2018年10月12日

高尾駅で見つけた意外な物


先日、高尾駅近くの「多摩森林科学園」に
行ったお話をしましたよね。


「江川ヒノキ」を見つけて、
とても嬉しい思いをしたわけですが、
実はその時に、高尾駅でも興味深いものを
見つけていたのです


新選組とは関係ありませんが、
歴史的な物なので、チョッとご覧ください。
それは、こちらですよ〜


といっても、何のことやら
わからないと思いますが、これなんです。
なんでしょう?


レール製
レール製 posted by (C)ルンちゃん


じつは、古いレールを利用した
駅の柱なんですよ〜。言われないと
わからないかもしれませんけど、
だんだんレールっぽく見えてきたでしょ。


こんな風にレールを柱に使用しているのも
面白いのですが、驚いたことに、このレール、
なんと「官営八幡製鉄所製」なんですよね〜


しかも、1902年度製の
国内最古のものなんだそうです。


こんな風に
こんな風に posted by (C)ルンちゃん


この部分
この部分 posted by (C)ルンちゃん


官営八幡製鉄所。聞いたことありますよね。
教科書にも登場する超有名な所です。
それは1901(明治34)年に創業された
九州の官営模範工場のことですよ。


その八幡製鉄所で、しかも創業した年の
次の年(1902年)に製造されたレールが、
こちら東京都八王子市の高尾駅で見られるのが、
とても不思議&面白いです。


高尾駅ホームにて
高尾駅ホームにて posted by (C)ルンちゃん


個人的なお話ですが、ルンちゃんは数年前に、
軽工業の官営模範工場である
富岡製糸場を見学しました。
その時、重工業の官営模範工場である
八幡製鉄所も行ってみたいな
なんて思っていたのです。


まだその地に行ったことはありませんが、
こうして八幡製鉄所に関連するものが、
身近な所で見られるなんて、
思ってもいませんでしたよ。


なので、とても嬉しいです


自分の近辺でも、いろいろと発見できますね。
また気になるものがあれば、ご紹介したいと思います。
どうぞ、お楽しみに〜


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 14:09| Comment(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: