2008年08月20日

「幕末純情伝」を観てきました^^


8月13日から始まった
新橋演舞場での「幕末純情伝」


17日(日)に観てきましたよ。
全2幕2時間!(25分の休憩付き)


1990年の初演のときには
「黄金マイクの謎」という副題がつき、
金のマイクを片手に沖田総司が
歌いまくっていたのを思い出します。


新選組をあつかった舞台のなかでは
飛びぬけて異色な、すごい物語の内容に
当時は戸惑ったものです。


でも今回は副題はなかったので
「歌はないよね」
なんて勝手に思っていたところ、
公開稽古か何かで、石原さとみさんが
マイクを持っているのを拝見し、
「また歌いまくりなの〜!?」
と思ったら、案の定最初から歌ありでした^^;


しかも最初の歌の披露は、
勝海舟役の若林ケンさん。
若林さんは初演にも出演された超ベテランです。
とっても歌が上手だな〜
と聴いていたのですが、それもそのはず、
昨年歌手デビューされたというから驚きですよね。
(その後の場面でも何度か歌われていました〜^^)


さてお話のほうは昔の舞台のリメイク、
または以前に本になった物語通りの内容か
と思っていたところ、全く別なお話でしたよ。


以前の物語だと、
沖田総司が恋するのは土方歳三で、
彼に振り向いて貰いたくて
剣を振るう沖田がいたのですが、
今回の舞台では
坂本龍馬に夢中な沖田が登場します。


龍馬も以前は
沖田を追っかけまわす描かれ方でしたが、
今回はその反対。


どちらかというと、
さわやかな龍馬でしたね。


ですから、まったく新しい「幕末純情伝」
と思って観たほうがいいみたいです^^


そんな別物のお話なので、
土方歳三の扱われ方も以前と全く違います。
今回の土方なら矢部さんでいいとは思いますね。
途中何度も笑わせて頂きました。


でも正直な話、あのキャラクターなら
無理して土方っていう
名前じゃなくてもいいのでは?
とも思いました。


やはり新選組だから
土方役は必要だということで
ああなったのでしょうか? 
 

その辺はう〜ん、
どうなんでしょうね〜^^;
(個人的にはカッコいい土方が
    見たかったですけど…)


反対に山崎銀之丞さん演じる近藤勇は
なかなかステキでしたよ。


話し方が
「鎌田行進曲」の銀ちゃんを見ているようで、
銀ちゃんファンの私としては、
それで好感が持てたような所もあります。


おっと、
メインのお二人の話を忘れていましたね^^;


石原さとみ
さんは若いだけあって
エネルギッシュに演じていました。
健康すぎて労咳病みには
全くみえませんでしたけど(笑)
でも熱演に好感が持てます。


真琴つばさ
さんは華がありますよね。
特にダンスのシーンは
ついつい目が彼女を追ってしまいます。
それに彼女が坂本龍馬を演じたのには、
それなりに理由があったんですよ。
今は言えませんけどね〜。


他にも昔、TVドラマ「動物のお医者さん」で
おとなしいハムテルを演じていた吉沢悠さんが
過激な高杉晋作を演じていたのには驚きました。


どんな役者さんも、つかさんの舞台になると
とってもパワフルになるのが面白いですよね。
稽古の時から120%フル回転の
立ち回りのようですから、
本番は150%くらい
アップするのかもしれません。


つかこうへい氏の
相変わらずの過激な話の展開と演出に、
今回もおもいっきり面食らいましたが、
たまにはこんな刺激もいいかもと思った
「幕末純情伝」の一日でした。


この後も各地での公演があるみたいで、
これから観る方も多いと思いますので
内容についての詳細は避けましたけど、


時代が交錯する部分や
社会風刺的(になるのかな?)な部分もあり、
人それぞれに感じることがあると思います。


チケットを買われた方は、
どんな舞台なんだろうと
楽しみにお待ちになっていて下さいね。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 11:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 舞台の新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

「風を継ぐ者」ふ た つ


演劇集団「キャラメルボックス」の舞台で
新選組のことを知って、
新選組を好きになった方も多いようですね。


ちなみに私は新選組から
キャラメルボックスを知りました
つまり逆もあるわけです。


数あるキャラメルボックス作品の中で、
「風を継ぐ者」
は新選組を扱った作品です。
立川迅助と小金井兵庫という
架空の平隊士ふたりが主人公ですよ。


立川迅助は足が早いだけがとりえの
剣術はからっきし弱い人。
小金井兵庫は腕が強くて知識も豊富だけど、
ちょっと怪しい人。


そのふたりが新選組の
入隊試験を受けるところから始まります。


ストーリーを言ってしまうと面白くないので
これ以上は書きませんが、悲しい結末の新選組に、
さわやかな風が吹き抜けるような物語になっています。


見終わったときの余韻が、なかなか気持ちいいです。


この作品が最初に上演されたのは、1996年のこと。
当時のキャストはこちらでした。

立川迅助      今井義博
小金井兵庫     西川浩幸
沖田総司      菅野良一
土方歳三      大内厚雄/上川隆也
三鷹銀太夫     細見大輔/大内厚雄
桃山鳩斎      篠田剛
つぐみ       岡田さつき
たか子       坂口理恵
その        小松田昭子
美弥        麻田匠子
秋吉剣作      岡田達也
小野田鉄馬     南塚康弘
宇部鋼四郎     近江谷太朗
 


連名のところはダブルキャストです。
私が見たのは上川隆也さんが土方役で、
最初はそれが気になって見たのですが。
そのうちストーリーに引き込まれて、
お気に入りの作品になりました。


どの方の役もはまっていて、
途中何度も笑わせて頂きました。
また見たいな〜って思っていたところ、
2001年に再演されることになったのです。


そのときのキャストはこちらです。

立川迅助      細見大輔
小金井兵庫     岡田達也
沖田総司      菅野良一
土方歳三      大内厚雄
三鷹銀太夫     篠田剛
桃山鳩斎      西川浩幸
つぐみ       岡田さつき
たか子       大森美紀子
その        温井摩耶
美弥        田嶋ミラノ
秋吉剣作      佐藤仁志
小野田鉄馬     畑中智行
宇部鋼四郎     首藤健祐



わかりますか?


沖田総司と土方歳三とつぐみ役の
菅野さんと大内さん、岡田さん以外は
すべて総入れ替え。


しかも
前回出演のメンバーがメインでの再演です。



前回のキャスティングがズバリはまり役だと
思っていたので、役柄総入れ替えで
どんな感じになるのか興味津々だったのですが、
やはりみなさんプロですよね。


再演でもそれぞれの役処をきちんとこなし、
それに自分の個性も混ぜながら
新しいキャラクターを見せて頂きました


同じ話でもキャストが変わると
新鮮な感覚で味わえますよね。
こんな風に、この二つの「風を継ぐもの」は
私に新たな発見をさせてくれた作品なのです。


ところで、この作品ふたつ
今でも見比べることができるのです。
ふたつともDVDで発売されていますので。


以前はキャラメルボックス公演の劇場か
HPでしか手に入らなかったのですが、
最近はもっとお手軽になりました。


興味のある方は、見比べてみて下さいね。
私もまた観たいと思ってます。

  
左が1996年版、右が2001年版
どちらもステキな作品です^^
風を継ぐ者

キャラメルボックス作品集


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 13:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 舞台の新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

『幕末純情伝』土方を演じるのは?


そういえば…


新橋演舞場でのお芝居『幕末純情伝』
前売りチケットの販売が
そろそろだったはず。


そう思って
関連サイトのホームページを
覗いてみました。


チケットが出る頃だから
配役も決まりましたよね。


沖田総司は、石原 さとみさん。
坂本龍馬は、真琴 つばささん。



それは最初から決まっていたので
わかっていたものの、
気になるのは土方歳三役です。


さて、どなたが演じて下さるのか。
ワクワク気分で配役を見てみました。


すると…



ん?




え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!











土方歳三









矢部 太郎












…名前を聞いてもわからなかった方。
矢部 太郎さんとは
吉本興業のお笑いタレント
「カラテカ」の、あの矢部さんです^^;


昔、「進ぬ!電波少年」に出ていた
と言ったほうが、わかるでしょうか?


大河ドラマ「新選組!」では
阿比類鋭三郎の役で出演されていました。


ちなみに阿比類鋭三郎(阿比留栄三郎などとも)とは、
近藤勇たちが浪士組から分かれて京都に残った時、
一緒に残留したものの病気がもとで 
まもなく死亡した人物です。
(一説には殺害とも。真相は不明)


「新選組!」では労咳に病み ←石田散薬飲んでましたね〜^^
隊での働きができないために、
大津の親戚を頼って
壬生を去っていきました。


トボトボ歩いていく、
あのときのひ弱な姿が
今でも強く印象に残っています。


あの役は、ぴったりと思ったのですけどね。


そんな阿比類鋭三郎のイメージが
強い矢部さんなので、
土方歳三を演じるというブレを 
修正できない自分が少なからずいます^^;


『幕末純情伝』の原作は読んでいますが、
その土方に矢部さんを
当てはめてみるのが難しい…


もうこの時点で
想像がつきません^^;


まあ、以前の『幕末純情伝』も
すごい中身だったので、
きっと今度もすごいのだろうと考えれば、
矢部さんの土方もありなのかも…
(無理に納得させてませんか、私^^;)


ポスターでは渋い顔した矢部さん、
いったいどうなるのやら〜。


その他のキャスティングは以下の通りです。

高杉晋作     吉沢 悠
西郷隆盛     舘形 比呂一
嘉代       宇津宮 雅代
鬼畜丸      橘 大五郎
芹沢鴨・岩倉具視 武田 義晴
東宮       赤塚 篤紀
島崎藤村     岩崎 雄一
新撰組隊士トメ  とめ 貴志
中村半次郎    小川 岳男
グラント     トロイ
勝海舟      若林 ケン
徳川慶喜     早坂 実
近藤勇      山崎 銀之丞
秋月兼久     春田 純一     他のみなさん
(春日さんは前の純情伝にも出演されてましたョ^^)


矢部さんの土方には本当にビックリですが、
実は彼、意外な一面をお持ちです。


そういう意味では
「何かやってくれる人かも」っと考えて
彼に期待してみていい……のかな?…^^;

矢部さんは、実はこんな人
⇒ 矢部太郎(Wikipedia) 

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 10:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 舞台の新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする