2008年07月14日

大河ドラマのあの方にお会い(?)しました


きのうは久しぶりのウォーキングでした。←趣味で歩いてます^^


今歩いているのは、「鎌倉街道 中道(なかつみち)」です。
5月からスタートしたコースですが、
6月は「総司忌」と重なったためお休みし、
今回は2度目。


でもコース的には、3回目にあたる部分です。


鎌倉街道とはいいますが、
訪ねる場所は鎌倉時代のものとは限りません。
いろいろな時代の旧跡を見学するので、
意外なものもあって楽しいですよ。


それで、きのうも
ちょっと驚いたことがあったので、
こちらにご報告することにしました。


実は偶然、ある方のお墓参りをしたのです。
といっても最初からコースには入っていたようです。
私が知らなかっただけですけどね^^;


お寺の名前は錫杖寺(しゃくじょうじ)
 埼玉県川口市にあります。
この寺名を聞いただけで、
ピンときた方はすごいですね^^


717(養老元)年からの古いお寺なのですが、
1622(元和8)年に徳川2代将軍の秀忠が
日光御参詣の際に休息所として使用
してから、
徳川家と深く関わっていくようになりました。


その後、
3代家光から金子や材木を拝領して、御成門を建立したり、
4代将軍家綱の疱瘡治癒祈願を行ったりします。


家定
の時代には
火災で焼失した本堂や庫裡の代わりにと
江戸城の別館である品川御殿を賜ったりもしました。
(本堂は新築されたため現存せず)


このように、
徳川家に縁(ゆかり)のある場所なのです。
そして、徳川つながりなのか、
こちらに ある方が眠っていらっしゃいます。


その名は 瀧山


そうです。
大河ドラマ『篤姫』にも登場する
筆頭御年寄(大奥総取締役)の、あの瀧山様ですよ。
(稲森いづみさんが演じてマス^^)


こんなところで、瀧山様にお会いするとは
思いもしませんでした。びっくりですよね。


でも、なにゆえこちらに…?


そう思ったので、
またもや帰宅してから調べてみました。


瀧山様は大岡権左衛門という人物の娘だそうですが、
16歳で大奥に上がり、時を経て御年寄に昇進します。


13代家定、14代家茂、15代慶喜と3代に亘り
大奥の総取締役を務めますが、
江戸城開城後はもちろん大奥を去るわけですね。


そのとき、瀧山様に仕えていた侍女の生家が
今の埼玉県川口市にあり、その家を頼って
ここまで来たようです。


そのままこの地で過ごし、
天寿を全うするわけですが、
晩年夫婦養子を迎えて、
「大岡」ではなく「瀧山」の苗字を
名乗らせます。


そして、1876(明治9)年に72歳で亡くなり、
この寺に葬られたようです。

参照:瀧山 - Wikipedia


と、こんないきさつがあって、
瀧山様のお墓が川口市にあるようです。


瀧山様の墓石には、法名である
「瀧音院殿響誉松月祐山法尼」
の名前が刻まれています。
(裏には大奥の文字も…)


そして、その隣に侍女の墓もあります。
同じ敷地内には、
比較的新しい「瀧山家」の墓石もありましたが、
ご子孫の方が今もご健在ということでしょうか?
(この辺は今回は不明)


思いもしなかった方の
お墓参りをすることになったのも
何かのご縁ですよね。


まだまだ続く、
「鎌倉街道 中道」ウォーキング。
これからもご縁に導かれて
歩いてまいります^^

錫杖寺(しゃくじょうじ) 真言宗智山派
住所 : 川口市本町2-4-37

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 11:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 篤姫関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

篤姫の直筆短冊が発見


なんてタイムリーなんでしょうね〜。
やはり世間でブームになると、
こうやって発見されるものですね。
「新選組!」のときもそうでした。


篤姫の結婚直前の短冊が
発見されたそうですよ。



東京にある旧家が
先祖代々保管していたものだそうで、
結婚前の篤姫様から拝領されたもののようです。


短冊に読まれた和歌には
結婚してからも平和な世で過ごしたい

という篤姫様の願いが込められています。


でも願いむなしく篤姫様は、
激動の日本に飲み込まれていくのはご承知の通り。


奇しくも明日の大河ドラマは、
その幕開けともいうべき部分。
堺雅人さんの家定様とも、
いよいよお別れです。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 15:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 篤姫関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

家茂様のお墓参り


前回体調を崩したことを書いたら、
ご心配して下さった方が
ずいぶんといらっしゃいました。
コメントやらメールやら、
みなさんお気遣いありがとうございます。


少しずつ回復していますので、
ご安心下さいね。
みなさんも体調には
充分お気をつけ下さい。


さて、今日は大河ドラマのお話なんですが…


先日の「総司忌」で意外な発見。
大河ドラマ『篤姫』を見ている人が
かなりいることを知りました。


まあ、幕末のお話なので
当たり前といえば当たり前かもしれませんが。


それならこちらのブログでも
大河ドラマを見ている方が多いのかな〜
と思いまして、『篤姫』のネタを
出していくことにしました。
(たいしたものじゃないので、
   期待はしないで下さいね)


そこで第一弾。
先日「家茂様が家茂様のお墓参りをした」
という記事がありましたので、お知らせです。
あっ、これではわかりませんね。


家茂
役の松田翔太さんと和宮役の堀北真希さんが、
家茂と和宮のお墓参りをしたそうですよ。


松田翔太さんの家茂様はさわやかな印象で
とても好感が持てますよね。
慶喜
さんの描き方があんな感じなので、
余計そう感じるのかもしれません。


家茂様は(歴史上の人物として)
私も好きな方ですので、
どんな風に描かれるのか、
これからも楽しみです。


一方の(大河の)慶喜さんは、
これから何かやらかしてくれそうで
こちらもひそかに期待しています。
期待はずれに終わらないで欲しいですけど。


ちなみに(本物の)家茂様と和宮様のお墓は
東京、芝の増上寺にあります。
1年のうち決まった日にだけ
お参りできますよ。



私も行きたいと思っていますが、
なかなか日にちがあわず
まだお参りしたことはありません。
今年は無理そうですが、いつかはお参りしたいです。


ところで「総司忌」で
もっぱら話題に上ったのは
家茂さんや慶喜さんじゃなくて、
堺雅人さんの演じた家定さんのことでした。


諭すような話し方は山南さんのようだとか、
ハリスの前でやってくれたね〜とか、
あんな家定はいないとか(笑)
それはいろいろ面白かったです。


家定さんの登場はあと少しですよね。
残念ではありますが
最後まで楽しみたいと思います。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 篤姫関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする