2011年02月10日

鶴ヶ城 幕末復元計画


昨年は箱館奉行所が復元されるということで、
大いに盛り上がっていましたね。
旧幕府軍ファンの目は、ほどんどが
函館に向けられていたわけです。


でもじつはその間、会津でも
着々とある事業が行われていたんですよ。
それは、


鶴ヶ城 幕末復元計画



勝手に命名させてもらいましたけど、
つまりは鶴ヶ城の修繕工事です。
昨年3月から今年の3月まで工事を行っています。


会津の鶴ヶ城は、
明治になって取り壊されてしまいましたが
その後外観復興再建されて、
天守閣内は博物館になっています。


その姿はとても美しく、私も大好きなお城なので
会津に行く度に訪れていますよわーい(嬉しい顔)


今回の修繕では、その天守閣の黒屋根を
赤瓦
に葺き替えるそうです。
また本丸の御三階櫓も復元されるらしいです。


幕末戊辰戦争時の鶴ヶ城の屋根は、
赤瓦だったそうです。
会津戦争の写真でよく見る、
ボロボロになった天守閣の写真は
モノクロなのでわかりませんけど、
あれは赤瓦だったといわれています。


その当時のお城を再現しようと、
今回工事がされているのです。


モノクロ写真だと黒にもこげ茶にも思えますね。
もちろん赤とも想像できます。


赤瓦の鶴ヶ城って思っても見なかったので、
どんな様子になるのでしょう?
実在するお城で赤い瓦はめずらしいそうなので、
特徴あるお城になるでしょうね。


3月下旬には完成する予定で、2月の今は
そろそろ天守閣の中央辺りの囲いが取り払われる頃です。
3月には幕末当時のお城が見られそうですね。


そして3月27日には完成記念式典も行われます。
3月31日までは天守閣も無料で見学できるとか。
そして9月頃まで、鶴ヶ城に登閣すると
運がよければ、記念の会津塗り箸ももらえます〜。


なんて、箸目当てじゃないですけど、
幕末の鶴ヶ城を見に会津へ行きたいですねわーい(嬉しい顔)
大内宿には今年中に行こうと思っているので、
できればお城まで足を伸ばしたいと思い始めています。


赤瓦の鶴ヶ城を見たいなら、あなたも会津へどうぞ〜。

  
今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 10:51| Comment(3) | 新選組インフォメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

八王子の限定もん


もうすぐ「八王子まつり」です。
八王子駅前から、ずずーっと甲州街道へ出ると
沿道に約260店の露店がずらり立ち並びます。
街道では10数台の山車の巡行もあり、
お神輿も出ます。


ちなみに今年は、
昭和36年の「第1回市民祭」から数えて第50回。
それを記念して上地区・下地区あわせて19台の山車が
一堂にお目見えするそうですよ。


しかも、今年はこんなものまで
売られていましたよ〜。

八王子限定切手
八王子地区限定 八王子まつり切手 posted by (C)ルンちゃん


上地区・下地区合わせて19台の山車と
お神輿もお交えた20枚の切手です。


いやー、限定物に弱いルンちゃんなので、
1度売り切れて「再入荷しました」の文字に
思わず買ってしまったというわけです。


といっても「お祭り目当ての切手購入」
というわけでもないですよ。


じつは上地区にあたる「西の鎮守」は
多賀神社
なのです。


「多賀神社」と聞いてピンと来たあなた
すごい「新選組通」ですね。


そうなんです。この多賀神社は、甲陽鎮撫隊が
甲州から戻ったときに、一時、隊士たちの集合場所になった
と言われている所なのです。


そんな多賀神社が載っていたので、
この切手を購入したのでした。


今年のおまつりでもいろいろなイベントがあるようで、
すごく楽しみです。
祭りの詳細はこちらですよ〜。

⇒ 八王子まつり公式サイト


ところで、明日(というか日付は既に今日)7月21日は
坂本龍馬の硬貨が出ますね〜。
朝1番で銀行に駆け込み、500円玉を交換してくるつもりです。
こちらも楽しみ〜。
(あなたも欲しかったら、銀行へ行ってみてね^^)


手に入れたら、ブログ記事アップしますね〜。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 00:33| Comment(0) | 新選組インフォメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

マンガ日本史に登場予定の人は?


先日の日曜日、
久しぶりに書店に立ち寄ったら、
面白い本がありました。


それが、こちらの本ですよ。
⇒ 週刊 マンガ日本史
  (朝日新聞出版HPに飛びます)


よくあるビジュアル系雑誌だと思ったんですけど、
これが日本の各時代の重要な人物に焦点をあてて、
その足跡を追うことで歴史を知ろうという
趣旨の本のようです。


朝日ジュニアシリーズなので、
子供にもわかりやすい感じの本ですよ。
オールカラーで、迫力もあります。


創刊号は「卑弥呼」
第1回目にふさわしい人物ですよね。


人物は50人登場し、
有名漫画家46人が執筆するとか。
なかには「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザイナー
安彦良和
氏もいらっしゃいます。
安彦さんは「勝海舟」を担当するそうです。


学説には新説も飛び出すそうですし、
豆知識も登場するらしいので、
大人も楽しめる本かもしれませんね。


でも、なにより私が気になったのは、
日本史だったら、
新選組の誰かが登場するだろう
との期待感!!



別にムキになることもありませんけど、
歴史本に新選組を探してしまう習性(?)は
学生の頃から変えられません^^


とはいうものの、
あなただって、気になりませんか?
気になりますよね〜。
(何気なく同意を求めたりして…)



それで早速、
中身をパラパラめくって調べてみたところ、
いましたよ新選組の人が…
その方はお察しの通り、土方さんです♪


50回の発行の中で、
土方歳三
は35回目に登場ですよ。
(今回は土方さんだけ)



ホームページによれば、人物の選出は
「学習指導要領にそった重要な歴史上の人物」
をメインにあげているそうですよ。
ただし土方さんは「学習指導要領」には
取り上げられていませんけどね。


でも、歴史的観点から見れば箱館戦争は、
それまで永く続いた「武士の時代」の終焉ですよね。
その武士を象徴するのが土方歳三だと考えれば、
ここに彼が登場するのも道理なのかもしれません。


近藤勇は、その途中で
亡くなっていますし…


まあ、堅苦しいことは抜きにして、
土方さんが登場していることに
単純に喜んでおきましょうね。


「週刊 マンガ日本史」はタイトルの通り、
毎週刊行されますので、
幕末辺りが刊行されだしたら、
本屋さんでチェックしてみて下さい。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 10:46| Comment(2) | 新選組インフォメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする