2018年09月11日

横須賀を味わう


浦賀訪問の後、
せっかくなので横須賀まで行って、
夕食を味わってきましたよ。
横須賀といえばいろいろありますが、
「カレーの街 よこすか」を謳っているくらいなので、
今夜はカレーです


日本人とカレーとの出会いは、幕府の
遣欧使節団のメンバーの一人だった
三宅秀という人がカレーを目撃したのが
始まりだそうです。その時は
「至って汚き物なり」という印象だったようです。


その後、会津藩家老の家の出であり、
白虎隊士でもあった、後の
東京帝国大学総長の山川健次郎氏が
渡米の船の中でカレーを食べたという話もあります。


そんな幕末にも関係のある(?)カレーなので、
本日の夕食にはもってこいですよね。訪問したのは、
「よこすか海軍カレー本舗」というお店です。
こちらには「よこすか海軍カレースペシャル」
というメニューがあるのです


このカレーは明治41年の
「海軍割烹術参考書」という書物にある
カレーのレシピを参考に作ったものだそうですよ。


海軍がカレーを食べるようになったのは、
明治時代の日本海軍の食事を改善してから。


栄養バランスを改善するために
西洋食を取り入れた中に、カレー味のシチューが
あったそうです。日本人好みに小麦粉を加えて
とろみを付け、ご飯にかけて食べるようにしたのが、
好評だったそうですよ。


そして故郷に戻った兵士達によって
全国的に広まり、現在のように家庭で
カレーを食べるようになったんだとか。
(そして西城秀樹のCMによって、
 ますますカレーが家庭に普及したのでしょうね^^)


海上自衛隊では遠洋航海中に
曜日がわからなくならないようにと、
金曜日には必ずカレーを食べるというお話は
有名ですよね。現在ではすべての部署に、
この習慣があるらしいですよ。


さて、当時のカレーの特徴は、
カレー粉と小麦粉を牛脂で炒めているところです。
そして牛肉か鶏肉を入れ、ジャガイモ、たまねぎ、
人参は必ず入れるとのことです。


それに、牛乳とサラダを添えて、
薬味にチャツネを入れるのが基本なんだとか。


確かに、テーブルにカレーが運ばれてきた時、
一緒に牛乳が付いてきました。
それがとても不思議だったので、
店員さんに理由を聞いたくらいです。


横須賀海軍カレー
横須賀海軍カレー posted by (C)ルンちゃん


いただいた
「よこすか海軍カレースペシャル」は
優しい味で、なんとなく昔食べた
カレーを思い出すようでした


さて、横須賀には
カレーの他にも気になる物があります。
それは「横須賀ブラジャー」という物です。


えっ?なに?
と思いましたが、
実はその正体はお酒なのです。


街の新名物として
2011年11月11日に誕生したそうです
横須賀中央駅近くの「若松マーケット」
で飲めるお酒です。5月には
「横須賀ブラジャーまつり」というのも
開催されるそうですよ。


ブランデーとジンジャーが
入っているので「ブラジャー」といいます。
横須賀のいくつかのお店で提供してもらえます。
「よこすか海軍カレー本舗」さんでも
置いてあったので注文しました


横須賀ブラジャー
横須賀ブラジャー posted by (C)ルンちゃん
右が「横須賀ブラジャー」です。
左はKちゃんの注文したご当地ビール^^



ブランデー1とジンジャー1に対して
炭酸水3で割るカクテルだそうです。
ブランデーのまろやかさとジンジャーのキリッとさに、
ほんのり甘みも加わって、とても飲みやすいですよ。


男の人はその名前から
チョッと注文をためらうらしいですが、
横須賀に来たときは、是非お試しあれ。


横須賀も、まだまだ探索したい街ですが、
本日はこれまで。
また行ってみたいですね〜


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 11:56| Comment(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: