機会を作って訪れてみるつもりです。


御岳山からの眺め
御岳山からの眺め posted by (C)ルンちゃん
なんかホッとする眺めですね〜


中里介山先生ゆかりの地は、
他にもあるのですよ。例えば
「白骨温泉」とか「大菩薩峠」とか。


「白骨温泉」はチョッと遠いし
「大菩薩峠」は登山が大変そうなので、
どちらもすぐには行かれそうもありませんが、
いつかは出かけてみたいと思っています

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 14:11| Comment(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: