2013年07月15日

隊士ゆかりの地の御朱印

ルンちゃんはいつもお正月に
「七福神めぐり」をしてご朱印をいただいてきます。
こちらによく訪問いただいているなら、
ご存知かもしれませんねわーい(嬉しい顔)


でも御朱印を始めたのは、こちらの方が先なんですよ。
それは新選組隊士ゆかりの地の御朱印です。


御朱印とはその昔、お寺に写経を納めた際に
その証としていただくものでした。
でも現在では納経なしでも、
参拝し寺務所・社務所に行けば
大抵は御朱印がいただけるようになりました。


新選組が好きになった直後から
史跡めぐりを始めたルンちゃんは、
しだいに「その隊士ゆかりの場所に来た」
という証が欲しいと思うようになり、考えた末に
御朱印をいただくことを思いついたのです。


その御朱印がけっこう集まりましたので、
この機会を利用して、ご紹介することにしましたよ。
『隊士ゆかりの地の御朱印』の新カテゴリーを設け、
順次アップしていきますので、よかったらみて下さいね。


まずはこちら、幹部ゆかりのお寺の御朱印です。

龍源寺
龍源寺posted by (C)ルンちゃん

石田寺
石田寺 posted by (C)ルンちゃん


新選組局長・近藤勇の菩提寺で、
東京都三鷹市にある龍源寺(りゅうげんじ)」と、
副長・土方歳三の菩提寺で、
東京都日野市にある石田寺(せきでんじ)」の御朱印です。


どちらも私が中学生・高校生だった頃から
通っている場所ですよ。
でも御朱印をいただいたのは、
かなり時が経ってからですけどね。


高校時代の同級生が、
龍源寺の先代住職様と縁があったので、
昔、訪問の際には、
それは親切にしていただきました。


御朱印をいただいた折に、
奥様とその当時のお話などさせていただき、
つかの間、なごやかな時を過ごさせていただきましたよ。


石田寺訪問は、
ちょうど土方歳三さんの命日に御朱印をいただきました。


その日は「歳三忌」でもあったのですが、
命日だったので「絶対御朱印をもらうぞ!」と
意気込んで出かけたのを今でも覚えています。
その甲斐あって、しっかり御朱印をいただけましたよ。


平素は開けていない場合も多いので、
もし御朱印をいただくなら、「歳三忌」か
お正月に訪問した方が確実だと思います。


幹部つながりですが、日野市には、
井上源三郎さんの菩提寺・宝泉寺もありますが、
そちらでは御朱印は行っていないとのことでした。
また沖田総司の菩提寺・元麻布の専称寺も
御朱印は行っていないみたいなので念のため。


ところで御朱印を見てみるとわかる通り、
中央にはそのお寺のご本尊名が書かれています。


私のウォーキング先輩方のお話に寄れば、
ご朱印帳の持ち主が亡くなった時に、
その御朱印帳を棺おけに入れてあげると、
書かれた神様・仏様の導きによって成仏できるのだとか。


調べてみたら、寺を巡ったことが
宗教的な善を行い罪が消えたことになり、
その証のご朱印帳が、庶民の成仏への通行手形的役割に
なるみたいなんですね。だから是非そのとき(?)には、
御朱印帳を入れて貰えって…


でもルンちゃんの場合
「新選組隊士ゆかりの地」の御朱印ですから、
神様・仏様じゃなくて、隊士達が
やって来そうな気がするのですけど…
そうしたら、どこへ連れて行ってくれるのでしょう……ね?


……そんな取りとめのない話で始まった
「新選組隊士ゆかりの地の御朱印」紹介ですが、
次回はどちらの場所にしようかな?
よかったら、また見に来てくださいね〜わーい(嬉しい顔)

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
posted by ルンちゃん at 22:06| Comment(2) | 隊士ゆかりの地の御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする