2017年07月22日

富士山を眺めながら

今回は少し遠出をして、
山中湖近くの温泉に行ってみました


山中湖温泉 紅富士の湯
紅富士の湯入口
紅富士の湯入口 posted by (C)ルンちゃん


この温泉は、
私の大好きな温泉のなかの
ひとつなんです。
どんなところがいいかというと、
まずは眺めでしょうか。


銭湯に行くと、浴槽の壁の部分に
「富士山」の絵が描かれていることが多いですよね。
こちらの景色は、絵じゃなくて
正真正銘の本物の「富士山」なのです。


その富士山が、
内湯からも外湯からも見られるのです。
特に内湯からの富士山の眺めは、
間に隔てるものが何もなく(窓はあるけど)
富士山を独り占めした気分になれるので、
とても気持がいいのです


こちらの温泉の成分は、
水素イオン濃度が10.3PHの
高アルカリ性単純温泉です。
入った感じは、サッパリしていて
透明なお湯ですよ。


建物の入口に、
源泉を触れることができる場所があるのですが、
そちらで触って匂いを嗅いでみると、
微かに硫黄の匂いがします。でも、
湯船に浸っているときには、
ほとんどその匂いには気付きません。


内湯は大浴場と、泡のお風呂。
そしてミストサウナと普通のサウナ。
露天風呂はぬる目の「檜の湯」と
少し熱めの「石の湯」がありますよ。


湯の中の石の上に座って、
半身浴を楽しみながら、富士山を見るのは、
とても贅沢な味わいです。これが入るたびに
いい気分にしてくれるのです。


そしてお風呂に入った後の食事も、
とてもいいですよ。「カニの雑炊」や、
本格的に焼いた海老の焼き物。
その他、メニューは豊富です。


なんですが、ついつい美味しい物に
目がくらんで、さっさと口に運んでしまうので、
写真を撮らずにいてしまうことが多いのです。


そんな理由から、
今回の美味しそうな料理の写真は
ありません。


あっ、でも、かろうじて撮ったのが、
こちらの写真。
玉子かけごはん
玉子かけごはん posted by (C)ルンちゃん


毎回食べてしまう「卵かけご飯」なのです。
この日も、べつに美味しいものを食べたのに、
最後にはこれを注文していました。


お味噌汁や香の物もついて、しかも
イカの塩辛じゃなくて、魚の内臓を使った
「酒盗」もついてくるのが、なんとも
通な感じなんですよね


こんな風に、
お湯も、お食事も満足させてくれる
「紅富士の湯」ではありますが、実は
まだまだ未体験なものがあるのです


実はこちらでは、12月から2月の
土・日・祝日の日の出の直前に、
冠雪した富士が太陽に赤く染まる
「紅富士」が見られるのです。
これはさすがに、まだ未体験なんですよね。


また11月20日前後の15時20分頃には、
ダイヤモンド富士も、見ることができるのです。
(1月20日前後の15時40分頃も)
でもこちらも、まだ見たことはありません。


こんな風に、いろいろ体験ができる温泉が、
この山中湖温泉 紅富士の湯なのです。
ステキな経験ができるかもしれない
こちらの温泉に、また来てみたいです!


おまけの写真
山中湖の富士山
山中湖の富士山 posted by (C)ルンちゃん
紅富士の湯の写真が少ないので、
こちらも載せて見ました。

⇒ 山中湖温泉 紅富士の湯 HP
山梨県南都留郡山中湖村山中865−776

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
posted by ルンちゃん at 00:38| Comment(0) | 日帰り温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

今年でなくなる温泉


先日訪れた温泉は、
おふろの王様 相模原店です。


「おふろの王様」は、
東京建物リゾート株式会社が運営する
関東地方にあるスーパー銭湯です。
「銭湯」といっても、ただのお風呂屋さんではなく、
中には天然温泉を利用した施設もあるんですよね


以前行ったことのある「多摩百草店」には、
天然温泉はありませんでした。
でも、こちらの相模原店は天然温泉なんですよ♪


相模原のおふろの王様
相模原のおふろの王様 posted by (C)ルンちゃん

相模原店の入口
相模原店の入口 posted by (C)ルンちゃん


おふろの王様 相模原店は、
都心ではよく見かける茶色のお湯なんです。
しかも色は、かなり濃い色なんですよね。
それは土方歳三さんが、
北海道の箱館で入ったであろう
赤湯を連想させるような湯色です。


とは言っても、土方さんが入った赤湯は
鉄分による赤い色のお湯でした。
でも、こちらの温泉は
都心の温泉と同じような成分なら、
太古の木々による茶色(赤色)なんですよね。


それでも以前、函館で
赤湯に入ったことのあるルンちゃんには、
妙になつかしい感じのする温泉でした。
それで、かなり長い時間、
お湯に浸かっていたのでありました


また、こちらの温泉は
お風呂も思っていた以上に
種類が豊富なんですよ。


内湯には「至福の湯」や「流泡の湯」
と呼ばれる泡のお風呂があります。
それから「なごみの湯」と呼ばれる大風呂。
そしてぬるめのお風呂などもあります。


また露天風呂は、
炭酸水素イオンを含んだ「重曹泉」で、
源泉かけ流しの「ここち湯」や、
「足つぼの湯」と呼ばれる歩き湯の他にも、
一人で入れる「壺湯」や「ぬくもりの湯」など、
いろいろな温泉が楽しめますよ。


お食事処のメニューも豊富で、
写真のようなチャーハンやカレー、
私の好きな「川エビの素揚げ」や「デザート」など、
いろんな種類が味わえるのです


川エビ〜、チャーハンなど
川エビ〜、チャーハンなど posted by (C)ルンちゃん

マンゴー入り
マンゴー入り posted by (C)ルンちゃん


こんな風に、とても楽しい
おふろの王様 相模原店だったのですが、
なんとこちら、2017年12月31日で
閉店となるみたいなんです


えっ?! なぜ?
こんないいお湯なのにもったいない。
お客さんだって、けっこう入っているように
みえるのに…どうして?


と思ったら、こちら
定期借地権が満了になるそうで。
そうかこの土地、借り物だったのね。
それにしても、温泉まで掘ったのに
もったいな〜い。


と、勝手に思ってしまった
ルンちゃんなのでした。
残念ですね。今年中に機会があったら、
また訪れたいです。


 ⇒ ゆめみ処 おふろの王様 相模原店 HP
神奈川県相模原市南区大野台3−20−19
TEL 042−730−2680

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
posted by ルンちゃん at 00:36| Comment(0) | 日帰り温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ふじの温泉 東尾垂の湯

私が東尾垂の温泉を訪ねたのは
2017(平成29)年4月16日のことでした。


この時期、日野や八王子では既に
ソメイヨシノは散っていたのですが、
なんとこの地では満開の桜だったんです。


高台の上にある花の湯
高台の上にある花の湯 posted by (C)ルンちゃん


「東尾垂」は「ひがしおたる」と読みますが、
場所は北海道ではありませんよ。
正式名称は「ふじの温泉 東尾垂の湯」で、
相模原市緑区にあります


ようこそ東尾垂の湯へ
ようこそ東尾垂の湯へ posted by (C)ルンちゃん


相模原市緑区は、
私の仕事エリアにもあたるので、
馴染みのある地区なんですけど、
相模原のエリアはとても広いので、
この辺りになると未知の場所です。


ここは高台になりますが、
道々には桜はあまりないのに、
この高台に来ると、
辺り一面桜の木々に囲まれていて
まるで別天地なのです。
それがとても感動的!


桜がお出迎え
桜がお出迎え posted by (C)ルンちゃん


すぐ隣には病院があって、その敷地内と
この温泉の場所一帯が桜の木々で
あふれています。


こちらの温泉はナトリウム・カルシウム
硫酸塩泉の湯で、100%掛け流しの
温泉だそうです。癖のないさっぱりした
お湯ですね。


お風呂は内湯と外湯があって、
外湯は露天風呂があります。
緑豊かな場所なので、
森林浴も一緒にできるようです。


そして、もうひとつのお楽しみは
お食事ですね。
お隣りに病院があるからなのか、
美容と健康をコンセプトとしていて、
お食事の中に薬膳料理みたいなものも
あるようです。


中でも自慢の品は、
3色そばと天ぷらでしょうか。
小松菜とウコンと紫芋を使った
3色のおそばが珍しいですよね!


三色ソバ
三色ソバ posted by (C)ルンちゃん


他にも私の好きな川エビがあったり、
うなぎのお料理や、マンゴプリンなどが
あったりで、品数も豊富。


川エビが食べられます
川エビが食べられます posted by (C)ルンちゃん


ウナギも食べられます。
ウナギも食べられます posted by (C)ルンちゃん


マンゴープリン
マンゴープリン posted by (C)ルンちゃん


それと、チョッとうれしいのは、
無料の健康スープが置いてあるところですね
温泉からあがって、チョッとのんびり
くつろいだり、建物の外へ出て
桜を見た後に、このスープをいただくと
幸せな気持ちになりますよ。


そんなチョッとしたおもてなしが
さりげなく置かれているのが、
こちら東尾垂の湯なのです。


どの季節にいってもいいと思いますが、
私がおススメするのは、
やはりこの桜の季節ですね


今年はもう桜は終わってしまいましたけど、
また来年、桜の頃に行ってみたいと思います。

 ⇒ ふじの温泉 東尾垂の湯HP


ふじの温泉 東尾垂の湯
神奈川県相模原市緑区牧野8114−2

桜・さくら・サクラ!
桜・さくら・サクラ! posted by (C)ルンちゃん

青空と花
青空と花 posted by (C)ルンちゃん

桜の季節に
桜の季節に posted by (C)ルンちゃん

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る       
posted by ルンちゃん at 00:40| Comment(0) | 日帰り温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする