2013年11月24日

興岳寺

多摩の史跡案内  〜その34〜
     興岳寺 〜千人同心、石坂弥次右衛門の墓〜

八王子には昔、
「八王子千人同心」と呼ばれる人々がいました。


八王子千人同心とは、
もとは武田氏の家来でしたが、武田氏が滅んだ後
徳川家康の家来となり、江戸の西の守りとして、
八王子に置かれた人々のことです。


最初は250人ほどが置かれましたが、
守りの強化のために500人、
その後には1000人と増えたことで、
「八王子千人同心」と呼ばれることになりました。


彼らは半農半士の生活を行っていました。
それは平素は農業に従事し、いざ事が起きれば
刀を持って戦うという暮らしぶりです。


しかし、江戸時代も時が経つとともに
戦争に借り出されることもなくなり、
慶安5(1652)年からは、東照宮の警備のために
日光に赴くようになりました。


石坂弥次右衛門義礼(よしかた)は、
幕末時代の八王子千人同心の1人で、
同心頭でもありました。


その時、弥次右衛門が日光にいたのは、
定番の萩原友親が急死したからで、
代番として赴いていたのです。


日光勤番として日光に赴任してから1ヵ月後、
新政府軍が日光に入ってきました。
彼は日光が戦禍にまみれることを懸念し、
抵抗することなく明け渡したのです。


しかし、八王子に戻った弥次右衛門を待っていたのは、
「家康を祭る日光を守った」という賞賛の声ではなく、
「一戦も交えずに日光を明け渡した」という
非難の言葉でした。


彼はその責任を取る形で、
慶応4(1868)年4月10日に切腹したのです。


その後…
年月が過ぎると共に、彼の取った行為は
「日光を戦禍から救った」として
高く評価されるようになりました。
昭和41(1966)年には、
彼の菩提寺に顕彰碑が建ちます。


また「八王子千人同心が日光を守った」
ということから、昭和49(1974)年には、
八王子市と日光市は姉妹都市となり、
今に至っています。


弥次右衛門のとった行為が、
二つの都市の架け橋となったのです。

興岳寺
興岳寺 posted by (C)ルンちゃん


石坂弥次右衛門の顕彰碑
石坂弥次右衛門の顕彰碑 posted by (C)ルンちゃん

曹洞宗 萬松山 興岳寺
東京都八王子市千人町1−2−8

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る


posted by ルンちゃん at 23:19| Comment(0) | ・多摩の史跡案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

万願寺一里塚

多摩の史跡案内 〜その33〜

万願寺一里塚


かつて街道筋には「一里塚」というのがありました。
織田信長や豊臣秀吉が、一里(約4キロ)ごとに
築かせたのが最初だそうです。
※もっと古い説もあり



江戸時代になり、慶長9(1604)年に江戸幕府は
大久保長安に街道を整備させ、その際、
江戸日本橋を起点として一里ごとに塚を築かせ、
全国規模の一里塚が整備されました。
それは旅人の距離の目安として、大いに役立ちました。


甲州街道(甲州道中)も同じように整備されました。
青柳(国立市)辺りから「万願寺渡船場」を渡り、
「万願寺一里塚」を通って日野宿へと入り、
「日野台一里塚」を抜けて八王子に至る道です。


「万願寺一里塚」は日本橋から9里目、
そして「日野台一里塚」は10里目にあたります。

新旧のコラボ
新旧のコラボ posted by (C)ルンちゃん
まさか、頭上にこんな乗物が走るとは
昔の人は思わなかったでしょうね^^;



貞享元(1684)年に再度整備された時、
甲州街道はもっと川の上流になる
「日野渡船場」を渡る道に変えられますが、
「万願寺渡船場」と「万願寺一里塚」は
その後も利用され続けました。


平成15(2003)年、
この「万願寺一里塚」の調査が行われました。
その結果、規模は一里塚の基準通りの約7〜8mの幅、
高さは約3mでしたが、道に沿って
少し楕円形になっていることがわかりました。
その他に、構築方法などもわかっています。


平成の現在、
日野市で残っているのは「万願寺一里塚」だけです。
しかも一里塚は1対(つまり2個)あるものですが、
片方(南側)しかありません。道路拡張のためか、
もう片方は昭和43(1968)年に取り壊されて
しまいました。


塚の天辺には、一里塚によくみる「榎木」がありますが、
これは近年になってから植えられたものです。
昔ならこの榎木の下に、
旅人がつかの間の休息を取ったのでしょう。


塚は小さな空間の中で、
そこだけ昔の面影を残しながら、今もたたずんでいます。

万願寺一里塚の説明板
万願寺一里塚の説明板 posted by (C)ルンちゃん
説明板には調査のことも書かれています。


(参考:万願寺一里塚掲示板)
 日野市万願寺2−38−5

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 22:08| Comment(0) | ・多摩の史跡案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

天然理心流 増田蔵六の墓所

多摩の史跡案内 〜その32〜

   善龍寺 〜天然理心流 増田蔵六の墓〜

日野からやってきて、八王子の国道20号線(甲州街道)を、
秋川街道へと右折すると、すぐ左に見えてくるのが、
ここ善龍寺です。

善龍寺の境内
善龍寺の境内 posted by (C)ルンちゃん
5月の境内は緑が豊かです^^



もとは滝山城下にあったそうですが、
北条氏の八王子城移動とともに、寺も元八王子に移りました。
しかし、豊臣秀吉や彼に加勢する連合軍によって、
八王子城が落城してしまうと、
寺もいっしょに荒廃してしまいます。


翌年の天正19年、本郷に移動し
日惺上人の尽力により復興して、
今に至っています。


このお寺には、八王子の七福神(八王子は八福神^^)である
大黒様が安置されています。
『走大黒(はしりだいこく)』といって、
自ら各家庭に駆けつけて『福』を授けてくださるという
ありがたい神様ですよ。

RIMG0043
走大黒様 posted by (C)ルンちゃん
こちらが、走っている大黒様ですよ〜



元禄年間に日真聖人が、
本堂庫裡・書院再建の発願をした際、
本堂から発見されたそうです。
そのお姿が右足を一歩前に踏み出し、
まるで走り出すかのようにみえたので、
「走大黒」
と名付けられたそうです。


さてこの善龍寺は、天然理心流の高名な
増田蔵六
先生ゆかりの場所でもありますよ。


増田蔵六先生は、
天然理心流二代目・近藤三助の弟子にあたり、
門弟の中で唯一、剣術の他にも
柔術・棍術の三術を修めた方です。


蔵六先生は、この八王子で道場を開き、
門弟は千人以上いたとか。


天然理心流の資料も多数残されていて、
八王子で栄えた天然理心流を知る上では、
貴重な存在の方なのです。


境内に入って最初に目に付くのが、こちらの
「増田蔵六翁之小伝」という、
友人や門友、門弟らが建てた碑です。

RIMG0047
「増田蔵六翁之小伝」の碑 posted by (C)ルンちゃん
本堂の横にありますよ。
これはお正月に撮った写真、
今は碑の上の木は青々しています



本堂に入れば、出入口右側の壁に、
2本の木刀が掲げられた
天然理心流の奉納額もみられますよ。


そして墓所へと足を運べば、増田家の敷地のひと隅に
ひっそりと増田蔵六先生のお墓が佇んでいます。

増田蔵六先生の墓碑
増田蔵六先生の墓碑 posted by (C)ルンちゃん


案内看板もなく、わかりづらいので見逃しがちですが、
墓石の前に「増田蔵六翁墓碑」という碑があるので、
それでなんとか判断できると思います。
(寺務所で聞けば親切に教えて頂けますョ^^)



近藤勇らとは活動をまったく別にする
八王子の天然理心流ですが、
多摩の地に根強く広く繁栄したこの流派を
肌で感じることができる場所として、
これからも訪れてみたいです。

善龍寺の入り口
善龍寺の入り口 posted by (C)ルンちゃん

興栄山 善龍寺
八王子市元本郷町1−1−9

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 23:39| Comment(0) | ・多摩の史跡案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。