2010年04月09日

ツッコミどころ満載の…


本屋さんでDVDが並んでいる中に
見知った顔と文字を見つけて、
思わず手に取ったのは、つい先日のこと。


そのお顔とは、ドラマ「新選組血風録」で
原田左之助を演じていた徳大寺伸さんでしたわーい(嬉しい顔)


「日本名画遺産」というシリーズの中にある作品なんですけど、
徳大寺さんはそこで、沖田総司を演じているんですね。


徳大寺さんが沖田を演じていることは
前に人から聞いていたので、
それがこの作品だということは、ピンときましたね。
お値段も手頃だったので、早速購入。


それがこちらですよ。


日本名画遺産
近藤勇 池田屋騒動/新東宝映画



1953(昭和28)年に公開された映画です。
この時代の映画なので、もちろんモノクロ。
古いフィルムからの編集なので、
多少のノイズはありますが、
気になるほどでもありませんでした。


そして出演者はこんな感じですよわーい(嬉しい顔)

近藤勇   … 嵐寛寿郎(もちろん主演)
土方歳三  … 阿部九州男
沖田総司  … 徳大寺伸
芹沢鴨   … 進藤英太郎
お梅    … 花井蘭子

他に近衛十四郎、左幸子さんらも出演されています。


両親が時代劇好きで、
幼い頃から一緒に時代劇を見ていた私ですが、
嵐寛寿郎・徳大寺伸・近衛十四郎・左幸子さんが
やっと区別できるくらいで
他の方は全く存じませんでしたね〜^^;


でも名前を見たからわかったので、
なければ徳大寺さんしか、
わからなかったかもしれません。


さて物語の方ですが、これがなかなか面白いです。
芹沢鴨暗殺と、池田屋騒動という
新選組大事件の二つが柱になっている作品です。


でも、全くのオリジナルなんですよ^^;


例えば「芹沢鴨の暗殺」ですが、
土方ら5人が芹沢鴨の寝所を襲うのが通説ですけど、
ここでは近藤勇と沖田総司がやってきて、
芹沢と近藤の一騎打ちでかたずけられてます。
(平山・平間らはその場にいません)


しかも芹沢はあっけなくやられ、井戸にポチャン。


池田屋騒動では、その直前まで
労咳で40日以上別宅で静養していた沖田が
走って駆けつけ大暴れ!
あげくに倒れて、戸板で運ばれるという設定なんです^^;


他にも、近藤勇や土方歳三の身につけている家紋が
全くの別物だったり(誰の紋?^^;)


沖田総司が近藤・土方の前で、早いうちから
「私は労咳で、永くありませんから。コホコホッ…」
なんて不治の病を公言している様子など
ツッコミどころ満載ですわーい(嬉しい顔)


司馬遼太郎の「新選組血風録」や「燃えよ剣」に
馴染んでいる人や、その後の新選組ドラマを
観て育った人には、
この時代の新選組映画の感覚は全く違ったもので、
かえって新鮮に観られそうです。


自分のイメージの中の新選組を大切にする方には
お勧めはできませんけど、何でも面白く体験したい方なら
この作品も楽しく観られます。


なかなか躍動感もありますしね。
徳大寺さんも初々しいですし(原田とは全くちがう)


ちなみに「日本名画遺産」シリーズには
他にも新選組をあつかった作品があるみたいです。
古い作品がこうして観られるのも嬉しいですね。
またの機会に是非購入したいです。


日本名画遺産
近藤勇 池田屋騒動/新東宝映画

徳大寺伸さんが
表紙に載っています^^

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る


posted by ルンちゃん at 11:28| Comment(4) | 映像の中の新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

イケメンヒーロー揃いぶみ


大河ドラマ『龍馬伝』の
新たなキャスティングが4月2日に発表されて
びっくり!


新選組が登場しましたね〜
わーい(嬉しい顔)


「そうか、龍馬伝に新選組が出るんだ」
とチョッと嬉しくなりました。
それで次には、誰が近藤・土方・沖田を
演じるのかが気になるところです。


だって、演じる人が誰なのかによって、
新選組の出番が多くなるかどうか
ある程度わかりますからね。
(無名の役者さんだと少ないですもの^^;)


そう思って見てみれば、
近藤勇は原田泰造さんでしたよ。
(ある程度は出番があるということか…)


原田泰造さんといえば、
『篤姫』の時に大久保利通を演じていましたね。
ある意味 敵だった薩摩藩のメインキャラから、
新選組の局長だなんて、変わり身が早すぎます^^;


私の中では今だ原田さんは大久保のイメージなので、
近藤勇として見られるかしら?
(まだわかりません^^;)


土方・沖田を演じる役者さんたちは、
知らない方でしたが、やけにイケメン。


あれ?これってもしかして?
と思って調べてみたら、やはり
若いママさんたちを魅了した方々でした。


土方歳三役の松田悟志さんは、『仮面ライダー龍騎』で
仮面ライダーナイト(秋山蓮)を演じていた人。
一方、沖田総司役の栩原楽人さんは、
『仮面ライダー響鬼』で安達明日夢を演じた人。


これで要潤さん(仮面ライダーアギト/仮面ライダーG3氷川誠役)、
佐藤健さん(仮面ライダー電王/野上良太郎役)と
イケメンヒーロー揃いぶみですね。
(他にも皆さん色々演じていますが
 仮面ライダーシリーズで統一してみましたわーい(嬉しい顔)


なんか大河ドラマも
ずいぶん様変わりしましたよね。
若いファンを取り込みたいということなんでしょうか?


個人的にはイケメンは嫌いじゃないですし、
彼らが歴史上の人物をどう演じるのかも
興味があるところですので
(4日放送の以蔵=佐藤健さんはよかった)
毎回楽しくドラマを見たいと思いまするんるん

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 23:34| Comment(0) | 映像の中の新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

4月は薄桜鬼!


4月になりましたね〜わーい(嬉しい顔)


3月に実写版『ぴーすめーかー』が終わり、
新選組を見る楽しみも終ったかにみえますけど、
まだまだ楽しみはこれからも続きますよるんるん


そうです!4月は『薄桜鬼』で楽しめます。
いよいよ、待ちに待った
アニメ『薄桜鬼』
が始まりますよ!


ストーリーはゲームと同じようですね。
それももちろん面白そうですけど、
薄桜鬼の魅力はなんと言ってもあのキャラクター達。
繊細な姿がいいですよね〜。(他にも魅力はあるけど)


なにしろ、ルンちゃんはあの画像を見て
(薄桜鬼の)土方歳三に惚れましたからね〜。


アニメ化されることも、
とても楽しみにしていたんですけど、
ひとつ心配していることがあります。


それはアニメーションになると、
あの繊細な線や色彩が出ず、
途端にキャラクター達の魅力が半減してしまうこと。


アニメにするには あれらの線や色彩は、
繊細すぎて表すことができないみたいです。
今までにコミックからアニメになった作品を、
いくつも見てきましたけど、
どれも原作のタッチが半減されて、
残念に思ったことも度々です。


原作通りの線や色彩が出ないのは
仕方のないことかもしれませんが、
今回に限っては、できるだけ原作を
忠実に再現して欲しいところです。


そう思いつつ、
オフィシャルサイトを覗いてみると…


トップの土方さんの美しさが目に入りますね。
(返り血?はコワイですけど^^;)


アニメ化された画像が一部載っていたので確認したところ
思ったよりは細かく描かれているようにも見えます。
この絵が動くとどうなるでしょうね?


そんなところもチェックしながら、
スタートする『薄桜鬼』を楽しむつもりでするんるん
楽しみ方は色々ありますよね。
あなたもどうぞ『薄桜鬼』で
お楽しみになって下さいね。

⇒ アニメ『薄桜鬼』オフィシャルサイト
  (音が出ますのでご注意)

※地域によって、対応するテレビ局・放送日・時間が
 違いますので、詳細はオフィシャルサイトで
 ご確認したほうがいいようです。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 10:53| Comment(8) | 映像の中の新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。