2019年05月20日

歳三忌のお話

少し前のことになりますが、
2019年5月11日に日野市で
歳三忌があったので、行ってきました。


今年は土曜日の歳三忌だったので、
仕事の都合で行かれないかも、
と思っていましたが、なんとか
都合をつけて参加しました。


午前中はいつもの通り、
石田寺で法要がありましたが、そちらは
自身の都合で参加せず、高幡不動尊での
講演会からの参加です。


でも用事が早めに済んだので、
講演会の時間より早く、高幡不動駅に
到着することができました。


それで高幡不動尊の境内で
のんびり過ごすことができたのです。
高幡不動駅周辺は「新選組まつり」の真っ最中で、
五重塔近くの会館に入ってみたら、
土方歳三さんや隊士達の法要を行っていました。


石田寺に行けなかった分、
ここでお参りしておこうと思い、
お焼香させてもらいました。
その後、パレードの隊士等を決めるとの
ことでしたが、私は講演会を見るべく
信徒会館へ向かいました。


信徒会館の会場には、顔見知りの方々が
いらっしゃいました。その方々と
チョッとおしゃべりをしてから、
席について友人のKちゃんと合流しました。


今回の講演会の演者は、作家の植松三十里さん。
今月に出版される「会津の義」という
会津藩主の松平容保公を主人公とした本から、
容保公のお話をメインに話されました。


知らない部分も、いくつかあったので
それらの話は面白かったです。
また、その本の解説が会津松平家14代
(現在のご当主)の松平保久氏ということもあって、
しっかり「会津の義」を購入させていただきました。



会津の義  幕末の藩主松平容保
(集英社文庫(日本)) [ 植松 三十里 ]

こちらが今回購入の本です。


実は、この翌日にある日野市の
新選組パレードに、松平保久氏も
参加することになっているのです。


以前、斗南に行ったとき、
大きな松平保久氏の看板(写真)を
拝見していたことがあったので、
ご本人のお姿を今回は拝見してみたいなと
密かに思っています。


講演会のその後はいつもの通り、
ご子孫や研究者さんの紹介でした。
今回は榎本さん親子(榎本武揚のご子孫)
でいらしていたのが印象深かったです。
それから古屋さん(古屋 佐久左衛門のご子孫)も
いらしていましたね。


抽選会では、今回も私はお菓子が当たったのですが、
高幡不動尊の羊羹だったので、
まあ良しとしておきましょう。


その後は、二次会で
いつものメンバーと楽しいひと時を
過ごしました。いろいろ情報も仕入れた後、
次回「総司忌」で会うことを約束したのでした。



ひとり白虎  会津から長州へ
(集英社文庫(日本)) [ 植松 三十里 ]

これも今回買った本。白虎隊士中二番隊の
飯森山で生き残った飯沼貞吉のお話です。



今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 11:58| Comment(0) | ・「歳三忌」レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

歳三忌がありました

平成30年5月12日の土曜日。
「歳三忌」に行ってきました。


今年は個人的な都合で
「近藤勇忌」には行かれなかったので、
こちら「歳三忌」が、私の今年最初の
新選組行事です。


まずは土方歳三さんのお墓参りを
致すべく、日野の石田寺へと向かいます。


法要は午前11時からでしたが、
今年はいつも一緒のKちゃんが
午後からの出席だったので、
時間を気にせずのんびりと
家から歩いて墓参に出かけました


といっても、最初は
電車に乗っていくつもりだったので、
靴もウォ―キング用ではなかったし、
家を出たのも遅かったので、
思った以上に時間がかかり、
墓所に到着したのは12時30分!


もちろん法要は終わっていましたが、
おかげで待つこともなく、
歳三さんの墓参ができました


そして講演会の会場である
高幡不動尊へモノレールに乗って向かいます。
(もう足にできたマメが痛くて
    歩きは無理でした^^;)


本当ならKちゃんより先に
会場に着くはずだったのに、
1時半に到着していたKちゃんより
遅れて会場の信徒会館に到着です
(ごめんね、Kちゃん^^;)


Kちゃんが取っておいてくれた席につき、
束の間雑談。そして、午後2時から
講演会の始まりです。


講演会の最初に、昨年亡くなった
高幡不動尊の川澄祐貫主へ
皆で黙祷を捧げました。


川澄貫主は、日野の新選組(活動)に
なくてはならない方でした。
お忙しい「新選組祭」の時に
「歳三忌」へお顔を出していただいたり。


川澄貫主が新選組に
関わっていたことは、いろいろでした。
そんな貫主のお話が聞けないことは
とても悲しいです。。。


気を取り直して、講演会のお話です。
今年の演者は、小島政孝氏。
知る人ぞ知る小島資料館の館長さん。
小野路の小島鹿之助さんのご子孫の
方ですね


お話をお聞きするのは久しぶりでしたので、
とても楽しみでした。この日の演題は
「小島家日記にみる新選組隊士たち」です。


小島家に訪れた土方歳三や沖田総司のお話は
超有名ですよね。もちろん知った部分は
多々ありますが、関係者のご子孫の方から
語られるお話は、また違った感覚で、
聞いているだけでワクワクしてきます


そして今回は、小島家日記の他に
「橋本日記」と小島家19代の書いた
「梧山堂雑書」も組み合わされた
資料をいただきました。


ちなみに日記などの資料は
インターネットでも見ることが
可能になったそうです。
詳細は小島資料館HPへ


近藤らがどのように行動していたのかが
よくわかって、とても参考になりましたよ。
小島資料館には、しばらく行っていないので、
また機会を作ってでかけてみたいと思います。


講演会の後は、いつもの通り、
新選組研究家の方々の紹介や、
抽選会などで盛り上がりました。


でも今年私が得たものは
いつも自分でも購入している
「歳三サイダー」だったので、
チョッとがっかり


本当は研究書とかお酒とか
狙っていたのですが、毎度の通り
そこには至りませんでした。
(なにか貰えただけでも、よかったか)


次回、「総司忌」に期待を掛けて(?)
平成30年の「歳三忌」は終了です。


そして、ここで終わることなく、
2次会へと向かいます。
2次会は親しい人々との楽しい会話。


そして今年は3次会にも出席して、
研究家の熱くて楽しい会話に
心躍らせたのでした


やっぱり、新選組と関われてよかった。
またこれからも楽しく新選組に
関わっていこうと思う1日でした


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 12:18| Comment(0) | ・「歳三忌」レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

歳三忌でした

平成29年5月13日(土)は
第42回の歳三忌でした。


この日は珍しく大雨!
歳三忌で雨が降ることは
以前にもありましたが、
こんなに大雨になるのは珍しい!
朝からの雨に閉口しましたが、
しかたがない。


場所はいつもの通り、
東京都日野市にある石田寺です。


ただ少し違っていたのは、
いつもなら法要は土方家の墓所、
歳三さんの墓前で行われていたのですが、
今年は雨の為か、本堂の中での
法要となりました。


実はこちらの本堂に
入らせていただくのは、
私初めてだったんですよね。


といっても、それ以前にあった
旧本堂には、何度か入らせて
もらったことはありました。


でも現在の本堂に入るのは
初めてだったので、
昔の思いも交えて、
感慨深いものがありました
(なんか懐かしい気分)


法要は午前11時より開始されました。
本堂の中でご住職様の読経が始まります。
その読経の中、土方家のご子孫、
沖田家のご子孫、そして
佐藤彦五郎のご子孫の方々が
ご焼香をされていきます。


その後ろでは、
参列者の人々の焼香が
進んでいきました。今回は、
焼香箱が人の手に渡っていく
(つまり歩かなくていい)ので、
その場で焼香ができ、とても
スムーズです。


焼香がつつがなく終わり、
読経も終了して、参加者の皆さんは
本堂を出ます。もちろん立ち退く前に、
私は本堂内を一通り、見学させて
いただきました。
(ああ、いい思い出になりました


その後の講演会は、午後2時から
高幡不動の信徒会館にて開始です。
しばし時間があるので、各自
食事に行きました。


私と友人のKちゃんは、
高幡不動の駅ビルで食事をとりました。


そして2時前に会場に入りました。
しかしぎりぎりで入ったので、
すでに満席状態。
それでもなんとか2席を確保して、
席につきました。


そんな調子だったので、
あまり待つこともなく、講演開始。
今回は権東品さんという、
新選組刀剣研究家の方の
「土方歳三の愛刀について」の
お話です。


現存する土方歳三の刀という
三振りのお話でした。


ちなみにその三振りとは、
一振りは土方家の和泉守兼定。
もう一振りは佐藤家の葵紋越前康継。
そしてもう一振りは、
霊山歴史館にある大和守源秀國です。


話の中には、
すごく興味のあるところがあって、
でもその辺りは、まだ今後も
調べていかなければならない部分
とのことで、これからどうなるのか、
気になるところです。


権さんの話は、
もっと聞いてみたいと思うことが
多々あり、今後も目が離せませんね


さて、権さんのお話の後は、
新選組隊士のご子孫でもある
郡さんによる「歳三辞世の句」の
詩吟のご披露です。今年は
近藤勇忌でもお聞かせいただきました。


その後は、ご子孫の方や
研究者さん方のご紹介。
そして最後は、恒例の抽選会でした。


毎回、私も抽選会に参加するものの、
大体はお菓子などの食べ物ばかりが
当たるのですが、今回もやはりお菓子。
「土方歳三焼き」が当たりました。


地元民なので日野の「歳三焼き」を貰っても
今ひとつ、ありがたさに欠ける…のですが、
まあ、当たらないよりはましかと考えて、
しっかり持ち帰ります。


そして、5時半頃からは、二次会に参加。
いつものメンバーで席を確保し、
いろいろと話に花を咲かせます。
今回もいろいろな話をしました


嬉しかったのは、途中で
今回の講演会の講師、権さんが
こちらの席に来てくださったこと。
先ほどの講演会の話の続きとばかりに
興味のある話を聞かせていただきました。


本当はもっとお聞きしたかったのですが、
また後日、講演会を別な場所で行うそうで、
そこでまたいろいろとお話をなさるそうです。


聞きに行きたいけど、たぶん無理だな。
すごく残念です


他にもお芝居をされているという
役者さんともお話をして
今回もとても有意義で楽しいひと時を
過ごすことができました。


歳三忌に参加されたことがない方は
ぜひ一度、参加していただきたいです。
私もぜひ一度来てほしいと思っている子
(知り合いの子)がいるのですが、
まだ高校生になったばかりなので
忙しく来られません。


いつの日か、いっしょに歳三忌を
楽しみたいと思っています

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 23:52| Comment(0) | ・「歳三忌」レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする