2017年10月29日

つるつる温泉


東京都日の出町には、
「つるつる温泉」という温泉があります。


つるつる温泉の看板
つるつる温泉の看板 posted by (C)ルンちゃん


フルネームだと
「生涯青春の湯 つるつる温泉」といいます
ネーミングが面白いですよね。


こちらの温泉は、JR線「武蔵五日市」駅から、
山の方へ向かった場所にあります。
駅からですと車で15分位でしょうか。
登山をしてきた方なども、
多く入りに来る温泉です。


JR線「武蔵五日市」駅からなら、
専用の路線バスも出ているんですよ。
それがこちらの「青春号」です。

つるつる温泉名物
つるつる温泉名物 posted by (C)ルンちゃん

つるつる温泉のバス
つるつる温泉のバス posted by (C)ルンちゃん

ねっ! かっこいいでしょ。
特注品なんだそうですよ。


そしてこちらの温泉は、アルカリ性単純温泉。
無色透明で、クセのないお湯です。


「和風風呂」通称・美人の湯と
「洋風風呂」通称・生涯青春の湯があって、
奇数日と偶数日で男女の利用が変わります。


私が行くときは偶然にも、
いつも洋風風呂の時です。
ですから露天風呂はひのき風呂を
使わせてもらっています。


ただ、ひのき風呂も気持いいですけど、
和風風呂にある露天岩風呂にも
入ってみたいと思っています。


この「つるつる温泉」の好きなところは
もうひとつ、お食事処にオリジナル料理が
多い点です


一番のおススメは、
「秋川牛の朴葉味噌焼き定食」です。
地元の牛を使い、素朴ながら
しっかりした味わいの一品です。

朴葉みそ焼は限定品
朴葉みそ焼は限定品 posted by (C)ルンちゃん


朴葉味噌とお肉とが絡まって
とても美味しいですよ
でも数量限定なので、早めに注文しないと
食べられないことも多いです。


初めてこちらを訪れた時には、
それを知らなかったので、
食べようと思ったときには
既に売り切れでした。(すごく残念でした) 


ですから2回目以降は、
「食べたい!」と思った時には、
お風呂に入るよりまず食事にして、
充分朴葉味噌を味わった後に、
のんびりお風呂に入るようにしています


他にも「赤いキツネ」ならぬ
「赤いうどん」がありますよ
見た感じは辛そうなんですけど、
赤い正体は実はタップリ入った
トマトなんです。


赤いソバ
赤いソバ posted by (C)ルンちゃん


トマトもこちら日の出町の名産だそうで、
夏の季節には、美味しいトマトの単品も
味わえますよ。


他にも、まだ食べたことはありませんが、
釜飯もあります。五目釜飯・山菜釜飯・あさり釜飯
とありますが、注文した皆さんが美味しそうに
召し上がっているので、私もぜひ
食べたいと思っています。


お食事処は2箇所あって、ひとつは和室の
足も投げ出せてくつろげる所。
もうひとつは「パノラマ食堂」といって、
ぐるりと外が見渡せる洋室の
とてもステキな空間です。


お気に入りの店内
お気に入りの店内 posted by (C)ルンちゃん


お風呂からあがった後は、
こちらの「パノラマ食堂」で、
アップルパイ&アイスなどを
いただくのが、私のお気に入りです。


アップルパイ&アイス
アップルパイ&アイス posted by (C)ルンちゃん


なんて、食べてばかりのルンちゃんですが、
それは遠出した感がたっぷりの場所なので、
とてもくつろいでしまうからなんですよね。
それでついつい食も進んでしまうのです。


まあ、百聞は一見にしかず。
機会があってこちらにお立ち寄りの際は、
どうぞ存分にくつろいでみて下さいね


生涯青春の湯 つるつる温泉
⇒  つるつる温泉HP
東京都西多摩郡日の出町大久野4718

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                 
posted by ルンちゃん at 21:39| Comment(0) | 日帰り温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

いやしの湯


道志の道(山道)から山中湖方面に行く時も、
また甲州街道方面にでかけた時も、
少し遠出をした帰りに立ち寄るのに
ちょうどいい温泉です


初めて来たときは、
山をどこまでも下っていくので、
どこまで行くのかな〜って思ったものですが、
その温泉は川の近くにありました。


いやしの湯の入り口
いやしの湯の入り口 posted by (C)ルンちゃん
日曜日には、近所の農家さんの野菜なども
販売していますよ。



温泉施設にあったチラシによれば、
この「いやしの湯」は
日本で極めて「稀(まれ)」な
源泉なんだそうです。


なにが稀なのでしょう?


日本列島の下にある4つの大陸プレートが、
重なり合って隆起し「丹沢山地」を核にしている、
約500万年前の地下深くの石英石英閃緑岩の裂け目に沿って、
長い年月をかけてできた天然温泉だそう。
(詳しくはいやしの湯 HPをご覧ください)


硫酸塩素系の低張性アルカリ性温泉で、
9.22PH。特に匂いもなく、
さらりとしている温泉です


内湯には、ひのき風呂・岩風呂・
源泉風呂があります。
源泉風呂はぬるいので
のんびりと入るのが気持ちいいですよ。


そして露天風呂は、ひのき風呂。
それから岩風呂。


大まかに分けると
「ひのき風呂」のある方と、
「岩風呂」のある方に分かれますが、
1週間ごとに男湯と女湯とが入れ替わるので、
何度か行くと両方楽しめるというわけですね


この日はひのき風呂のほうに入りましたが、
丁度良いタイミングで、露天風呂では
誰もいない貸切(のような)状態になって、
ひとりでのんびりと、ひのき風呂を
満喫することができました。


ただ、洗い場はそんなに多くはないので、
込んでいると並ぶこともあるのかもしれません。
この日は並ぶことはありませんでしたが。


並ぶといえば、お風呂を出た後の更衣室の
ドライヤーは4つ位しかないので、これは
並びました。できればもう少し
ドライヤーを増やすとか考えて欲しいですね


お食事はいろいろ楽しめますよ。
この日はすごくお腹がすいていたので、
真っ先にカレーライスを注文してしまいました。


※前回の温泉紹介の際、
 食べ物の写真が少なかったので、
 今回はたっぷりお見せします


カレーライス
カレーライス posted by (C)ルンちゃん


焼きなす
焼きなす posted by (C)ルンちゃん


ミョウガです
ミョウガです posted by (C)ルンちゃん


こちらは私の好物のゴボウの揚げ物。
ゴボウ本来の臭みもなく、また程よい口当たりです。


ゴボウの揚げ物
ゴボウの揚げ物 posted by (C)ルンちゃん

油揚げ
油揚げ posted by (C)ルンちゃん

中身はチーズ
中身はチーズ posted by (C)ルンちゃん


気になったのは、このチーズ揚げ。
周りは粒々になっていて、中は温かいチーズでした。


こちらの温泉の近く(というか、お隣り)には、
宿泊施設(コテージなど)や、
テニスコート、それから「やまびこホール」
と呼ばれる音楽ホールもあるんですよ。


家族連れの他にも、学校や職場の
クラブの集まりなどにも
利用できる感じの所ですよ。
クラブ活動の後に、
のんびり温泉もいいですね〜


いやしの湯
神奈川県相模原市緑区青根844
TEL 042−787−2288

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
posted by ルンちゃん at 00:09| Comment(0) | 日帰り温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

富士山を眺めながら

今回は少し遠出をして、
山中湖近くの温泉に行ってみました


山中湖温泉 紅富士の湯
紅富士の湯入口
紅富士の湯入口 posted by (C)ルンちゃん


この温泉は、
私の大好きな温泉のなかの
ひとつなんです。
どんなところがいいかというと、
まずは眺めでしょうか。


銭湯に行くと、浴槽の壁の部分に
「富士山」の絵が描かれていることが多いですよね。
こちらの景色は、絵じゃなくて
正真正銘の本物の「富士山」なのです。


その富士山が、
内湯からも外湯からも見られるのです。
特に内湯からの富士山の眺めは、
間に隔てるものが何もなく(窓はあるけど)
富士山を独り占めした気分になれるので、
とても気持がいいのです


こちらの温泉の成分は、
水素イオン濃度が10.3PHの
高アルカリ性単純温泉です。
入った感じは、サッパリしていて
透明なお湯ですよ。


建物の入口に、
源泉を触れることができる場所があるのですが、
そちらで触って匂いを嗅いでみると、
微かに硫黄の匂いがします。でも、
湯船に浸っているときには、
ほとんどその匂いには気付きません。


内湯は大浴場と、泡のお風呂。
そしてミストサウナと普通のサウナ。
露天風呂はぬる目の「檜の湯」と
少し熱めの「石の湯」がありますよ。


湯の中の石の上に座って、
半身浴を楽しみながら、富士山を見るのは、
とても贅沢な味わいです。これが入るたびに
いい気分にしてくれるのです。


そしてお風呂に入った後の食事も、
とてもいいですよ。「カニの雑炊」や、
本格的に焼いた海老の焼き物。
その他、メニューは豊富です。


なんですが、ついつい美味しい物に
目がくらんで、さっさと口に運んでしまうので、
写真を撮らずにいてしまうことが多いのです。


そんな理由から、
今回の美味しそうな料理の写真は
ありません。


あっ、でも、かろうじて撮ったのが、
こちらの写真。
玉子かけごはん
玉子かけごはん posted by (C)ルンちゃん


毎回食べてしまう「卵かけご飯」なのです。
この日も、べつに美味しいものを食べたのに、
最後にはこれを注文していました。


お味噌汁や香の物もついて、しかも
イカの塩辛じゃなくて、魚の内臓を使った
「酒盗」もついてくるのが、なんとも
通な感じなんですよね


こんな風に、
お湯も、お食事も満足させてくれる
「紅富士の湯」ではありますが、実は
まだまだ未体験なものがあるのです


実はこちらでは、12月から2月の
土・日・祝日の日の出の直前に、
冠雪した富士が太陽に赤く染まる
「紅富士」が見られるのです。
これはさすがに、まだ未体験なんですよね。


また11月20日前後の15時20分頃には、
ダイヤモンド富士も、見ることができるのです。
(1月20日前後の15時40分頃も)
でもこちらも、まだ見たことはありません。


こんな風に、いろいろ体験ができる温泉が、
この山中湖温泉 紅富士の湯なのです。
ステキな経験ができるかもしれない
こちらの温泉に、また来てみたいです!


おまけの写真
山中湖の富士山
山中湖の富士山 posted by (C)ルンちゃん
紅富士の湯の写真が少ないので、
こちらも載せて見ました。

⇒ 山中湖温泉 紅富士の湯 HP
山梨県南都留郡山中湖村山中865−776

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
posted by ルンちゃん at 00:38| Comment(0) | 日帰り温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする