2018年07月14日

最近読んだ新選組が登場する物語


新選組の隊士たちが登場する
お話をご紹介しますね。


月華の神剣 壬生狼慕情 (角川文庫) [ 牧 秀彦 ]


このお話の主人公は新選組ではありません。
日光東照宮の近くにある村の社の
宮司の息子・信吾という青年です


まずは目次から
序 章 常勝の御太刀
第一章 大将志願
第二章 本庄異変
第三章 信吾未熟なり
第四章 朱に交わりて
終 章 池田屋の朝


その村は、日光東照宮の近くにあるというものの、
脇道をかなり歩かないとたどりつけないため、
よそ者はめったに入ってこない場所でした。


しかし近年、その場所に
武士の姿を見ることが多くなったのです。


じつは、その社には「常勝の御太刀」という
伝説の刀があるらしい、との噂がありました。


「常勝の御太刀」とは、
その刀を持つことで天下を制することができる、
あるいはそれに等しい誉れを得ることができる
という刀です。


今までにも源義経や足利尊氏、
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などが
手にしたと云われているものでした。


その刀を手に入れて、
天下を我が物にしようとする侍たちが
この地にやってきたのです。


「常勝の御太刀」を隠しておくだけなら、
神主もいちいち、侍達に
会うこともありませんでした。


しかし、徳川の天下が危ういことを感じ、
新たに、この刀を託す人物を探していたため、
侍達に会うのもやむなしと、
思っていたのでした。


そんな時、事件が勃発します。信吾の留守中に、
ある人物に命令された男たちが、
この社にやってきます。


そして、刀が手に入らないとみると
神主を殺し、社に火をつけたのです。


男達が去った後、帰ってきた信吾に
瀕死の父が告げます。御太刀を託す者を探せと。
その為にまずは京へ行けと、そう言って
息を引き取ります。


そうして、父の遺言の通り、
京を目指す信吾でしたが、
その途中、江戸で近藤や土方に出会うのです
しばし試衛館に厄介になる信吾。


実は近藤勇達、試衛館の面々は
この春、京都に行くといいます。
将軍様の警護に行くのですが、
信吾もその一行に加わればいいと
近藤達に誘われるのです。


その一行の首謀者清河八郎を
信吾は知っていました。
御太刀を持っていることを知っている清河、
他にも御太刀を狙う者が次々と現れます。


信吾は御太刀を守り通せるのか?
京に着いた信吾を待ち受ける者は?


今のところ続編は出ていないようですが、
まだまだ続く気配の物語です。

月華の神剣 壬生狼慕情 (角川文庫) [ 牧 秀彦 ]


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 17:18| Comment(1) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

野天湯元・湯快爽快・ざま


最近の「マイブーム」は日帰り温泉です。
なのでまた、出かけてみましたよ。
今回、訪れたのは
神奈川県座間市にある温泉
「野天湯元・湯快爽快・ざま」です


野天湯元・湯快爽快・ざまの外観
野天湯元・湯快爽快・ざまの外観 posted by (C)ルンちゃん


こちらに来たのは初めてで、
正面から入ったので、駐車場が一箇所しか見えず、
思ったより狭いな〜と感じたのが、
第一印象でした。でも後で見たら
裏側にも駐車場があって
車で来ても大丈夫だと確認しました。


野天湯元・湯快爽快・ざまの入口
野天湯元・湯快爽快・ざまの入口 posted by (C)ルンちゃん


館内に入って2階に上がると、
リラクゼーションルームとか、
無料休憩室とかがあって、その奥に行くと
お食事処とお風呂場があります。


浴室は思った以上にいろいろな浴槽があって、
季節風呂や高濃度炭酸泉・電気風呂などありました。
水風呂が少し大きくて、サウナももちろんありましたよ。


でもこちらの大きな特徴は野天風呂ですね
どどどと流れる滝湯があったり、
色のついた源泉の湯があるのです。


こちらの温泉の泉質は、ナトリウム塩化物、
炭酸水素塩温泉、低張性弱アルカリ性温泉です。
平均温度38.6度のぬるいお湯ですが、
一箇所はそのままの温度で入ることもできます


冬だと冷たく感じるのかも知れませんが、
今の時期ですと、気持がよくて、
ずっと入っていたくなります。


熱いお湯に入りたいと思ったら、
その源泉を加温した「あつ湯」があるので
そちらに入ってみるのもいいですよ。


こちらの源泉は赤黒いのが特徴です。
函館や都心で入る「赤湯」とは、また違った
濃い色の温泉で、匂いも少し特徴があるみたい。
今まで味わったことのないお湯でした。


でもそれが、とても効能がありそうで、
ずっと入っていたいお湯なのです。
人も少なかったので、温泉を独り占めした感じで、
そんな所も気に入りました


そしてお風呂から上がった後は、
いつもの通り、お食事で楽しみます。
ここのメニューは、とても豊富なんですよ。


ごぼうのフライ
ごぼうのフライ posted by (C)ルンちゃん


ごぼうのフライから始まって、
鮎の塩焼きでしょ、鳥皮でしょ、
一口フライでしょ、そしてシチューなど
存分にいただきました。


アユですね
アユですね posted by (C)ルンちゃん

皮のフライ
トリ皮のフライ posted by (C)ルンちゃん


それでも食べきれず、他にも
食べたいものがいろいろあったし、
あのお湯にもまた入りたいな〜と思ったので、
また来てみるつもりです


一口フライ
一口フライ posted by (C)ルンちゃん

シチューもあります。
シチューもあります。 posted by (C)ルンちゃん


こちらをクリックすると
HPにいかれます ⇒ 野天湯元・湯快爽快・ざま
神奈川県座間市広野台1−48−25

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る

posted by ルンちゃん at 13:22| Comment(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

御岳山の大菩薩峠記念碑


青梅にある御岳山に
中里介山ゆかりの記念碑があるというので
現地に行ってきましたよ。


御岳山のどこかに記念碑があるのは
数年前から知っていました。でも、
それがどこにあるのかはわからなかったし、
御岳山に行く機会もなくて、
今までそのままにしていました。


でも今回、
有名な碑だから行けばわかるだろう
なんて考えて、御岳山に行ってみることに
したのです


御岳山を訪れたのは3回目です。
もしかしたら、子供の頃に
もっと行っているかもしれません。
でも記憶にあるのは、そのくらいですね。


その記憶も、だいぶ前のことですから、
山頂の様子くらいしか覚えていません


当時は介山先生のことなどは
まったく存じ上げなかったので、
碑など見た記憶もなく…
今回、介山先生の碑を探せといっても、
皆目見当もつきませんね^^;


あっ、そうそう。
なぜ介山先生の碑が、
この御岳山にあるのでしょうか?
まずそれをお伝えしなければいけませんね。


あなたが、小説「大菩薩峠」を読んでいたなら
ご承知ですよね。「大菩薩峠」の小説の中に
御岳山のことが書かれているからです。


小説の主人公である机龍之介は
御岳神社の奉納試合に参加するのです。
そこで、お浜という女性の内縁の夫である
宇津木文之丞と試合をし、彼を
殺してしまうのです。


それが、きっかけで龍之介は
生まれた地を去り、江戸へと住処を移すのでした。
(まあ、それだけが理由でもないのですけどね)


そんな小説の舞台、御岳山のふもとに到着。
ここから歩きで頂上まで登ることもできますが、
本日の目的は登山ではないので、
ケーブルカーで上ります。


target="_blank""ケーブルカーに乗って"
ケーブルカーに乗って posted by (C)ルンちゃん
楽ちんケーブルカーからのふもとの眺め


こちらのケーブルカーは、高尾山と同じ
京王電鉄です。高尾山のケーブルカーも
近年、乗物が綺麗になりましたが、
御岳山のケーブルカーも、とても綺麗でした


滝本駅から御岳山駅まで約6分の乗車です。
御岳山駅からは、山頂の御岳神社をめざして歩きます。
といっても神社までは、なだらかな坂道を歩くだけ。
途中には宿坊やお店の並ぶ道を通ります。


神代欅
神代欅 posted by (C)ルンちゃん
樹齢千年といわれるケヤキの木
小鳥さんたちも、多数訪れます



神代欅の看板
神代欅の看板 posted by (C)ルンちゃん


お店の並ぶ道は、なんとなく江ノ島で歩く
「稚児ヶ縁」への道にも似ていますね〜。
そんな所もあって、とても懐かしく感じる場所でした。


そうこうしているうちに神社に到着。
神社にお参りして、周辺のお社をめぐって
いろいろな碑も確認。でも、それらしい
介山先生の碑はありませんでした。


御岳神社の狛犬
御岳神社の狛犬 posted by (C)ルンちゃん
こちらは犬にも関係があるところだそうで、
立派な狛犬が多数あります



しかたなく、もと来た道を戻ります。
途中にも碑がたくさんありましたが、
この辺りかな〜と思う所を探してみましたが
それでも見当たらず


まずい、探せないかも…


神社の鳥居
神社の鳥居 posted by (C)ルンちゃん


「…そうだ! ネットで探してみよう!」と
思いったって確認したところ「随身門」
という門の近くにあることがわかりました。
よかった。門を目当てに探してみます。


随身門
随身門 posted by (C)ルンちゃん


あった! 発見!!
「中里介山作
小説大菩薩峠記念碑」



中里介山の記念碑
中里介山の記念碑 posted by (C)ルンちゃん
見つけた〜! 介山先生〜!!


お目当ての介山先生の碑は
「随身門」の横にある広場みたいな所に
ありました。


碑には
「ここ武州御嶽は名作發祥の地として
永遠に國民の魂と共にあり」の言葉と
白井喬二撰文
正宗得三郎書
の文字が刻まれていました。


※白井氏は小説「新撰組」も書いている
時代小説の草分け的存在の人です。
正宗氏は洋画家。


記念碑のアップ
記念碑のアップ posted by (C)ルンちゃん


その横には碑の説明板もあるのですが、
そちらは劣化していてまったく読めませんでした。
でもお目当ての碑が見つかったので、
それはよしと致しましょう。


しかも「随身門」では、
予期しなかった個人的に嬉しい物も発見して、
本日の大収穫に、とても満足したのです
やったね!!


介山先生の碑
介山先生の碑 posted by (C)ルンちゃん
一番奥に見えているのが、
介山先生の碑です



ちなみに御岳山には、「龍之介」や
「お浜」の名前で呼ばれる木があるらしいです。
今回は「碑」が目当てだったので、木の方は
また機会を作って訪れてみるつもりです。


御岳山からの眺め
御岳山からの眺め posted by (C)ルンちゃん
なんかホッとする眺めですね〜


中里介山先生ゆかりの地は、
他にもあるのですよ。例えば
「白骨温泉」とか「大菩薩峠」とか。


「白骨温泉」はチョッと遠いし
「大菩薩峠」は登山が大変そうなので、
どちらもすぐには行かれそうもありませんが、
いつかは出かけてみたいと思っています

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 14:11| Comment(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする