2017年09月02日

総司忌に行ってきました


平成29年8月26日は、
第43回目の沖田総司忌でした。


毎年、総司忌は6月に行われます。
でも、今年はいつも講演会が行われる
「國學院大學院友会館」で工事が行われる
という理由から、少し時期がずれて
暑い季節の総司忌となりました


とは言っても、
沖田総司さんが亡くなったのは
旧暦の5月30日。つまり
新暦に直せば7月19日。


月は違えど、
同じ夏という季節ではあるので、
今年は亡くなった季節を感じながら、
総司さんのお墓へと足を運びます。


とはいうものの、暑い!
炎天下に総司忌で並んでいて、
熱中症で倒れたなんてことに
ならないよう、充分注意を払いましょう!


というわけで、総司さんの墓参は
予定通り10時開始でした。
毎年のことながら、開始前から
並んでいる人々には、
ホント頭がさがります。


でも今年は、夏休み最後の土曜日であり、
久しぶりのお天気に恵まれたこともあり、
またこの暑い盛りということもあってか、
いつもと少し違いました。


一時は寺の奥にある
駐車場まで長い列はできたものの、
程なく列はドンドン短くなり、
後半では沿道で待つこともなく、
スムーズに墓参ができたのです


それでも、総司さんの墓前に
人が途切れることはありませんでしたが、
予定通りにお昼頃には墓参も終わって
門はお寺の方の手によって
閉められたのでした。


その後は、各自で講演会場へと向かいます。
私達5人は、昨年寄ったお店で
食事をとってから会場へ向かうつもりでした。
しかし、去年のお店は閉店されて
なくなっていたのです。
(美味しいピザだったのに〜


しかたがないので、新しい店を開拓し、
なんとかパスタ屋さんを見つけて
そちらで昼食を取りました。
そのお店もとても美味しいパスタで、
また来年も来ようと思ったのでした。


サラダ付き
サラダ付き posted by (C)ルンちゃん


トマトがたっぷり
トマトがたっぷり posted by (C)ルンちゃん
見た感じだとわからないかもしれませんが、
お皿が大きいので、量は意外とありますよ。
でも美味しいから全部いただきました^^



さて2時からの講演会は
石飛徳樹氏の『映像にみる新選組』です。


戦前の新選組を扱った映画の紹介から、
戦後の新選組ブームの頃のもの。
そして現在につながる新選組作品など、
いろいろな映像が紹介されました。


さすがに戦前の作品では、
私の知らない物もありましたが、
栗塚旭さんの「新選組血風録」や
「燃えよ剣」以降のは、
よく知った作品ばかりです。


音楽が流れ、場面が登場する度に、
懐かしい気持ちになってきました。


草刈正雄さん主演の「沖田総司」は、
当時新人物往来社にいらした
総司忌主催の大出さんが、
原作を出版化された作品です。
(この話は結構知っている人が多いです)


この作品が紹介された時には、
そんな話も大出さんから出て、
いっそう懐かしくなったのでした。


そして講演会が終わった後は、
会場を渋谷の居酒屋に移して、
新選組話に花を咲かせます。


今年は、墓参や講演会の人数は
少なく感じたものの、
幹事さんいわく、飲み会の人数は
かなりの人だったようですよ


私たちが到着した時も、既にかなりの人数で、
新しく席をつくってもらったほどです。
でも後から行ってよかったかも。
先のメンバーの席の方がギュウギュウ詰め
だったように感じましたからね。


毎度のことながら、
新選組好き同志の話は尽きず、
楽しい時間です。


今回は席が山村竜也氏と近かったので、
最近出版された氏の本、
幕末武士の京都グルメ日記
「伊庭八郎征西日記」を読む (幻冬舎新書)

の話などしました。


伊庭さんが食べたかもしれない食べ物の話や
もしかしたら彼が行ったかもしれない
現代の京都の老舗の話などして、
盛り上がったのでした。


また京都に行きたい
という気持ちが強くなった
飲み会でした。


こうして楽しいひと時を過ごし、
今年の総司忌も終わったのです。


あっ、ちなみに
今年の抽選会では、珍しく
食べ物以外の物が当たって
チョッと嬉しかったです

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る                   
posted by ルンちゃん at 00:39| Comment(0) | ・「総司忌」レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする