2008年09月29日

「篤姫」クランクアップ、堺さんの微笑み^^


「もうすぐ10月だな〜」なんて思っていたら、
先週土曜日(27日)に
「篤姫」クランクアップのニュース。

そうでした、もうそんな時期なんですね。


大河ドラマ「新選組!」のときは
10月10日のクランクアップでした。
(近藤勇の最期のシーンでした^^)



篤姫はそれより少し早かったけど、
無事に撮影終了となったみたいですね。


この日、渋谷のスタジオで収録を終えた
宮崎あおい
さんを待っていたのは、
西郷隆盛役の小澤征悦さんや、
勝海舟役の北大路欣也さん。


そしてサプライズに、
徳川家定役の堺雅人さんの姿が!



ダイジェスト版の
フィルムを眺めていた宮崎あおいさんは
小澤さんや北大路さんからの花束を受けて、
それだけでも胸詰まるものを感じていたのに、
堺雅人さんが花束を持って登場すると
とうとうその場にしゃがみ込んで
泣いてしまったのです。


顔を覆い泣きじゃくる宮崎さんに
堺さんは彼女のそばに寄り、
優しく話しかけていました。


まるで家定と篤姫そのままの姿に
こちらまでも、温かい気持ちが
胸いっぱいになりそうです


「1年2ヶ月、篤姫を生きることが出来て
 本当に幸せでした」

そう微笑む、あおいさんの姿も
とてもステキですよね。


クランクアップの最終撮影では
明治16年の篤姫最期のシーンが
収録されたようですが、
放送での話はいよいよこれから、
物語の佳境に入っていきます。


昨日の家茂様も京都入りして、
新選組の活躍する
時期にも入ったわけですね。
(新選組はこのドラマでは
  登場しないみたいですけど^^;)



ここから江戸城明け渡しまで、
どんな話や演出で表現されるのか、
興味は尽きません。


でもその前に一言。


宮崎あおいさん、お疲れ様でした。
魅力的な篤姫を見せてくださり、
ありがとうございます。



「篤姫」は最後まで
しっかり楽しませて頂きますからね。
また新たな役で画面に登場する日を、
楽しみにしたいです。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 10:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 篤姫関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

篤姫、婚礼御輿の発見



大河ドラマ「新選組!」
のときもそうだったんですけど、
ドラマ放送によって新選組ブームが起こり、
それがきっかけで思いもしなかった関連史料が
いくつも発見されたことがあります。


ですからこの「篤姫」放送中にも、
何か発見されてほしいな
と思っていたら、
今回スゴイものがみつかったようですよ。


それは、篤姫の婚礼のときの御輿。
そうです。将軍家に嫁ぐ際に幕府側で用意した
「黒漆二葉葵唐草両御紋付 御輿(おこし)」
です。


昨年見学した「大徳川展」の時、
徳川綱吉に嫁いだ鷹司信子(従姫)所用と伝わる
女乗物「竹葵牡丹紋散蒔絵女乗物」が
展示されていたんですね。


その乗物の外側全体には
両家の紋模様の「葵と牡丹」が
ほどこされていたのです。
それが、婚礼調度の特徴になっているわけですね。


今回発見された御輿にも、
黒漆の地に二葉葵をあしらった
唐草文様の金の蒔絵の他に、
「三葉葵と牡丹」の紋模様が
輿全体にちりばめられていたのです。


もちろん三葉葵は徳川家、そして牡丹は近衛家をあらわしています。
(婚礼前、篤姫は近衛家の養女になってます^^)



こんなスゴイものがよく出てきましたよね。
でも出処がまたスゴイんですよ。


なんと、米ワシントンの
スミソニアン博物館にあったのです。
なんでも1984年にスミソニアン博物館の
アーサー・M・サックラー・ギャラリーが
ロンドンのオークションで落札したそうですよ。


今回調査にあたった、
江戸東京博物館の学芸員の推測では
「篤姫ら大奥の女性たちは江戸開城の際、大きな調度品は
 置いたまま退去したと考えられる。その後、入城した
 薩長を中心とする明治新政府が
 それらを売却したのではないか」

としています。


そんなあたりでしょうかね。
篤姫様は自分の持ち物(持ち金だったか)のほとんどを
人に与えてしまったそうですから、
彼女の手元にあったとしても、
サッサと自ら売却してしまったでしょうけどね。


でも、外国にあったおかげ(?)で
今でもきれいに保存されていたのは、
嬉しいことかもしれません。


いつの日か、
この御輿を直接見る機会ができたら、
行きたいですね。


江戸東京博物館で、
なにか企画してくれないかしら?
そんな風に密かに願っています。
今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 11:10| Comment(4) | TrackBack(1) | 篤姫関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

篤姫の墓所 初公開


うれしい情報を入手致しました!
今秋、篤姫のお墓が初公開されるそうですよ。



篤姫といえば、今NHKで放送されている
大河ドラマ「篤姫」の主人公。
徳川13代将軍家定の御台所、
天璋院篤姫
のことですよね。


その篤姫のお墓は上野寛永寺にあるのですが、
その場所は非公開なんです。


今年になって大河ドラマの影響で、
墓所をお参りしたいという問い合わせが
多数来るようになりました。


そこで、毎年開かれている
「上野の山文化ゾーンフェスティバル」の一環として
今年は篤姫の墓所が一般公開されることになったのです。
これは嬉しいニュースじゃないですか。


しかも、その同じ日に、
15代将軍徳川慶喜が江戸城を出た後、
謹慎をしていたという寛永寺の「葵の間」も
一般公開されるというのです。



徳川慶喜が寛永寺で謹慎していたとき、
じつは新選組もほんの一時ですが、
警護したことがあります。
すぐに任を解かれましたけどね。


ですから、新選組にも
多少ゆかりのあるところで、
これは是非とも見に行きたいところです。


でもこの特別公開、平日の4日間だけなんですよ。


しかも定員は各日80名。
応募者多数なら抽選になるらしいですが、
新聞にも載っている情報なので、
絶対抽選ですよね。
(ここにも載せちゃったし^^;)




というわけで、特別公開に興味のある方は

詳細をご覧下さい。

⇒ 上野の山文化ゾーンフェスティバルHP


もし、私も行くことができたら、
こちらでレポさせて頂きますね。
今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 10:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 篤姫関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする