2019年06月10日

韮山反射炉を訪問

チョッと前の話になりますが、
ゴールデンウィークの時、
江川太郎左衛門さんゆかりの地を
訪ねたのです


江川太郎左衛門さんは幕末時代、
いろいろなことで活躍されていますけど、
多摩地区のお代官様でもあったのです。
日野の農兵隊にも関わっていた人ですからね。


ですから、いろいろと江川さんについては
知りたいな〜と、常々思っていたのです。
でもそうはいっても、なかなか行く機会もなくて
そのままにしていたんですよ。


ゴールデンウィーク中に、
江川邸で「春の特別公開」があったのです。
室町時代に作られたという内庭を、
この期間だけ一般公開するというものでした。


また、関係者さんによる講演会もあるというので、
この機会を利用して行ってみたのです


韮山駅まで電車で行って、
まずは朝一で江川邸訪問です。
それは、講演会の予約をしておこう
と思ったからです。でも、そんなに
力入れなくても大丈夫だったみたいです。


江川邸前のバス停
江川邸前のバス停 posted by (C)ルンちゃん


まあ受付を済ませたので、
気持ちは楽になりました。それで
講演会の前に反射炉に行っておこうと思って、
そこから観光周遊型バス「歴バスのる〜ら」
というのを使って、反射炉へと向かいました。


韮山反射炉にきたぞ〜
韮山反射炉にきたぞ〜 posted by (C)ルンちゃん


「歴バスのる〜ら」は、300円で
1日乗り放題という観光周遊型バスなんですよ。
その券で、何回乗っても300円なのです。


それは観光客には
とてもありがたいことですよね。
でも、難点ありなのです。
それは廻り方が一方向ということです。
これが実はとてもつらい!


なぜって、反射炉から江川邸へは
バス停2つ位なんで便利なのですが、
その逆、江川邸から反射炉へは
ほぼ全ての区間を廻らないと行かれないのです


ああ、反対周りがあれば楽なのに…
途中の時間がもったいない


でもそれしかないので、のんびりと
周辺を眺めながら乗っていました。
途中の伊豆長岡駅で、一度降ろされるので、
近くの観光案内所で資料を集めて、
再びバスに揺られます。


反射炉の周辺
反射炉の周辺 posted by (C)ルンちゃん


そしてやっと反射炉とご対面
世界遺産になったので、
皆さんご存知だと思いますが、
韮山反射炉です。


これが韮山反射炉だ!
これが韮山反射炉だ! posted by (C)ルンちゃん


よく見る反射炉ですが、幕末の頃とは様子が
少し違っているって 知っていましたか?
今でこそ、鉄骨でばってん型に
補強されていますけど、あれは
昭和32年の補強からなんですって。


写真で見ていた様子とも、
こうして見てみると違っていて、
やはり実物を見ないといけないな
って実感したのでした。


花枠があったので
花枠があったので posted by (C)ルンちゃん
この時だけ(?)の特別仕様です。


実際の反射炉は、これ一つで
運用していたわけじゃなく、
様々な建物や河川をも利用した
大砲工場だったのです。


反射炉と共に使われた池
反射炉と共に使われた池 posted by (C)ルンちゃん


ちなみにこの世界遺産は
この反射炉だけじゃなくて、
明治日本の産業革命遺産ということで、
エリア1から8までの、日本各地に
散らばった遺産になるらしいです。


実際はこんな感じです。
実際はこんな感じです。 posted by (C)ルンちゃん


そのうちエリア3にあたるのが、
この韮山反射炉なんですって。
これにはびっくりですよね。


反射炉を見学していると、
ここで働いていた人々の息吹が
感じられるようで、すごく清々しく
思いました。


江川太郎左衛門英龍さん
江川太郎左衛門英龍さん posted by (C)ルンちゃん



近くにはお土産屋さんや
レストランの他に、お茶畑もあって
茶摘みなども体験できるようです。


お茶畑
お茶畑 posted by (C)ルンちゃん


今回は何も用意していなかったので
(時間もなかったし)景色を眺めるだけ
でしたが、次回来る時には、
いろいろ体験してみたいです。


反射炉前で、能を披露するなどの
イベントもあるようですよ。これは是非
また訪れてみたいですね


反射炉と富士山
反射炉と富士山 posted by (C)ルンちゃん
こんな風景だって見られるのです。
やはり来てみないとですね^^



花に囲まれて
花に囲まれて posted by (C)ルンちゃん
こちらもいい感じです^^


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 15:07| Comment(0) | 江川太郎左衛門の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

「江川ひのき」再び


以前、こちらのブログで
高尾山にある「江川スギ」のことを
お話しました。
その時の記事 → 高尾山の江川スギ


その後、津久井湖で「江川ヒノキ」を見つけ
そちらについてもお話しましたよね。
その時の記事 → 津久井湖の江川ヒノキ


世界遺産にもなった
伊豆の韮山「反射炉」を作った
江川太郎左衛門英龍さんは、
この多摩の地のお代官でもあった方です。
日野の農兵隊を作らせたのも、この方です。


江川太郎左衛門英龍さんは
そのお代官様時代に、
自分の所轄の地に木々を
植えさせていたんですよね。


そんな江川太郎左衛門さんの
植えさせた木々を「江川スギ」とか
「江川ヒノキ」とか呼ぶのだそうです。


そしてこの度、
江川さんの植えさせたという木々を
またまた見つけてしまいました。
それは「多摩森林科学園」という所で、
高尾駅から歩いて10分程度の場所です。


その昔(400年以上前のこと)
この地は小田原の北条氏が武田軍を
迎え撃ったという場所(古戦場)だそうです。


現在は桜の名所になっていて、春になると
沢山の種類の桜が観賞できるのが特長です。
なぜ沢山の桜が見られるかというと、ここは
森林総合研究所でもあるからです。
各地の有名な桜の遺伝子を残すために
ここに集められているそうですよ。


とはいうものの、
ルンちゃんがこの場所に来るのは、
実は今回が初めてなんですよね〜。
しかも有名な桜の時期ではなくて、
あまり人のいないこの時期に来るというのも
どうかしらね^^;


まあ、目的が「江川ひのき」なので
人がいないくらいの方が
いいかもしれませんけど^^;


さて「多摩森林科学園」は初めてですので、
迷わないように最初に「江川ヒノキ」が本当にあるのか、
またあるならその場所はどの辺なのか。


そこのところを最初に
入口の係りの人にお聞きしました。
その行動は正しかったようです。


なぜなら、後でわかったのですが、
ここの敷地は想像以上に広かったのです。
知らないで入っていったら、
見つからなかったかもしれません。


それでなくても、
少し迷ってしまったくらいですからね。
入口で貰った案内図面だと、
わかりにくい部分が多くて…
(私のせいじゃないと思う^^;)


案内図面をしっかり見ながら
歩いていましたが、どこをどう間違えたか、
行き過ぎてしまったようです。


すぐ気がついて途中まで引きかえし、
もうひとつあった道を歩いてみたら、
ありました。江川ヒノキ!
敷地の三分の一くらい歩いた場所です。


こちらが江川ヒノキです。
こちらが江川ヒノキです。 posted by (C)ルンちゃん


案内看板によれば、この地は江戸時代
幕府の直轄地だったそうで、彼の
代官時代に植えさせた木々があるのです。


樹齢160年くらいだそうで、
まさに江戸時代に植えられた木ですね。
その位の樹齢だと、このくらいの太さなのかな。
高尾山のスギはもう少し細かったけど、
ヒノキだとこんな感じなのでしょうか。


江川ヒノキの看板
江川ヒノキの看板 posted by (C)ルンちゃん


こちらも看板
こちらも看板 posted by (C)ルンちゃん


ちなみにこの看板は、
2006年3月に伐採された
江川ヒノキで作られているようです。


こうして江川ヒノキをじっくり観察して、
写真を沢山撮って、目的完了です。
いつもならこの後、残り三分の二の園内を
探索するところですけど、
今回はやめておきました。


その理由は、最近この近辺で野生動物が
多数確認されているからです。
リスとかモモンガとかなら、
カワイイので大歓迎なんですけどね。


でも、イノシシとかシカとかが
出没するらしいです。そういえば
立川でも最近、シカが現れたとかで
テレビニュースになっていましたっけ。
高尾山でも増えているそうですよ。
(行動時間が違うので見たことはないけど)


確かにここの園内を歩いていたら、
彼らが残した跡みたいなものも
発見しました。しかも近隣で
クマが出たとかの看板もあったので、
野生動物に遭遇しやすい私としては、
退散せざるをえません^^;


そういう訳で、入口近くまで戻って
そこにあった建物内の展示物を見学しました。
それでも見ごたえは充分でした。


高尾山、津久井湖、そして「多摩森林科学園」と
江川太郎左衛門さんの植えた木々を
見ることができて、とてもよかったです。


探せばまだ、他の場所にも
「江川スギ」や「江川ヒノキ」が
あるのかもしれませんよね。


これからも気長に探し出して
見つかった時には、こちらで
紹介していきますね


江川ヒノキの上部
江川ヒノキの上部 posted by (C)ルンちゃん


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 15:15| Comment(0) | 江川太郎左衛門の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

江川ヒノキ

最近、諸事情により
家のパソコンが使えない状態になっています。
そのため、ブログもなかなか更新できず、
またその間に、Seesaaブログも変更があって、
いろいろな部分が自分で直せなくなってしまいました


しかも、記事が1000記事超えたからか、
すぐに画面が出てこないし…


お見苦しい点が多々あるかと思いますが、
なんとか少しずつ直していきますので、
どうぞ見捨てずに、こちらに来てやってください。
よろしくお願いいたします。


ではめげずに本題に……


さて、もうずっと前のことになりますが、
高尾山の「江川杉」について、
こちらでご紹介しました。
過去記事 ⇒ 高尾山


「江川杉」は江戸時代の、
多摩の辺りの代官様である
江川太郎左衛門さんが
高尾山に植えさせた杉のことです。


江川太郎左衛門さんは、
日野の農兵隊にも関係のある方です。
有名なところでは、伊豆の韮山反射炉を
作った人と言えばわかりますよね。
まあ、他にもいろいろとありますけど…


その江川太郎左衛門(英龍)さん、
高尾山の「江川杉」の他にも
近隣で木々を植えさせていたのです。


その木々とは、高尾山から車で
20分程の津久井湖の近くにあります。
その名も「江川ヒノキ」


戦国時代に津久井城があったその場所に、
1848(弘化5)年から1850(嘉永3)年にかけて
現在の東京都羽村市や、青梅市友田町から運んできた
ヒノキの苗木を、太井村の人々が植えたのが
この場所でした。


「江川ヒノキ」は昭和63年度には
「かながわの美林50選」にも
選ばれているそうです。


津久井湖には、個人的によく訪れていますが、
「江川ヒノキ」を見たのは初めてです。
でも見た感じ、少し荒れているようにも
感じられます。(というか手付かず?)


昔は麓の村で管理されていたそうで、
枝葉・下木に至るまで
勝手な処分はできなかったそうですよ。


現在は県立津久井湖城山公園内において
管理されているようです。できれば、
江川太郎左衛門さんの好きな私としては、
もう少し見た感じを良くしてほしい。


高尾山の「江川杉」は、なんかとても
見ごたえを感じる様子だったのですが、
こちらの「江川ヒノキ」は、それに比べて
雑然としている感じがするのです。


きっと、江戸時代は
もっと立派だったと思うので、
もう少し手を掛けて欲しいところです。


ところで「江川ヒノキ」は、
高尾山近くにもあるらしいのです。
今度はそちらを訪ねてみたいですね〜

※写真を少し撮ったので、後日載せる予定です。
 一度にできないのが、現況です。
すみません m(_ _)m


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 22:52| Comment(0) | 江川太郎左衛門の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする