2013年05月17日

ち ば い


ち ば い



ひらがなで書くと、何のことかな?
と思うかもしれませんが、漢字で書くと


血 梅



これは紅梅の木のことなんです。なんでも
この梅の枝を切ると、血がにじんだように
真っ赤な切り口なんだそうですよ。
だから、血梅と呼ばれています。


この血梅は、昔
八王子千人町に住む、千人頭の
石坂弥次右衛門の屋敷内にありました。


その屋敷を、井上源三郎の兄・松五郎の案内で、
近藤勇が訪れたことがあります。それは文久元年(1861)、
または2年の早春のことでした。


弥次右衛門や近藤らは
心和ませながら談笑したそうですが、
ふと庭に咲く血梅が、近藤の目に止まりました。
慎ましく咲くその花を、彼は大いに褒めたのだそうです。


弥次右衛門はその様子に、後日
接木か取木をして近藤に贈りましょうと約束します。


しかし、それからまもなく近藤の人生は劇変し、
仲間と共に京へと向かいます。そして数年後、
近藤は帰らぬ人となりました。


また弥次右衛門も、
日光勤番中に新政府軍の進軍に遭い、
無血で日光東照宮を引き渡すこととなります。


結果的には東照宮を戦火から守ったわけですが、
帰郷した弥次右衛門を待っていたのは、
抗戦派からの無血明け渡しの責めと、
自らの死(切腹)でした。


こうして二人の約束は残念ながら、
果たされることはありませんでした。
またその後の動乱で、血梅の行方すらも
わからなくなってしまったとのことです。


こんな風に、血梅には
近藤勇にまつわるお話があったのです。
行方知れずの血梅は、いったいどこへ
いってしまったのでしょうね?


じつはですね〜、
血梅は今も生きているのですよわーい(嬉しい顔)
日野市にある蕎麦屋「ちばい」の庭で、
ひっそりとたたずんでいます。


行方知れずだった血梅は、
千人町の石坂家の隣家の庭に残されていたのですよ。


昭和20年の八王子空襲で一時は
黒こげになってしまったのですが、
基は生き残っていて、再び芽吹いて
花を咲かせるようになったそうです。


その血梅から接穂を入手した方が、
友人だった日野の谷さんへ1本贈った木が
今でも残っているのです。


ちなみにその谷さんとは、日野の郷土史研究家であった
故・谷春雄さんのことですよ。
谷さんは、日野の新選組研究では第一人者でありました。
日野市にあった新選組史料を多数発掘したのも
谷さんの尽力です。


谷さんがご健在の頃は、
私も何度かご自宅にお邪魔させてもらって、
新選組についてのいろいろなお話を聞かせていただいたり、
貴重な本をお借りしたりしたものです。
私のかけがえのない思い出です。


「ちばい」は、谷さんのご子息が数年前から
ご自宅で営業されている手打ち蕎麦屋さんなんですね。
先日の歳三忌のあった日、石田寺での法要の後に
即効で私達が向かったのは、
じつはこの「ちばい」だったのです。

「ちばい」の看板
「ちばい」の看板 posted by (C)ルンちゃん


この日、大根おろし蕎麦をいただきましたが、
大根独特のさわやかな辛さが口いっぱいに広がって、
とても美味しかったですよわーい(嬉しい顔)


暑い日差しの中を訪れた私達は、
お部屋の中を通る涼しい風と共に
とても懐かしい雰囲気を味わわせていただきました。
ごちそうさまでした。
「ちばい」の入口
「ちばい」の入口 posted by (C)ルンちゃん
「佐藤彦五郎 新選組資料館」のすぐそばにあります^^



血梅はその「ちばい」のお店の庭で、
今もひっそりとたたずんでいます。
そして今の季節(5月)には、みごとな梅の実が
私達の目を楽しませてくれます。

血  梅
血  梅 posted by (C)ルンちゃん

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 00:13| Comment(0) | 源さん歳三ふるさと日野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

日野のブルーベリー摘み♪


今年もやってきました〜。
ブルーベリー摘み♪



日野市内には
ブルーベリー農園がいくつかあって、
毎年この時期になると、ルンちゃんも
寄らせてもらって
ブルーベリー摘みを楽しんでいます。


いつもおじゃまするのは浅川近くにある、
土方歳三さんの生家からですと
車で10分くらいの、「やまざき」さんという
ブルーベリー農園なんですね〜。
もちろん今年も寄らせてもらいました。

日野でブルーベリー摘み 2012
日野でブルーベリー摘み 2012 posted by (C)ルンちゃん
新選組を連想させる
ダンダラのぼりが目印です^^



じつは我が家の庭にも
ちっちゃいブルーベリーの木があるのですが、
程よい色合いに実る頃には、鳥達の
格好のエサになってしまいます^^;
ですから鳥避けの網は必要不可欠ですね。


農園はもちろんブルーベリーは網の中です。
(他の意味もあるのでしょうけど)
ブルーベリー摘みの時には、この網の中に
入っていきます。


美味しそうなところを丁寧に手で摘みます。
色あいもそうですが、毎年摘みに来ていると
見た目と感触で美味しいものが
わかってきましたよ。


私は大粒の種類が好きなんですけど、
濃い黒色で、実の付け根部分の枝が
赤っぽい(干からび始めの)もので、
実を触ると、弾力(少し柔らかい感じ)のあるものが
よく熟れてて美味しいです。

摘み頃は ど〜れだ?
摘み頃は ど〜れだ? posted by (C)ルンちゃん
よく熟れているのは、酸味がなくて甘いですよ^^



他にも毎年来ているとわかりますね。
例年に比べて、実りが遅いんじゃないかな〜とか。
農園の方に尋ねてみたら、
やはり思った通りでしたよ。
でも美味しいところを摘んできたので、
味はいつもの通りの美味しさです。


日野市ではブルーベリーの他にも
梨やぶどう、柿などの果物を栽培しています。
でも今年は4月17日に雹が降ったために、
一部の農家さんの梨に被害があったそうなんです。


いつも高尾ぶどうを買いに行っている農家さんでは、
受粉直後の小さな梨の実をやられてしまい、今年は
例年の3割ほどの収穫しかないものもあるそうです。
日野の梨も、とても美味しいのにね…


でも「高尾ぶどう」は例年通りだとか。
高尾ぶどうの大好きなルンちゃんには、
とても嬉しい話です。


夏はいろいろと忙しくて
なかなか農園に行けないのですが、
8月中にもう1度くらい、
ブルーベリー摘みに行きたいです。

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 23:17| Comment(0) | 源さん歳三ふるさと日野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

歳さんの見た風景


日野のいろいろな史料を見ると、
江戸時代の日野一帯には
沢山の田んぼがあったことがわかります。


昭和の頃でも、土方歳三さんのお墓のある
「石田寺」へ至る道には田んぼがあって、
「歳三忌」やご命日の時には、
その脇の道を歩きながら、
お寺まで行ったものです。


そんな何気ない「田んぼのある日野」の風景も、
最近ではあまり見かけなくなりましたね。


ついこの間まで田んぼだった所が、
宅地化され新しい家が建ち、
「ずーと前から、ここは家でした」
みたいに平然とたたずんでいます。


それはしかたのないことかもしれませんね。
でも、田んぼのある風景に馴染んでいた私には、
チョッと寂しい気もします。


それでも僅かばかりではありますが、
昔とかわらない場所もありますよ。
例えば、歳さんの生家のある石田からは
正反対の日野のはずれ。
八王子市との境になる西平山辺りの風景です。

夜には蛙が鳴いています
夜には蛙が鳴いています posted by (C)ルンちゃん
反対側の少し道を入った所も田んぼで、
両方から声が聞こえます^^



ちょうど2週間くらい前に田植えを終えて、
田んぼは一面 きれいな緑色になりました。
私が仕事から帰宅する頃には、
カエルの大合唱も聞こえますよ。


ここは日野市内の、
私のお気に入り場所のひとつです。
毎年、この季節が来ると
決まって通る道なんですね。
(いつもは北野街道を通るけど)



夜、カエルの声を聞きながら通ると
懐かしい優しい気持になっていきます。


「きっと歳さんも、こんな風にカエルの声を聞きながら、
 村の中を歩いていたんだろうな」
なんて思うと、余計に愛しい風景です。
(歳さんちは、ここからチョッと離れているけど^^)



カエルの合唱が聞けるのは、
盛夏が来るまでの ほんのつかの間のこと。
来年も見られるのかさえわかりませんが、
ずーっといつまでも残っていて欲しいと願うのでした。

そおーっと覗いてみると…
そおーっと覗いてみると… posted by (C)ルンちゃん
昼間はおたまじゃくしが
泳いでいるのが見られます^^


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 12:01| Comment(4) | 源さん歳三ふるさと日野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする